レキオ島唄アッチャー

首里のお寺に初詣

 新春恒例となった初詣。やっぱり十二支がそろう首里のお寺に出かけた。今年は、儀保にある盛光寺が未(ヒツジ)、申(サル)の守り仏となるそうなので、こちらに決めた。このお寺は、御本尊は大日如来である。
 私は申年生れなので、来年もこちらの寺でよいようだ。
                      IMG_7536.jpg
 願うのは、なにより家族の健康である。年末に風邪をひきかけ、治ったと思ったら、元旦にまた風邪の前兆がー。早々と寝て養生したら、風邪にならずにまた回復した。これまで風邪の前兆が現れると必ず、寝込んだのに、今度は年末も正月もひどくならずに回復した。ラッキーである。葛根湯がよく効いた感じだ。ということで、まずは健康第一である。
                    IMG_7538.jpg
 おみくじをひくと、私は末吉だったが、ツレはなんと凶! 災い転じて福となるの気持ちでいくしかない。お寺の入り口に立つ仁王像まで、おみくじがくくりつけられていた。ちょっとやりすぎの感じがる。
 もう一か所、首里観音堂にも回った。こちらは、確か十二支がすべてそろっている。
                   IMG_7540.jpg
 人気のあるお寺で人出も多い。こちらで、ツレはもう一度、おみくじをひくと、今度は末吉。少し前向きに転じてきたようだ。
 車の交通安全のお守りを買って取り替えた。 
                   IMG_7545.jpg
 お守りは、安全を守ってくれるというより、それを車内で見ることにより、安全運転を心掛けなければと戒める役割があるだろう。
 新しい年、よいことがたくさんあるように願うばかりである。
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<沖永良部島の島唄散策、その3「あしび歌」 | ホーム | 新春テレビで2人の奄美歌姫を見る>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |