レキオ島唄アッチャー

アメリカに伝えよ、翁長知事の声

 翁長沖縄県知事と安倍首相の初の会談が4月17日、首相官邸で行われた。会談は30分間で冒頭の6分間だけ公開された。翁長知事の発言途中で非公開にされた。これまでの仲井真知事時代は、非公開だと何を発言したのかわからなかった。しかし、翁長知事は、発言骨子を報道陣に公開してくれ、「琉球新報」18日付けは、発言全文を掲載しているので、会談の内容がよくわかる。県民に隠し立てはしない、県民の負託に応え言うべきことをしっかりと言う知事のぶれない姿勢がこういうところにも表れた。
                    IMG_8520.jpg
 政府側のこれまでの主張に的確に反論しながら、辺野古新基地反対の圧倒的な県民世論が示されていることを指摘し「県民の理解を得ることなしに辺野古埋め立てを強行するようであれば、私は絶対に辺野古への新基地は造らせない」と断言した。これは、菅官房長官との会談以上に建設阻止の強い意志の表明である。
 訪米する安倍首相に、オバマ大統領に沖縄県知事や県民が辺野古移設に明確に反対していることを伝えてほしいと強く要望した。
 菅官房長官は、会談後の記者会見でアメリカに伝えるかどうかは「わからない」とのべた。これはまったくの無責任発言である。知事と会談し要望された以上、安倍首相が立場の違いはあっても、地元沖縄の知事と県民の声を伝えるのは、首相としての最低限の義務ではないか。訪米前に沖縄の声を一応、聞いたというパフォーマンスで終わらせることは許されない。
 そして、日米両政府は民主主義国家を標榜するなら、辺野古新基地の建設は断念し、普天間基地の閉鎖・撤去に向けて真剣に協議をするべきである。
 
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今年初のビアホール | ホーム | ユリとヤギの大石公園>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |