レキオ島唄アッチャー

言葉も似ている沖永良部島

巨大モニュメントのあるホテル
 沖永良部島で泊まったホテルは、和泊港近くにある「シーワールド」。26室くらいの小さなホテルだ。でも、和泊では指折りのホテルかもしれない。
                    IMG_7295.jpg
 朝、ホテルの回りを歩くと、巨大なモニュメントが建てられていた。創業50周年の1999年に建立されたと記されている。そばには4人の銅像まである。これは、ホテル・葬祭業を営む会社の創業者と一族の像のようだ。

  沖縄と共通する言葉が多い
 ホテルの玄関に大きな甕が置かれている。「みへでいろ(ありがとうございます)」と記されている。同じ意味で沖縄では「にふぇーでーびる」と言う。これが少し変形した言葉だ。沖永良部島は沖縄に近く、長く琉球にも属していたので共通の言葉が多い。 
                   IMG_7298.jpg

いくつか事例をあげる。共通語、沖縄語、沖永良部語の順とする。
「いらっしゃい」の「めんそーれ」は「めんしょり」。「東」の「あがり」は同じ「あがり」、「北」の「にし」も同じ「にし」、「子孫」の「くわーまが」も同じ「くわーまが」、「女」の「いなぐ」は「うなぐ」、「若い娘さん」は「みゃーらび」は「めぇらび」、「美しい」の「ちゅらさん」は同じ「ちゅらさん(和泊町)」や「きらさん(知名町)」、「痛!」は「あがー」は同じ「あがー」という具合である。
「鹿児島県奄美大島の歴史と文化」のHPから紹介した。
スポンサーサイト

奄美諸島 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<日本一のガジュマル | ホーム | 沖永良部島で慕われる西郷隆盛>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |