レキオ島唄アッチャー

思いがけないhappybirthday

 今年初の沖縄唯一のGSバンド「SSカンパニー」のライブに出かけた。糸満市の「風は南から」である。 
 第1部の終わる頃、突然、リーダーの真ちゃん(瀬底正真さん)から、「今日はライブの常連、花パパの誕生日です」とお祝いのメッセージがあった。ツレのラジオネームから「花パパ」と呼ばれている。
 自宅での誕生祝は終わり、ラジオとメールでもたくさんリスナー、ライブ仲間からメッセージをいただき、もう十分祝っていただいていた。そこに、まったくのサプライズの誕生祝いでビックリ、ビックリ。
 「happybirthday」を歌ってくれるなか、ローソクの灯が揺らめくケーキが運ばれてきた。年齢の数のローソクを一気に吹き消した。
                  IMG_7576.jpg
 さらに、ライブ常連のみなさんから、お花やプレゼントを次々に贈っていただいた。誕生日に、こんなに持ちきれないほどのプレゼントをいただくなんて、長い人生でもかつてないこと。
 ライブで知り合った方々が、東京から移住してきたヤマト―の私たちを、こんなにあたたかく祝ってくれるなんて、音楽愛好のお仲間たちの熱い心に、感激、感動した。 
                   IMG_7585.jpg
 なぜか、真ちゃんがマイクを渡してくる。ライブのbirthday祝いはよくあるが、挨拶なんてあまり例がない。でも、せっかくなのでひと言挨拶した。
 「年齢をとると、誕生日はあまり嬉しくないと思ったが、ただ同じ年齢の友達がもう何人も亡くなったことを考えると、こうして元気でライブも楽しんでいられるのは幸せなこと。ありがとうございました」。
                 IMG_7579.jpg
 真ちゃんからは「花パパさん、若いですよ」といっていただいた。私はGS世代ではないし、好きで聞いたわけでもない。でも、なぜか懐かしい青春時代を思い出す。そのサウンドは、気分を若くしてくれることは確か。
                   IMG_7587.jpg

 それにライブの常連は、私より若い世代でもあり、そんなお仲間といっしょに楽しみ、交流することも、気持ちが晴れやかになる。そんなこんなで、ライブに来ると、気分をリフレッシュし、若返らせる気がする。 
                    IMG_7593.jpg
 ライブの常連のなかでは、最高齢といわれるが、あまり年齢を気にしないで、これからも楽しんでいきたい。
プレゼントのお花は、いまテーブルの上に飾られている。頂いた品々は、オシャレな長袖シャツ、ソックス、ハンカチ、それに手作りミニトマト。みんな嬉しい品々ばかり。大切に使わせて頂きたい。ミニトマトはサラダでいただこう。
 
スポンサーサイト

日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「『世ば稔れ』考」を読む、その4。多様な歌謡で | ホーム | 「『世ば稔れ』考」を読む、その3。宮古の歌謡>>

コメント

☆花パパさん☆
お誕生日おめでとうございます。
何回祝っても、嬉しいものですよね~☆パパの人柄が…みんなに愛されていると思います。
今年も元気な1年で*三線やライブを楽しんで下さいね☆☆SS沖永良部ライブツアー*第二弾もぜひ一緒に行きたいものです。。
その時は、物知り博士のパパさんのガイドで、ぜひ案内お願いしますね~
2015-01-16 Fri 20:34 | URL | ☆ΚΚ☆ [ 編集 ]
☆KK☆さん。コメントありがとうごあいました。
 思いがけないbirthdayのお祝い、ライブとラジオのお仲間のあたたかい心遣い、本当に嬉しい限りです。
 沖永良部島、また是非一緒にライブと旅を楽しみたいですね。
 これからもよろしくお願いしますね。
2015-01-16 Fri 23:14 | URL | レキオアキアキ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |