レキオ島唄アッチャー

読谷、恩納方面にドライブ

 気分転換に読谷村、恩納村方面にドライブに出かけた。とくに行き先を決めていたわけではない。
 読谷といえば、JAファーマーズマーケット「ゆんた市場」に立ち寄るのが恒例である。紅ジャガイモ、薬草のハンダマ、フルーツパパイヤなど買った。
 パパイヤはもう何年も食べていなかった。小粒だけれど、フルーツ用だから美味しいはず。
                     IMG_8332.jpg
 市場からさらに北に向かうと、沖縄ハムの工場と店舗がある。豚と牛のデコレーションが迎えてくれる。
                   IMG_8333.jpg
 とてもデカイ。どちらも目が可愛い。
 沖ハムといえば、85歳という長濱徳松会長が元気だ。毎夜、テレビで自分が出演したコマーシャルが流れる。ハム・ソーセージや黒糖の生産と販売に加えて、最近はスッポンの養殖と料理の提供を始めた。
 元気と言えば、長濱会長は、昨年みずから県内2紙に、「辺野古新基地建設絶対反対」という意見広告を出し、県知事選では新基地に反対する翁長候補を推薦した。気骨ある経済人の姿を示した。
                         IMG_8334.jpg
  この店に立ち寄ったのは、スッポン料理を食べるためではない。肉加工食品の規格外の品物が市販の半額以下で買えるコーナーがあるからだ。といっても、通常の土産物の販売コーナーではなく、レジを出たレストラン部分の目立たない一角に、販売コーナーがある。
                    IMG_8336.jpg
  観光客はほとんど気が付かないだろう。知る人ぞ知るといった感じ。早速、ベーコン、ピリ辛ソーセージ、ハムを買い求めた。 
 このあと、恩納村に入り、「おんなの駅」で昼食を食べた。ここはてっきり「道の駅」と思いきや、「道の駅」ではない。だから「おんなの駅」である。イカスミジューシーのおにぎり、マグロかつ(豚の代わりにマグロ)、ソーセージを食べた。初めて食べたマグロかつは、もう魚の味と言うより肉の味に近い。ここにしかないメニューである。
                 IMG_8339.jpg
食後は黒糖アイスぜんざい。こちらも今年初である。沖縄は「うりずん」の季節。アイスぜんざいの美味しい季節になってきた。
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<神の島・久高島の祭りと暮らし、祭儀で謡われる神歌 | ホーム | 歴史に残る翁長県知事の発言>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |