レキオ島唄アッチャー

13夜の月が美しい「ミラクルムーン」

 11月5日は、旧暦9月13日。「ミラクルムーン」だという。13夜の月が秋の夜空に輝いている。
                 IMG_7033.jpg
 今年は沖縄では「ゆんぢち」と呼ばれる旧暦のうるう年。うるう年は、同じ月を二回として、季節とのズレを調整している。今年は、9月が2回あり、今日は、「後(のち)の13夜」。 「名月」は通常、旧暦8月15日の「15夜」と9月13日の「13夜」とされる。「13夜」が今年2回目となるわけだ。これは、171年ぶりだという珍しい月だ。前回観賞できたのは琉球王朝も後期の1843年。次に見られるのはなんと22世紀だという。
 旧暦が生きている沖縄は、ラジオでもこの「ミラクルムーン」の話題でもちきりだ。
                 IMG_7035.jpg
   写真の月の下にぼんやり灯っているのは、街燈である。
  13夜といってもほぼ満月に近い。煌々と輝く月は、「ミラクルムーン」にふさわしい。
 八重山民謡には、13夜の月を歌った曲がいくつかある。中でも「月ぬ美しゃ」は「月が美しいのは13夜、女性が美しいのは17、8歳」と歌う。月も女性も、完全に円熟する前が美しいという。八重山のいにしえの人々の美意識がうかがわれる。
 夕陽も美しいシーズンだ。
              IMG_7029.jpg

スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<これって、公費で選挙運動? | ホーム | 沖縄の産業の恩人を祀った世持神社、その2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |