レキオ島唄アッチャー

与座ガー、農家にとって大事な湧水

農家にとって大事な湧水
                    IMG_5138.jpg

 与座ガーは、道路から下方の水路まで長い階段がある。降りて見ると、水路にはサトウキビの切り株のようなものがたくさん、水につけられていた。これは、サトウキビを収穫した後、畑に植え付けるための用意ではないだろうか。
                     IMG_5140.jpg

 この湧水は、農家にとって、いまでも大事な役割を担っている。「琉球新報」(2012年9月6日付)によれば、八重瀬町の農家が収穫したモーウイ(アカウリ)をこの冷たい湧水に浸して洗っていた。畑仕事で汚れた手や顔を洗いに立ち寄るとのことだ。
 与座ガーの水車の脇で、おじいさん夫婦が、大きなポリ容器を積んだ軽トラックを横づけにして、長いホースをポンプにつないで容器に取水していた。
                     IMG_5151.jpg
 ポンプに「農業用取水(大型車禁止)」の看板がある。このあたりの農家は、ここで取水して畑に散水するのだろうか。そういえば、昨年は干ばつでサトウキビ畑が被害を受けていた。湧水で取水して畑に散水できれば随分助かるだろう。
 与座ガーの前は、広場になっている。「泉の広場」と呼ばれる。お年寄りがグランドゴルフを楽しんでいた。聞いてみると、与座の人だけでなく、他の地域からも来ている。
                     IMG_5152.jpg

 広場の隅には、「樋泉」と書かれた拝所もある。こちらは、与座ガーとは別の湧水があったのではないか。岩屋から水が直接湧き出しているところは「ガー」「カー」と呼ばれるが、水源が奥にあり、樋で導き出しているところは、「樋川(ヒージャー)」と区別して呼んでいる。いまは付近に井泉は見当たらない。でも「樋泉」の名があるから、かつて湧水があったのだろう。
                      IMG_5154.jpg


 巨大レーダーがたつ与座岳
 与座といえば、沖縄戦で激戦の地として知られる。南部では高地となっている与座岳は、首里にあった日本軍の第32軍が南部に撤退したあと、防御陣地の拠点の一つになった。「周囲より100m高く、あたりは要塞化された防御陣地の核心」だった(「沖縄戦史」ホームページから)。米軍の猛攻を受け、与座岳は1945年6月16日夕「遂に米軍に占領され(た)」(防衛庁防衛研修所戦史室著『沖縄方面陸軍作戦』)。
                       IMG_5146.jpg
写真は与座ガーの水源と見られるガマ

 与座岳の手前にある与座の集落とこの与座ガーも激しい砲撃にさらされただろう。
 戦後は米軍航空管制警戒の部隊が進駐し、基地としていた。1973年に米軍からレーダーサイトの機能を自衛隊が引き継いだ。現在、航空自衛隊与座岳分屯基地があり、南西空域の常に監視している。2012年に巨大な新型レーダーが運用され、住民から電磁波の影響を心配する声も出ている(「琉球新報」2013年3月14日付)。
 いまなお軍事基地が居座り続けている。
スポンサーサイト

湧水 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国境の島・与那国島の役人たち | ホーム | 与座ガー、水量豊かな井泉>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |