レキオ島唄アッチャー

「F&Y」が歌う平和願う名曲「あの人の手紙」

 かぐや姫の平和への願いを込めた名曲に「あの人の手紙」がある。
「♪泳ぐ魚の群れに 石を投げてみた」と歌いだす。こうせずにはいられないのはなぜか。「私の大事なあの人はいま闘いの中」。「戦場への招待券というただ一枚の紙切れが 楽しい語らいの日々を 悲しい別れの日にした」。
 涙も枯れたある日、戦場にいるはずの彼が帰ってくた。やさしく抱いてくれた。
  だがすぐ別れを告げる。でもわかっている。「本当はもう死んでいるのでしょう」、昨日、死を告げる手紙が届いたのだ。
  愛する人を「赤紙」一枚で奪われ、幸せを引き裂かれ、戦場で命を奪われた哀しい物語が映像で見ているかのように描かれている。そこには静かな憤りが込められている。
 わずか70年余前に日本中のいたるところで起きた忌まわしい歴史がよみがえる。
 本来は、こういう主題は静かな曲調になりがちだ。でもこの曲は違う。アップテンポで刻まれるリズムに乗り、怒りをたたきつけるように歌う。
 
 糸満市のライブハウス「風は南から」の5月28日のF&Yライブで歌った動画をアップする。かぐや姫と南こうせつが大好きなふーみさんの歌声は、曲に込められた思い(肝心)を表現する。良明さんの間奏のギタープレイも素晴らしい。
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<団塊花盛りトーク&ライブショーを楽しむ | ホーム | F&Yライブでふーみさんのbirthdayを祝う>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |