レキオ島唄アッチャー

ピアノ・フェスティバルでツレが演奏

 ピアノを習っているツレが、浦添市のてだこホールの小ホールで開かれた「ピアノフェスティバル」に出演した。
               IMG_6646.jpg
 とてもよいホールだ。アコースティック部門とアンサンブル部門に分かれている。はじめてなので、アコースティック部門に出た。
 演奏者は、幼稚園生もいるし、小中学生がとても多い。一般は少ない。なぜかアメリカや東南アジア系の外国人の子どもらも多い。米軍基地のある宜野湾、北谷、沖縄市など中部からの参加者が結構いるのではないか。
 ツレは「渚のアデリーヌ」を演奏した。身内ながら、これまでで最もよい演奏になった。メリハリもよく効いていた。
                IMG_6653.jpg
 ラジオリスナー友達の「ラララさん」が聴きに来てくれた。ラララさんも、ピアノを習っていたことがある方だが、「自分のようにドキドキしながら聞いていたけど、とっても上手でしたよ」と言ってくれた。お花までいただいた。
 出演者には、いろんな賞があり、ツレは「ベストメロディー賞」をいただいた。みなさん、それぞれに賞が贈られたようだが、励ましになる。
                 IMG_6674.jpg

 ゲスト出演があったが、その中に高校生ら8人によるピアノ連弾があった。8人が入れ替わりや同時にピアノを演奏するという離れ業。振付も自分たちで考えて演じながら、演奏した。
                  IMG_6662.jpg
 審査の先生は大阪から見えた方。全体の講評とともに、受賞者に一人ひとり感想を声をかけていた。好印象の催しだった。
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<古波蔵の熊本鎮台分営所跡 | ホーム | 「月ぬ真昼間」、スーパームーン>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |