レキオ島唄アッチャー

古波蔵の熊本鎮台分営所跡

 古波蔵の熊本鎮台分営所跡

              IMG_6198.jpg

 那覇市古波蔵の古蔵小学校近くの三角公園の一角に、史跡の案内板が建っている。この付近を通る時、見過ごしていた。最近気になって見てみると、日本陸軍熊本鎮台沖縄分遣隊の駐屯地跡だった。案内板から紹介する。
 明治維新を成し遂げた新政府は、領土画定をはかるため、日清両属体制をとる琉球国の処遇問題に着手し、1872年(明治5)琉球国を「琉球藩」として扱った。さらに、1875年(明治8)5月「藩内保護」の名目で熊本鎮台分遣隊の派遣を決定、真和志間切(マワシマギリ)古波蔵村周辺の18,603坪余を駐屯地敷地とし、兵舎・練兵場等が設置された。
                IMG_6166.jpg
1879年(明治12)3月25日、処分官松田道之とともに分遣隊2個中隊400名余が那覇港に到着。同27日松田処分官が沖縄県設置、首里城明け渡し等の処分を断行し、31日分遣隊の一個中隊が首里城に入城した。翌年、陸軍は駐屯地を首里城と定め、古波蔵駐屯地は使用されなくなった。
 日清戦争後の1896年(明治29)7月、分遣隊の沖縄派遣が終了したため、古波蔵駐屯跡地は農事試験場用地として使用された。1909年(明治42)真和志村が敷地の払い下げを受けたが、1928年(昭和3)改めて約4,000坪余を陸軍に提供し、在郷軍人の演習等に使用された。これ以降、付近住民は一帯を「兵隊屋(ヒータイヤー)」と呼んだ。
               IMG_6167.jpg

 沖縄戦の後、この一帯は米軍の貯油施設(ガソリンタンク)として使用されていたが、1972年(昭和47)沖縄の本土復帰とともに返還され、区画整理事業の実施(1971~1991)により、住宅地となった。一帯は現在でも「タンク跡」と呼ばれている。
 古波蔵1丁目のこの付近が、戦前は「兵隊屋」と呼ばれたことは初めて知った。那覇市はけっこう起伏が多いが、このあたりは平坦な土地が広がっている。昔は、かなりよい農地だったのではないだろうか。それだけに、熊本鎮台分遣隊の駐屯地として狙われたのだろうか。那覇港から比較的近いので、地の利も良かったのかもしれない。
 熊本鎮台分営所としては、20年ほどで使用は終了したが、昭和になり、ふたたび陸軍に提供され、演習場などに使われたという。
 沖縄戦後も米軍の巨大なガソリンタンクが立ち並び、ふたたび軍事のための用地とされた。沖縄を占領した米軍は、日本軍が使っていた軍用地をそのまま基地として使った例が多い。手っ取り早いからだろう。いまは、駐屯地やタンク跡の面影を残すものは何もない。
                IMG_6199.jpg

 「ヨギタンク跡」の名前はいまも残っている。タクシーに乗っても、年配の運転手さんだと「ヨギタンク跡だ」と言えば、わかりが早い。
 幸い、タンク跡地は住宅地として整備されたので、学校や幼稚園、アパートや民家が建ち、公園もいくつかあり、良い環境の住宅地となった。
 ただ、一つだけ、タンク跡だったことを示すものがある。それは、なんと居酒屋の名称である。「わー風居酒屋よぎたんく」。
 いまは、静かで住みやすいこの土地に、かつて戦前、戦後に軍事のために使われた歴史が刻印されていることを忘れてはいけないと思う。

追記
 10月6日、久しぶりに与儀周辺を散歩していて、「わー風居酒屋よぎたんく」前に通りかかった。なんか様子がおかしいと店内をのぞき込むと、テーブルの上に雑然と物が積まれていて営業しているとは思われない光景だった。看板を見上げてみると、なんと「カフェー」に替わっているではないか。まだ改装中らしい。「ヨギタンク跡」の名残を示す店名が姿を消してしまったのは残念である。
スポンサーサイト
史跡 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<那覇の遊郭・渡地 | ホーム | ピアノ・フェスティバルでツレが演奏>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |