レキオ島唄アッチャー

不可解な喜納氏の出馬表明

 不可解な喜納氏出馬表明

 民主党沖縄県連代表の喜納昌吉元参院議員が11月の沖縄県知事選に出馬を表明した。出馬理由を見ると、とても不可解である。
 普天間基地の辺野古移設に反対するのであれば、新基地建設反対の「オール沖縄」の声を代表する翁長雄志那覇市長を推薦すればよい。民主党と関係の深い連合沖縄は翁長氏を推進している。
 喜納氏が出馬の理由としているのは、辺野古埋め立ての承認撤回を明確に提言される方がいない、ということ。しかし、翁長氏はこれまで、辺野古移設に反対する島ぐるみの運動の先頭に立ってきたことは周知の事実である。稲嶺名護市長ともがっちりと手を組み、辺野古に新たな基地を造らせない態度を明確にしている。
 もともと「最低でも県外」の公約を投げ捨てて、辺野古移設に回帰したのは民主党政権だった。仲井真県政が辺野古埋め立てを承認したさい、民主党の海江田代表は「知事の判断は大変重い」と評価した。
 知事承認のあと、民主党県連と喜納代表が「承認撤回」を求めて行動したという事実は寡聞にして知らない。民主党本部は知事選で自主投票とするよう県連に求めており、喜納氏の出馬を承認しない方向だ。しかし、喜納氏はたとえ本部から処分をうけても出馬するという。
 なぜ、喜納氏はそこまで意固地になっても出馬しようとするのだろうか。
 「革新支持層への浸透を狙うのか」という記者の質問に対して、「革新票を割るために出てきたのかという話があるが、そう思わせてもいいのではないか。革新の人たちがだらしない、という気がする」と答えた。
 驚くべき発言である。翁長氏の票を掘り崩すために出馬するとなれば、最も喜ぶのは、仲井真陣営とその再選を狙う安倍政権・自民党だろう。客観的には、仲井真知事を側面から応援する役割を果たすことになるからだ。
 「辺野古承認撤回」を標榜しながら、結果として辺野古推進の仲井真氏と安倍政権の援護者の役割を担うというのは、矛盾も甚だしい。常人には理解不能な出馬表明である。
 辺野古の新基地建設には県民の8割が反対している。喜納氏が、沖縄を愛し、平和を愛するのなら、「オール沖縄」の願いを実現するために、いま何をなすべきか、真剣に再考してほしい、と考える県民は多いだろう。
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<美栄橋駅周辺の史跡、泊塩田跡 | ホーム | 美栄橋駅付近の史跡、「上り口説」に登場する美栄橋>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |