レキオ島唄アッチャー

「テビチから揚げ」旨い

 ランチを外で食べようと、糸満市のそば屋に行った。「しん里」という。知り合いが経営している店だけれど、初めて行った。昼食の時間だけで夜は営業していない。
 店の主人が粟国島の出身だそうで、「粟国そば」「むんじゅるそば」という粟国にかかわる名前のメニューがある。その他、沖縄らしい煮つけやイナムドゥチ(沖縄風トン汁)、チャンプルーからとんかつ、天ぷらの定食まである。
 「隠しメニューでテビチ(豚足)のから揚げがあるよ」と聞いていた。
 野菜たっぷりの粟国そばとテビチ煮つけのから揚げを注文した。
           IMG_6570.jpg
 そばは、野菜炒めが載った感じだが、沖縄では他にはこんなそばはない。出汁は、アグー豚などからとっている。麺は同じ粟国出身の人が作っていて他には出回っていないとか。なんか味わいのある麺だ。
 粟国らしさではなく、粟国出身者がつくるから「粟国そば」。とても美味しくいただいた。580円。
  「むんじゅるそば」は、テビチ、ソーキ(スペアリブ)、三枚肉の豪華三点盛のそば。ボリュームたっぷりである。
 むんじゅるとは「麦わら」のことで、花を飾った「むんじゅる花笠」は美しい。粟国島には「むんじゅる節」という有名な民謡がある。舞踊曲でもある。「むんじゅるの粟国島」がうたい文句になっている。
 
         IMG_6571.jpg
 テビチから揚げは、ツレと二人で1個ずつ食べた。から揚げに塩味が効いている。煮つけと違って、皮がパリッとしていて、中はコラーゲンがプリプリしていてやわらかい。1個でもボリュームがある。テビチから揚げは、前に一度食べたことはあるが、食堂のメニューでもほとんど見かけない。珍らしい一品である。
 店の主人は、料亭で働いていたり、県外でも働いていたことがあるという。料理とメニューにどこか、内地風の匂いが漂っているのはそのためだろう。
 夜は、別の店で寿司を握っていると聞く。腕の確かな料理人という印象である。次は、定食も食べたいなあ。
 
スポンサーサイト

食べ物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<王府時代の那覇の史跡を歩く、在番奉行所 | ホーム | 「キーツマンゴー」いただきました>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |