レキオ島唄アッチャー

豊年の祝いと豊作を願う八重山古謡

豊年の予祝と感謝、来る年の豊作を祈願

  八重山の移住地での村褒めの歌を見てきた。ここからは、開拓移住や「島分け」のテーマとは離れるが、改めて八重山古典民謡の中で、なぜ村褒めの曲がこんにあるのか、それは八重山の歌謡全体の中でどういう位置を占めるのかを見ておきたい。
  大浜安伴氏編集の『八重山古典民謡工工四』を見ていると、村褒めの曲は相当多いので、重要な一分野を占めていると思いがちだ。だが、八重山歌謡全体を網羅した『南島歌謡大成八重山編』を眺めてみると、村褒めの曲は、士族が作ったという節歌(フシウタ)にしか見当たらない。
  八重山歌謡の全体の形態は、次のように分類されている。
祝詞・呪禱的歌謡――カンフチ(神口)、ニガイフチ(願い口)、ユングトゥ(誦み言)、ジンムヌ(呪文)
叙事的歌謡―――――アヨー、ジラバ、ユンタ
叙情的歌謡―――――節歌、トゥパラーマ、スンカニ
  「カンフチ」とは、神から人へ告げる神託であり、「ニガイフチ」とは、人から神への願いの祝詞(ノリト)である。「ユングトゥ」は生活の中で幸せへの願い、「ジンムヌ」は災い除けの唱え言のこと。
                  
                石垣島白保の豊年祭
  「アヨー」の語源は「肝、心」を意味する言葉で、いわゆる神歌だけれど、次第に唱えることから歌う要素が加わり、叙事的歌謡に入る。
 ユンタ・ジラバはともに、「作業労働を主題とする叙事的歌謡」。ジラバは、人々の生活に深くかかわる農耕、家造り、船作り、航海、井戸掘りなど主題とする。ユンタはより多彩で、これらに加えて労働の苦しみや恋の喜びなども取り込まれている。
 節歌は、八重山の役人(士族)が専有したもので、三味線を主とし、太鼓、笛などの伴奏を伴って歌われる叙情的歌謡である。琉球王府につながる八重山役人がたしなんだ歌だが、しだいに庶民生活の中に浸透するようになり、琉球王国の解体により、一般的な歌として親しまれるようになっていった。
 トゥパラーマは本来、作業労働歌だったが、労働にまつわる男女の恋を歌いあげる側面から叙情的に発達していった。節歌は役人、士族階層に、トゥパラーマは一般、庶民階層に支持された。スンカニは与那国島に伝わる叙情的歌謡で、主題は恋であり、別離の非情である。
  以上は、『南島歌謡大成八重山編』の外間守善氏の「解説」から紹介した。

  豊作、豊年を予祝し豊穣をもたらす神に感謝し、来年の豊作を祈願する歌謡は、八重山の芸能のもっとも重要な分野となっている。波照間永吉氏は「八重山芸能の特徴」として「第一に、八重山の芸能は農耕祭祀と深く結びついたものであり、豊穣をもたらす神への感謝と祈願の心を表現するものと考えられること」を上げている。(『南島祭祀歌謡の研究』)
  神にかかわる祝詞(ノリト)や生活の中で幸せへの願い、神歌の中では、作物の豊作、稔りの世、豊年の世への心底からの願いが歌われている。今年が豊作だったことに感謝しながら、来年の豊作、来る夏の世の稔りへの願いが歌われている。
スポンサーサイト

八重山民謡 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<八重山古謡にみる豊年祈願の歌 | ホーム | 移住地の村褒めの歌、「桴海布晒節」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |