レキオ島唄アッチャー

比嘉加津夫氏の平敷屋朝敏論、その4

 「手水の縁」の作者論争への見解

  
  平敷屋朝敏の作った組踊「手水の縁」について、池宮正治氏が朝敏の作品ではないと主張し、それに西銘郁和氏が反論するという論争が行われた。池宮氏は、その理由として①組踊は王府主催の公営の演劇で、封建イデオロギーが注入されている②冊封使渡来の時上演されている③作者は踊奉行である⑤朝敏には文化英雄的面があるなど(以下略)6つの疑問点をあげている。
  この論争にかかわり、比嘉加津夫氏は、次のような見解を表明している。
 提起された「事実」や「資料」のみでは「手水の縁」が朝敏作から大きく位置をずらし、別の場所に立つということは考えられないということだ。…
  文学者を対象にあげて論をすすめる場合、作品論は必須の条件となるが、この論争では全く「作品世界」は無視されている。あまりにも早く説<結論>を出し、はやばやと居座りを決めてしまったという感じがしないでもないのである。…
「作品」と「作者」のかかわり、「作品」と「時代」のかかわりといった面を余りにも軽く見すぎたという気が強くするのだ。もっとも不都合になる「作品世界」の問題は意識的に避けているという感じさえおこさせる。…
 私見では、この点は池宮氏の論説の根本的な欠陥であると思う。
             瀬長島の歌碑
                     瀬長島にある平敷屋朝敏の歌碑
 (組踊への封建イデオロギーの注入について)
 支配層が儒教倫理や封建イデオロギーをとなえているという面のみが、時代の様相のすべてでは決してなかったということだ。(玉城)朝薫や朝敏らと同時代を生きたと言っていい士族らがあれほど「許田の手水」(注・「手水の縁」のもとになった伝説で、多くの人によって書かれている)に関する歌を残していたということは、さらに深層に多くの声にならない声、自由恋愛を憧憬する、あるいは指向する心性があったということを意味しているはずだ。…
  「組踊」なるものはすべて、儒教倫理を最大限に発揮すべきものであったということにはならない。…
  創作は、最終的には時代環境とでもいうべき思考様式と作者の内面(意識)に大きく規定されて生まれてくるものなのである。当時は、封建イデオロギーが様式として流れていた時代環境ではあったが、それに不満をもった人々も同時に存在したのであり、それだけが時代をつつんでいたわけではない。それについては、何よりも朝敏の擬古物語が証明しているし、「許田の手水」をうたった士族らの声が証明している。…

 (冊封使渡来の際の上演について)
  池宮氏が言っているのは、当時組踊は冊封使渡来の際に上演されたということ(しかし、渡来の際にのみ限って上演されたという資料はない)ということ…(しかし)「組踊=冊封使歓待用演劇」という部分からはずれていく考えは、さっさと欄外に置かれてしまうのだ。…
 <組踊は19世紀に入ると、首里三平等の盆祭に提供されたり、薩摩在番を招待して見せるなどのこともあるが、基本的に最後の寅の冠船まで、冊封使歓待のための芸能として発展してきている(池宮氏の著作の引用)>…
 19世紀以降であったという「断定」を裏づける確固たる資料があるのかどうか。…
                  朝敏妻の歌碑
                        宮城島にある朝敏の妻の歌碑
 私見であるが、池宮氏の引用部分は「盆祭に提供されたり、薩摩在番を招待して見せる」、つまり冊封使歓待以外にも上演することがあったという事実そのものが重要だと思う。
  池宮氏は「19世紀以降」と限定しているが、それ以前はなかったという証明はない。冊封使の渡来は、時に10年、20年の長い間隔がある。組踊という高い芸能力を要する総合芸能を維持し発展させていく上でも、日々の訓練だけでなく、上演する機会が求められたのではないか。本当に、冊封使の渡来の際に限り上演されたとすれば、琉球国王も冊封を受けた際に観るだけで、その後は在任中、一生涯にわたり観ることができないことになる。勝手な推測であるが、19世紀以前にも冊封使の渡来とは別に、上演する機会があったと考える方が自然ではないだろうか。

 (文化英雄的面について)
 この部分は、比嘉氏の引用文だけでは、朝敏が「文化英雄的面」をもっていたので「手水の縁」と結びつけられたという池宮氏の主張はわかりにくい。私見では次のことを意味するのではないかと思う。
  本来は「手水の縁」の作者は朝敏ではないのに、朝敏が処刑された悲劇の文学者として「文化英雄的面」をもったため、特異な組踊である「手水の縁」の作者と結び付けられ、それが固定化された。この説によれば、政治犯としての朝敏と「手水の縁」の内的な関連は、完全に断ち切られてしまう。
 
  この池宮説について比嘉氏は、次のようにのべている。
  愛の問題を内在的に深めていった平敷屋朝敏と「手水の縁」のもっている内容が自然に結びついていったはずのものであり、あるいは朝敏の事件と「手水の縁」のもっている反社会性とでもいうべき内容が重なっていったはずのものであって、決して文化英雄的側面と「手水の縁」が結びついていったということではない…あるいは朝敏の反制度的事件と「手水の縁」の反社会的思想が結びついていったのである。

  以上が、比嘉氏の評論で個人的に関心を持った部分のあらましである。
 評論を読んで感じるのは、「手水の縁」が朝敏の作品であるかどうかを判断するためには、朝敏の作品世界を分析することは「必須の条件」であること。作品で描かれた主題や人物の特徴、物語の内容と展開、作品相互の連関など、深く分け入って見ていけば、同一人物の作品であるか否かは見えてくる。
  実際に、比嘉氏は朝敏の一連の作品を検討して、「手水の縁」がそれ以前の朝敏の作品世界の延長線上にあるばかりか、新たな地平を切り開いた画期的な作品であることを立証している。
 それに加えて、当時の時代や社会体制と作品世界とのかかわり、作品がもつ意義とそれ故に担わなければならなかった作品の運命と朝敏の悲運について解明している。
  さらに、朝敏の反制度的事件と「手水の縁」の反社会的思想が結びついていった、とのべているように、後に処刑された事件と「手水の縁」は不可分の関係にある。その面からも「手水の縁」が朝敏の作品であることを明らかにしている。
これらの分析を通じていえることは、「手水の縁」が朝敏だからこそ創作できたということである。
  平敷屋朝敏の研究の上で、比嘉氏の著作は欠かせない意義を持っていることを改めて実感した。
スポンサーサイト

沖縄文化 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<火ぶたを切った沖縄県知事選 | ホーム | 比嘉加津夫氏の平敷屋朝敏論、その3>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |