fc2ブログ

レキオ島唄アッチャー

「琉球民謡の変容、その続編」。大田節とダイサナジャー、大田名節

 「ダイサナジャー」の元歌「大田節」  
 先日、ラジオを聴いていたら、八重山古典民謡の「大田(ウフダ)節」が流れてきた。「これはよく聞く曲だ」とすぐ思い当たる曲が頭に浮かんだ。「ダイサナジャー」である。解説の上原直彦氏は「この曲は、エイサーでもよく使われる」と話していた。八重山民謡をサークルで学んでいるが、この曲はまだやっていない。
 新型コロナウィルスの広がりで、民謡サークルが休みになってから、自宅での練習でこの曲も弾いている。
 「ダイサナジャー」によく似ている。とくに囃子がそっくりだ。「ダイサナジャー」よりもこちらの方が素朴である。「ダイサナジャー」は、もっと手を加えて、曲も少し長くなっている。なるほど、エイサーで使えるようだ。
 まだこの曲で踊るエイサーは見たことがない。YouTubeで検索するといくつか沖縄県内各地の青年会のエイサーがアップされている。道化役のチョンダラーが、赤い褌を「アカサナジャー」を長く垂らして踊っている。
 といっても、八重山の元歌と見られる「大田節」はまったく、「ダイサナジャー」の歌詞とは内容が異なる。
 まず八重山の大田節から見てみたい。
      
 大田(ウフダ)節
1、大田屋(ウフダヤー)ぬ片禿(カタカムレー)ま ヤゥウネ 大田屋ぬ
  炭焼(スィンヤ)くぃかむりゃーヤゥウネ
  イラヤゥマーヌハイヤーシューラヤゥ
2、岳はずぃ道ば通いだす 網張(アンパアル)道ば通いだす(囃子省略)
3、誰(タル)がゆやんどぅ通いだる 何(ジリ)がつぃにゃんどぅ通いだる
4、崎枝(サキダ)くやーまぬゆやんどぅ 女童(ミヤラビ)ぬつぃにゃんどぅ
5、網張湊(アンパルミジュ)や潮(スー)や満(ン)ちゃ 
  湊(ミナト)まや潮や入りゃ
6、なゆばしどぅ渡(バダ)り行く 如何(イキャ)ばしどぅ越(ク)行く
7、やいとぅかいとぅ渡り行き やっとぅかっとぅ越や行く
8、くやーま家(ヤー)に入(ペー)り行き 女童家に移り行き
9、たんでぃとーどぅくやーま母(アブ) がーらとーどぅくやーま父(ビゲ)
10、くやーまにや 我(パヌ)ん呉(ヒー)り 女童や此(クリ)ん呉り
11、あねーりぅ片禿ぬ 彼(カ)ぬしゅくぬ 炭焼きぅ禿ぬ 
  此ぬしゅくぬ ならぬならぬ 片禿ま
12、仮屋ぬ姉(アンマ)ん なりどぅ見だ 3年ぬ姉ん なりどぅ見だ
13、太陽(ティダ)傘ん 差しどぅ見だ 裏付(ウラチゥ)きぅ
  足駄(アシゥザ)ん 踏みどぅ見だ
14、泡盛酒(アワムリゥザキ)ん 持ち来(ケ)ん 酒ぬ花ん 持ち来ん
15、あぬーりぅ泡盛酒 何しゅが 酒ぬ花や 如何(イキャ)しゅが
  何とぅしゃーんてん ならぬす ならぬ戻り 片禿ま
      
歌意
1、大田屋の片禿げ頭の男が 大田屋の炭焼き業の禿げ頭の男が
2、タキハジゥ道を通っていた訳は アンパアル道を通っていた理由は
3、誰を訪ねるために通っていたのか どの人のために通っていたのか
4、崎枝村のクヤーマに会うために 娘を訪ねるために通っていたのだ
5、アンパルの水路は潮が満ちていたので 小さな入り江は潮が満ちていたので
6、どうやって渡って行くのか いかにして越えて行くのか
7、辛うじて渡って行き やっとのことで越えて行った
8、クヤーマの家に入って行き 娘の家に移って行き
9、どうかお願いクヤーマの母御よ 心からお願いクヤーマの父御よ
10、クヤーマニを私にください 娘さんをこの私にください
11、あんな片禿げ頭ごときのおとこが炭焼きの禿げ頭ごときの奴が 
  駄目だ駄目だ 片禿げ頭の奴め
12、仮屋(在番の宿舎)の愛妾にもなったんだよ 3年間の愛妾務めもしたのだよ
13、日傘もさしたことがあるのだよ 裏付けの下駄も履いたことがあるのだよ
14、泡盛酒も持って来ました 酒の花も持って来ました
15、あんな泡盛酒にどれほどの価値があるのだろうか 酒の花に如何ほどの値打ちがあるというのだ 
  何としても無駄なことだよ 駄目だ帰れ片禿げ頭の奴め

 石垣島の四箇村(石垣市の登野城、大川、石垣、新川)に住む片禿げ頭の男が、崎枝村のクヤーマ女に恋して、両親を訪ねて「娘さんをください」と懇願するがきっぱりと断られる物語の歌である。
 両親は、「片禿げ頭の、炭焼きごとき男に駄目だ」と拒否する。興味深いのは、その理由である。娘は、首里王府から派遣されている在番の役人の愛妾を3年間務めたと自慢する。百姓には縁の遠い「日傘も差した、裏付き下駄も履いた」と誇らしげである。
 これはちょっと意外な内容である。
 在番役人や八重山蔵元(首里王府の出先官庁)から遠隔地や離島に派遣される役人は、単身赴任が原則だったので、地元の美人を選んで賄い女(現地妻)とすることが慣例化されていた。この歌の在番の愛妾も同じような立場だったのだろう。
 賄い女は、赴任中は夫婦同然に子どもも生み、家族として暮らしながら、役人は任期が終わると妻子を残して帰り、戻ることはない。役人に目をつけられると嫌でも無理矢理、賄い女にされる。そんな辛い悲しい運命にある。八重山民謡には、権威をかさにきた役人の横暴や賄い女の哀れを歌った曲が数々ある。
  一方で、役人が帰る時、土地をもらえるなど「恩典」もあったというが、それは賄い女という存在の本質的なものではないと思う。両親は自慢するが、愛妾だったクヤーマは幸せに暮らしていたのだろうか。
 この歌は片禿げ頭の男をからかう一種の滑稽歌のようだ。
 クヤーマの両親は、片禿げ頭の男が気に入らない。だから役人の愛妾だったことを自慢するというよりも、「役人の相手に選ばれるほどの娘だから、お前にはやれない」と断るための理由にしたのではないか。そんな感じがする。
 
       
 滑稽歌の「ダイサナジャー」
 「大田節」とそっくりな歌が「ダイサナジャー」である。「さなじ」は褌のことなので「だらしなくふんどしが垂れている人」というような意味である。そんなおじさんをからかう滑稽歌である。女性と男性が掛け合いで歌う。
 「ダイサナジャー」
1、(女)東方(アガリカタ)ウスメ 藁サナジかきて 目くす垂(タ)いかんて 
  芋練(ウムニイ)また前(メエ)なち
  イラヨ ダイサナジャー小(グヮ) ヘイヨ シューラーヨ
2、(女)くゎ缶々(クヮンクヮン)持っち 何処(マカ)んかい行(イ)めが
 (男)またん鯨(クジラ)ぐぬ 寄(ユ)てがまた居(ウ)ゆら
3、(女)あんまさみウスメ アチビうさがゆみ
 (男)あねるアチビ臭さぬ 誰(タル)がまた食(クワ)ゆが
4、(男)汝達(イッタア)がや我んね アマン小(グヮー)どやるい 
 ちんけーらし げーらし 尻(チビ)たっちゅう しみて
5、(女)尻肉(チビジシ)やぬぎて 何処かい参(メ)がウスメ
 (男)家賃小や取(ト)たい あぬひゃーまた前(メエ)かい
6、(男)ありが前に一夜(チュユル) くりが前に一夜 
 島戻る間(イェダ)や 白毛(シラギ)我ねかみて
7、(男)汝達(イッタ)トートー前小と 我達トートー前小と
  門中(イチムン)がやゆら あんすかまで似ちょる
8、(男)汝達がや我んね 餓鬼(ガチ)んでる云(イ)ゅしが 
 カラス小とかてて 芋ど我んね食らど
9、(女)うんじゅん頭(チブル)ん禿(ハ)ぎて あん光(ヒカ)い美(チュ)らさ 闇ぬ夜になてん 心配(シワ)やまたねさみ

歌意
1、東の方のおじいさん 藁の褌をして 目脂(メヤニ)も垂れて 芋練り前にして
2、缶々を持ってどこへ行くのかい またも鯨の子 打ち揚げられているかも
3、具合が悪いのですか おじいさん 柔らかい飯を 上がりますか あんな柔らかい飯は臭くて 誰が食うか 
4、お前達が 私はヤドカリなのか 着物をひっくり返し返しして 尻を尖らさせて
5、尻の肉は脱臼して どちらへ行かれますか おじいさん 家賃も貰ったし 彼女のまた前に
6、あれのところで一晩 これのところで一晩 故郷へ帰る頃には 白髪をいただいて
7、お前達の仏壇と 我々の仏壇とは 親戚なのか区別がつかないほど似ている 
8、お前達が 私は飢えた餓鬼だと言うが キビナゴ漬けと一緒に 芋を私は食べたんだ
9、貴方の頭が禿て 立派に光って見事だ 闇夜になっても心配はいらないよ
  歌意は、滝原康盛著『琉球民謡解説集』をもとに、少し手を加えた。

 この歌詞の中で、「またクジラが打ち揚げられているかも」という不思議なカ所がある。かつて名護湾には、毎年「ピトゥ」(主にゴンドウクジラ属)の大群が押し寄せて、「ピトゥ漁」があり、ピトゥを食べる習慣があった。
 缶を持ち拾うのはクジラの糞だという説もある。マッコウクジラの腸の分泌物は、「龍涎香(りゅうんこう)」と呼ばれ、古来から貴重な香水の原料として利用されたという。この歌詞には、そんな沖縄ならではの背景があるようだ。

 女性とおじさんの掛け合いが面白い。
 5番の歌詞が分かりにくい。「尻肉やぬぎて」を滝原氏は「尻の肉は脱臼して」を訳している。肉が「脱臼して」とはどういうことか。島唄の解説をアップしているサイト「たる―の島唄まじめな研究」では「尻の肉は脱げて」と訳している。
 この後の部分で「何処へ行かれます」とおじいさんに問いかけると、「家賃も貰ったし 彼女のまた前に」と応えている。おじいさんの風体を表しているとすれば、ふんどし姿のおじいさんなので、ふんどしからお尻の肉を出して歩いている様子を歌っているではないだろうか。そんな理解をしてみた。
 この曲は、エイサーでもよく使われる。YouTubeを見ると、これで踊っている動画がいくつも出てくる。道化役の「チョンダラー」の踊りがこの曲にマッチしている。 
 原歌の「大田節」とは、歌詞はまったく別物である。
 ただ、「大田節」が片禿げ頭の男を面白おかしく歌っているのに対して、「ダイサナジャー」はだらしないふんどし姿のオヤジをからかった曲なので、両者とも滑稽歌と見れば、少し共通項があるかのではないか。もしかして、「ダイサナジャー」を創る時、「大田節」の曲調が滑稽歌に適していると思って、こんな歌詞が生れたのかもしれない。これは私の勝手な想像である。

 伊平屋島の大田名節
 ところで、伊平屋島にある「大田名節」という曲が、八重山の「大田節」と似ていることに気付いた。曲名も一字違いである。ただし、どちらかが原歌でどちらかが替歌というほどではない。曲の入り方は似ている。後半は、「大田節」よりも高音を使っているが、曲調はなんとなしに似ている。八重山と伊平屋島では、遠く離れているから、似ているとすれば偶然の一致だろうか。
 歌詞を見ると、八重山の「大田節」とはまるっきり違う。伊平屋島の「大田名節」は、「シマ褒め」「村褒め」の歌詞である。
 インターネットの「美ら島物語」サイトの「恋し しまうたの風」で、現地で住民の方に実際にこの曲について伺ったことが書かれていたので、紹介する。
 <「大田名節」は、“伊平屋島で最初に人が住んだ”と言われる田名集落に伝わる古い歌で、作詞作曲者、できた年代はわかりません。
 島の方は、「600~1,000年くらい前の歌ではないかなぁ」とおっしゃいます。「田名の人たちにとって、『大田名節』が古い歌であるということが誇りなのですよ」と仰るのは今回コーディネーターとしてお世話になった嘉手納知子さん。>
      
 「大田名節」歌詞と大意
1、だんじゅとよまりる 大田名の島や 後岳やくさて め森前なち
2、田名屋のんどぬち 黄金燈籠さぎて あまぬ明がりば みるくゆがふ
3、念頭平松ぬ 枝持ちぬ美さ 田名ぬ乙女の 身持ち美さ
 (大意)
1、広く知られている大田名の島は 後岳を後ろにして め森を前にしている
2、田名の祝女殿内にある黄金燈籠をさげて それに火が灯され明るくなれば 弥勒果報だ
3、念頭平松の枝持ちが美しい 田名の乙女は身持ちが美しい
 
 『琉歌大觀 増補』(島袋盛敏、沖縄タイムス社、1978年)では、「大田名節」について次の記載がある。
 <大田名節(おほだなぶし)八首を掲載。語意・歌意・解説を収録。大田名節について「大田名節八首の中、六首までは田名村のめやらべたちの面影を伝えると共に、田名の地勢や風物をもあわせて歌い、ひいては伊平屋島全体の古代を思わせる歌曲である。」と説明している。「レファレンス協同データーベース」から>
 伊平屋島では、とても名高い曲で、「大田名節大会」が開かれている。YouTubeでアップされた大会の模様を見ると、子どもたちも演奏しており、伊平屋島ではこの曲がとても大切にされ、長く歌い継がれてきたことがわかる。
 八重山の「大田節」と伊平屋島の「大田名節」の動画を比べて見てほしい。私的には、両者が似ているのは偶然の一致とは思えない。どちらが原歌かわからないし、どのようなルートで伝わったかもわからないが、両曲は共通の土台から生まれた民謡ではないかと考える。

 琉球弧の島々は、古い時代から「海の道」を通じて人と物、文化の交流が行われてきた。だから、離島から離島に芸能が伝わることはよくあることである。民謡でも、奄美諸島の早弾き曲の「六調」が沖縄本島は飛び越して八重山に伝わっているのもその一例である。
 「大田名節」が「大田節」と似ているということは、それが「ダイサナジャー」とも似ていることになる。私の感想として、この3曲の土台には、互いに相通じるものが感じられる。


スポンサーサイト



沖縄の民謡 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「琉球民謡の変容、その続編」。亀久畑節と東川根盛加後

 八重山の「亀久畑節」
 八重山古典民謡には「亀久畑節(かみくばたぶし)」という曲がある。これは、RBCの「民謡で今日拝なびら」では取り上げていない。しかし、前から「八重山古典民謡工工四」を見ていて、宮古民謡の「かにくばた」と同じ曲名なので、これは偶然の一致とは思えない。どちらかが影響を与えて生まれた曲ではないのかと気になっていた。
 今回、「かにくばた」の類似曲として3曲が比較されていたが、もう一歩踏み込んで、八重山民謡のこの曲を紹介しておきたい。
与那国島を発祥の地とする歌であるが、石垣風の歌い方では歌詞も旋律も例によって相当に変わっている」。當山善堂著『精選八重山古典民謡集』(三)はこのようにのべている。
 當山氏はこの曲の特徴について「八重山音階の変型」としている。
この曲の歌詞を當山氏は12番まで、喜舎場永珣著『八重山古謡』(下)は16番まで紹介している。歌詞は、両者によって順番と内容が多少異同がある。歌詞の全部は長いので抜粋する。
當山本を基本にし、喜舎場本から多少補った。
      
1、亀久畑 ういみぐち 登りょうり
(カミングバタ、ウイミグチに登って)
 (喜舎場本の歌意―亀久畑に田草取りに行って 南方の小高い所に 登って見たら)
4、女童(みやらび)ば 愛しゃーすば 巻き来(きょー)り
 (女の子を、好きな娘を連れてきて)
5、片手しや 田草取り 此ぬ手しや 首抱き
 (片方の手では田草を取り もう一方の手では可愛い娘の首を抱き)
8、夜やなり 日や暮りてぃ あばとぁぬ
 (夜になり日が暮れてしまった なんと心細く怖いことよ)
9、くいてぃ迄 かたんぐや迄 我(ぱぬ)送り
 (クイティまで、カタングヤまで 私を送ってちょうだい)
10、貴女(んだ)ま行(ひ)り ばぬま行るん 女童
 (貴女はもう帰りなさい、私ももう帰るから娘さん)
最後は喜舎場本から。
16、ンドゥティマディン ニザシキマディン バヌウグリ
 (戸口までも 寝座敷までお出でよと手を取って離さない 二人寝床で恋の夢を結んだ)
        
   
 當山氏の解説を紹介する。
 <若夏のある日、恋し合っている島仲村の男性と比川村の女性が二人で仲良く田んぼの草取りをしている場面から物語は始まる。「片手では田草を取り、もう一方の手では彼女の首を抱いて」のくだりは、恋する男女の健康的な姿が目に浮かび、微笑ましくもあれば気恥ずかしくもあり、田草取りはちゃんと出来たのであろうかと気になる描写ではある。
 それはさておき、いつの間にか日が暮れあたりは薄暗くなってきた。そこで、娘は「アバツァヌ!(わたし怖いわ、どうしましょう?!)」と男にすり寄って、自分を家の近くまで送ってくれるよう頼む。女は次から次へと送り先を延ばし、ついに自分の寝所まで男を誘い込むという筋書きである。>
 <カミクバタ=田んぼの地名で、「亀久畑」の字を当てる。地元本(福里武市・宮良保全・冨里康子共著『声楽譜附 与那国民謡工工四』)では「カミングバタ」。元来は畑地であった所の一部を田んぼにしたのだが、この歌では古い呼び名を用いているようである。>

 喜舎場氏は、曲名を「カミングバタドゥンタ」(与那国)としている。「ドゥンタ」とは「ユンタ」のことである。
 <亀久田は島仲部落の南方にある田圃である。恋女は比川部落の者で、そこは田圃からは東3キロぐらいのところにある。男は島仲の者で、二人は遠路を通って恋愛をしていた。田圃は祖納部落から約3・5キロほどにあった名高い沃田であった。最初は畑であったが、のちに田圃に開田したと古老は伝えているという(『八重山古謡』(下))。>
 喜舎場氏は、「昭和16年(1941)に亀久田の観光を試みたが、その周辺の景色は何となく詩情をそそる風光明媚な所であった」(同書)という。

 この曲は、入口は亀久畑という田畠の草取りの情景から始まるが、若い男女の恋模様が物語のように歌われている。
 喜舎場氏は次のように解説している。
 <当時の風習として二人切りの田草取りはいたって稀れであったところから考えても、水も漏らさぬ二人仲であったように考えられる。なお原歌の中にも「片手で恋女の首を抱き片手で田草を取った」と謠ったところから察しても、そんな田草取りはほんの稀れである。この古謠は性の自由解放を赤裸々に歌ってある恋愛詩である(『八重山古謡』(下))>。
田畑での恋愛模様をおおらかに歌う曲想は、八重山古典民謡のとっても面白いところである。
 
 与那国のこの曲は、歌の旋律、流れは宮古民謡の「かにくばた」にかなり似ている。しかし、大きな違いは、宮古の曲の際立った特徴がみられないことである。その一つは、うたもち(前奏)がまったく異なり似ていないこと。もう一つは、囃子が与那国の曲は「サースリ」という単純にすぎず、宮古の曲のような「ニングルマトゥマトゥヨー」という面白い囃子とはまるで異なることである。
加えて、宮古の曲はとてもテンポが軽快であるが、与那国の曲はもっとゆったりしている。この曲はもともと、三線なしで歌われていて、のちに三線で歌うようになったのだろう。だから前奏はあとから付けられたのかもしれない。
 といっても、与那国と宮古の両曲は、曲名は同じであり、歌の旋律も似ている。しかも注目すべきは「田畑で女性を抱く」という興味深い情景の歌詞が両曲とも入っていることである。これは偶然の一致とは思えない。与那国と宮古のどちらが先かはわからないが、何らかの影響を及ぼして生まれた曲ではないだろうか。

 宮古の「かにくばた」が与那国に伝わったとしたら、前奏から始まる軽快なテンポ、面白い囃子も取り入れるだろう。わざわざテンポを遅らせ、前奏を変え、囃子を切り捨てるだろうか。疑問がわく。沖縄民謡の伝わり方を見ると、八重山民謡には、早弾きの宮古のクイチャーや奄美諸島の六調はそのまま伝わっている。八重山民謡の「鳩間節」「川平節」などゆっくり歌う曲が、本島では早弾き曲にされている。そんな事例を見ると、与那国島の「亀久畑節」の方が古くからあり、宮古に伝わり、前奏や曲のテンポ、囃子など編曲されたのではないか、と思いたくなる。

 ところが、ここで注目されるのは、与那国の「亀久畑節」は、奇妙なことにその歌詞が宮古島のもう一つ別の民謡と似ていることである。
   

 仲宗根幸市氏によれば、娘が男性に「家まで送ってください」と誘い、男性が「もう自分はここで帰る」といいつつ、女性の情熱と才知でついに、女性の家まで送らされ、寝床まで誘われるとういうこの歌の後半は「宮古民謡の『東川根盛加後(あがずかーにむずかぐす)』と一部内容が似ている(『琉球列島島うた紀行 <第二集>八重山諸島 宮古諸島』)」という。
 「東川根盛加後(あがずかーにむずかぐす)」の歌詞も是非知りたいところだ。幸い、仲宗根氏の著書に歌詞と解説が掲載されている。
 「71番まで歌詞のある長編のクイチャーあーぐ。東川根盛加後のクイチャーをみに行った女性が、途中で美男子の若按司に会い、あれこれ理由をつけて「私を家まで送れこむって」とアタック。そして、家の門まで、家の仲間で誘い込む内容。」
「この長編のクイチャーあやぐの後編は、与那国の「かみんぐ畑ドゥンタ」と酷似している。…宮古のクイチャーあやぐが祭りをみに行く途中出会った男を誘う内容なのに対し、与那国のドゥンタは、田草とりの帰路意中の男性を誘い込むのである」
           
      
 なるほど、男性に送らせて家に誘い込む物語の構図はソックリである。
宮古の「東川根盛加後」は歌詞が71番まである長編の曲とすれば、歌詞が4分の1ほどしかない短い与那国の曲が元歌として影響をあたえたとはとても思えない。逆に宮古の長編の面白い恋愛物語が、与那国に伝えられ、一部が「亀久畑節」の歌詞に取り入れられたと見るのが自然ではないだろうか。

 「亀久畑節」の旋律は「東川根盛加後」とは似ていない。ということは、旋律はもともと与那国で歌われていたものに、宮古の「東川根盛加後」の歌詞が面白いので、そのエキスを取り入れたということだろうか。もし、宮古の「かにくばた」が元歌で与那国にそれが伝わったのなら、旋律も歌詞もそのまま歌えばよい。旋律はそのままで、歌詞だけ別の「東川根盛加後」を取り入れるということは通常、考えにくい。双方からの影響が見受けられる。

 深いつながりがあった宮古島与那国島
 さて、与那国島宮古島は、遠く離れているのに、石垣島などを介さずに直接に影響を及ぼすような関係にあったのだろうか。実は離れていても、古くから密接な関係があった。
 かつて、与那国島宮古島の管轄で、多良間島は八重山の管轄だった。宮古島は琉球国が形成される14世紀ごろには、既に主として東南アジア方面との貿易を運営し、与那国島を貿易の中継地としていた。
 1500年に、首里王府に反乱を起こした石垣島のオヤケアカハチを、宮古の仲宗根豊見親の先導する王府軍が征討した後、1501-1503年頃に地理的に不合理として両島の管轄を交換したという。
 1522年には、与那国島の首長だった鬼虎が首里王府に従わず、王府の命で宮古の仲宗根豊見親(空広)軍により討伐されたが、鬼虎は、もともと宮古島の出身ともいわれる。興味のある方は、このブログで「与那国島はかつて宮古島に属していた」をアップしているので、そちらも読んでいただきたい。
 このように深い関係にあり、人の交流があったのだから、文化の面でも民謡が島から島へ伝わり、影響を与えたことは容易に想像できる。文化的には先進地だった宮古島から与那国島に伝わったのか、逆に宮古人が与那国の歌を持ち帰り、取り入れたのか。むしろ相互に影響し合ったのかもしれない。
 
 これまでの検討を踏まえて、与那国の「亀久畑」と宮古の「かにくばた」とは、前奏、囃子までソックリではないが、何等かの影響下で歌われるようになった相関関係のある曲ではないか、というのが私なり結論である。
もしそうなれば、すでに異名同曲とされる宮古の「かにくばた」と本島の「高離節」「にんぐるまーと」に加えて、与那国の「亀久畑」までなんらかの糸でつながることになる。
 以上、あれこれと書いてきたけれども、似た曲があるからと元歌はどれかばかり詮索するのは野暮なことかもしれない。民謡が島から島へ伝えられ、変容しながら、それぞれの場所で住民に歌い継がれるのが、そもそも民謡の姿であるからだ。


沖縄の民謡 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「琉球民謡の変容、その続編」。「にんぐるまーと」と「かにくばた」

「にんぐるまーと」
 同じ本島の「にんぐるまーと」を見てみたい。沖縄民謡のいくつかの工工四(楽譜)、歌詞集をめくってもほとんど紹介されていない。
 上原氏は、「歌詞は即興で歌うのをよしとするので、歌う人によって歌詞が異なり、決まったものはない」と述べていた。唄者によっていろんな歌詞があるのだろう。
 やっと歌詞が掲載された本を見つけた。滝原康盛編『沖縄の民謡』である。ここでは滝原氏の著作から紹介する。

1、打ち鳴らし鳴らしヨ 四ツ竹(ゆちだき)は ヘイサー スーリ 四ツ竹は鳴らし
  サーハラユイサー クラユイサーッサ ウショーニショーヌ ニングルマートゥ
  マトゥヨー シタリヌヨーンゾ  (ハヤシは以下同じ)
  鳴らす四ツ竹ぬ 音の秀(しゅ)らさ
2、若さ一時(ひととち)ぬ 通い路ぬ空や 暗(やみ)ぬさく坂(ひら)ん 車とぅ原(ばる)
3、若さたるがきて 何時(いち)ん花むとな 思ゆらん風ぬ 吹かばちゃすが

 1番の歌詞は、古典音楽の舞踊でよく使われる「踊いクワディサー節」の歌詞と似ている。
 問題は、ハヤシである。「踊い…」の場合「サーセンスルセ」というだけの簡単なハヤシである。
「にんぐるまーと」は違う。「サーハラユイサー クラユイサーッサ ウッショーシショウヌ ニングルマートゥ マトゥヨー シタリヌヨーンゾ」と長く特異なハヤシがつく。これは、あとから紹介する宮古民謡の「かにくばた」のハヤシと同じである。 
 滝原氏は『正調琉球民謡 八重山・宮古篇』にも同曲名、歌詞のこの曲を掲載し、この曲が「八重山・宮古」の民謡と分類している。

 仲宗根幸市氏は、宮古の「かにくばた」が沖縄の「にんぐるまーと」と異名同曲。(『琉球列島島うた紀行 第二集八重山諸島 宮古諸島』)とのべ、やはり「にんぐるまーと」は沖縄本島の歌であるとしている。
 上原直彦氏も沖縄本島で歌われる「遊び歌」であると断言している。滝原氏の紹介する歌詞を見ても、宮古島言葉は見られない。沖縄本島の言葉と思われる。
遊び歌で歌詞は即興で歌い、決まったものはないとすれば、この曲がもともとの古い元歌とは思えない。「高離節」か「かにくばた」が先にあって、そのテンポの良い前奏、旋律が遊び歌に向いている上、ハヤシがとても面白いので、歌詞を変えて「にんぐるまーと」として歌われるようになったのではないか。私の勝手な推測であるが、そんな気がする。
   
 宮古民謡の「かにくばた」
 次は宮古島の「かにくばた」である。宮古島出身の唄者「Hirara(ひらら)」さんが宮古の泡盛「菊之露」のコマーシャルで歌い、テレビでよく流れていた。
 この曲は次のような意味がある。 
「新しく村建をする為野原地から狩俣大浦に移動を余儀無くさせられた子供達に対し親が開墾地の麦の様に勢いよく栄えよ家近くの豆の莢(さや)のように栄えに栄えよと励まし将来の幸福を祈念する歌である」(平良重信著『解説付 宮古民謡集』)。
 解説では、「かにくばた」は「兼久畑」の漢字が当てられ、人名としている。
    
 歌詞と歌意の内容を紹介する。6番までは国吉源次版宮古民謡工工四から、7,8番は平良重信著『解説付 宮古民謡集』から。砂川国夫氏のブログ「宮古民謡解説集」も参考にさせていただいた。

「かにくばた」
1、かにくばたよ 抱きみいぶす 乙女小(ブナリヤガマ)
(かにくばたとは美人の女性のこと 抱いて見たい女性)
 ヤイサースウーリヌ乙女小
(ハヤシ)サーハラユイサ クラユイサーサ  ウッショーシショーヌ ニングルマトゥマトゥヨー
(ハヤシは以下省略)
2、あらすぬ麦だきよ むとういかぎ 乙女小
 (良い土地に実る麦のように すごく良い嫁になるだろう)
 ヤイサースウーリヌ乙女小
3、野原土地ぬ豆だきよ 家近(ヤッカ)ふぬサヤぬ如(ニヤ)ん
 (その土地に実る豆のように 家の近くの土地に実る豆のように)
  ヤイサースウーリヌサヤぬ如ん
4、後ゆかよ 行末(スウラ)ゆか吾等(バンタ)がむてい
 (ゆくゆくは大変幸せになるのは 私達である)
  ヤイサースウーリヌ吾等がむてい
5、女子(ブナリャウワ)うばよかぐうんな乗(ヌウ)し 大浦(ウプラ)んかい
 (女の子が産まれたらかごに乗せて 大浦村あたりまで遊びに連れて行きたい)
  ヤイサースウーリヌ大浦んかい
6、男子(ビキリャウワ)ばよ 建馬(タティンマ)乗し 狩俣(カズマタ)んかい
 (男の子が産まれたら素晴らしい馬に乗せて 狩俣村あたりに連れて行きたい)
  ヤイサースウーリヌ狩俣んかい
7、夜なびすういばが母(ンマ)よ 夜詰(ユヅミ)すうい生しやるうや
 (夜中まで添いうた私の母よ 夜詰めで添うた生みの親よ)
  ヤイサースウーリヌ生まれるなしゃやるが
8、男子(ビキリヤウォ)ぬよ 夜ぱでや酒ど飲む
 (男の子の 夜出歩きしたら 酒を飲む)
  ヤイサースウーリヌ酒ど飲む

 この曲の解釈を巡っては、解説者によって多少理解の違いがある。
 宮古民謡の唄者であり、ブログで宮古民謡の解説集を書いている砂川国夫氏は、次のように解釈している。
 <宮古の新しい地への開拓の為に強制的に移動させられた子供達に対してその子たちの親達が別れの寂しさを感じながらも新しい地で頑張って道を切り開いて言って欲しいと願いを込めて出来たといわれています。 この歌が出来た当時は子供も立派な労働力として扱われていたので 新しい地を開拓するのにふさわしい人材だったのでしょう。>
 意味が分かりにくい最後の7,8番の歌詞について砂川氏は次のように解釈している。
7、夜なびすいがばが母よ夜詰みすうい生しゃやるが
 (夜中まで添い寝してくれた私の母よ 移住する前の日まで夜通し
  付き添ってくれた生みの母よ)
 ユイサースゥリーヌ生まれるなしゃやるが
8、男子(びきりゃうぉ)よ 夜ぱずでぃや酒どぅ飲む
 (男の子は 夜外に出れば酒を飲む そうじゃないと強制的に
  移住させられた気持ちが発散出来ない)
 ユイサースゥリーヌ酒どぅ飲む
 「宮古の悲しい歴史が垣間見える曲です。
 でも、曲調はアップテンポでまるで新天地での期待が感じられる様な曲調です」(ブログ「宮古民謡解説集」)
 在沖宮古民謡協会発行『宮古民謡工工四』の「かにくばた(其の一)」(「兼久畑(其の二)」もある)の解説も、平良重信本とほぼ同じ内容である。

 これとまったく異なる解釈が国吉源次版「かにくばた」(兼久畑)の解説である。
 <「かにくばた」とは女性の名である。絶世の美女であったらしく、彼女と一緒になることができれば、家庭隆盛、幸せになるだろうと願う男心を歌っている。>
 上原直彦氏もほぼこれと同様な解釈をしていた。
 ここには、開拓地への移住や子どもたち様子など要素はまったくない。

『琉球列島島うた紀行』を書いた仲宗根幸市氏は、「かにくばた」は、別名「にんぐるま」と呼ばれているとして、次のように解釈している。
 <開墾地の繁栄を祈願する親心と、ユーモラスな男女の交換歌(クイチャー)。別名「にんぐるま」ともいう。軽快な旋律は集団演舞に向き、特にハヤシが面白い。沖縄の「にんぐるまーと」と異名同曲。歌の囃子に「ニングルマート」とうたわれることから名付けられているようだ(『琉球列島島うた紀行 <第二集>八重山諸島 宮古諸島』)>。
 仲宗根氏は、「開墾地の繁栄祈願」と「男女の交換歌」という両方の要素を指摘している。この歌の全体は、美女の憧れる男心を歌っただけの曲とは思えないが、確かに最初の歌詞で、「かにくばたよ 抱きみいぶす」と歌い、「抱いてみたい女性」と出てくる。もしかしたら、美女や恋模様の要素が後から付け加わったなったのかもしれない。

 砂川氏によれば、宮古民謡が三線で演奏されるようになったのは戦後のことだという。だとすれば、「かにくばた」の特徴ある「うたもち(前奏)」はもともとあったのではなく、三線で弾くようになってからつけられたのだろうか。沖縄本島の異名同曲と見られる「高離節」は、琉球古典音楽として三線で演奏されて歌われていたのだから、「高離節」が影響を与えたのか。いずれにしても本島と宮古島の文化的な相互作用のなかで異名同曲が生れたのだろう。



沖縄の民謡 | コメント:0 | トラックバック:0 |

軍に抵抗した泉守紀県知事

 軍に抵抗した泉守紀県知事

 沖縄戦の激戦地、摩文仁で消息をたった元島田叡沖縄県知事は、現在でも「島守之神」として讃えられている。それに比べて、前任の知事・泉守紀は、「本土に逃げ出した」「卑怯な知事」という評価がつきまとう。沖縄に移住してすぐ、琉球新報社発行の『沖縄戦新聞』を読んだとき、泉知事が住民の北部疎開などに反対したことを知り、「卑怯な知事」というのは、妥当ではないのでは、と思っていた。ただ、それ以上、追求することがなかった。最近、やっと野里洋著『汚名 第26代沖縄県知事泉守紀』(1993年出版)を読んでみた。野里氏は元琉球新報論説副委員長である。著者自身も、当初は卑怯な知事を許せないという思いが強かったが、「先入観を排除し、どういう結果になろうと、事実だけを追い求めるべきだ」と反省して取材したという。
 
 昭和18年(1943)7月、北海道内政部長だった泉守紀(しゅき)氏が任命された。沖縄に2年半ほど務めた。昭和20年(1945)1月に香川県知事として転出し、後任には大阪府内政部長だった島田叡氏が就任した。
 泉氏は、傍若無人に振る舞う軍人に対して苦々しく思っていたという。
 昭和19年3月に、南西諸島の防衛を目的とする沖縄守備軍・第32軍が創設され、沖縄諸島に送り込まれた。軍司令官が来るに際して、県の内政部長の官舎と島尻の地方事務所を貸せと要求してきたのに対して「軍政の敷かれぬ限りお断りだ」(日記から)という態度だった。
 県と軍の関係は悪化に向かう。
     轟の壕 
      島田知事以下県幹部が避難し沖縄県庁最後の地といわれる轟壕

 慰安所設置要求を拒否
 注目されるのは、慰安所設置要求を拒否したことである。
 昭和19年夏ごろから、沖縄に部隊が続々と配備された。兵隊の増加とともに、風紀の乱れがひどくなった。軍は、兵隊の乱暴狼藉の事件が起きるのは、兵隊専用の遊興施設がないためとして、県当局に「慰安所」をつくるよう申し入れてきた。
 
 「ここは満州や南方ではない。少なくとも皇土の一部である。皇土の中に、そのような施設をつくることはできない。県はこの件については協力できかねる」
 軍は、泉知事の強硬な態度に驚いた。上級の幹部が再度申し入れたが、知事はそれでも態度を変えなかった。
 <兵隊という奴、実に驚くほど軍規を乱し、風紀を紊(みだ)す。皇軍としての誇りはどこにあるのか。皇軍の威信を保ち、県民の信頼を得ること、このことが県民保護の任に在る我輩の軍司令官に対する唯ひとつの希望である(野里洋著『汚名 第26代沖縄県知事泉守紀』)>
 泉氏は、軍人に対する怒りをこのように日記に書いた。

 昭和19年10月10日には、那覇は大空襲に襲われた。
 知事は、米軍が上陸する恐れもあると考え、11日に中部の普天間にある県の中頭地方事務所へ移動した。中頭地方事務所も空襲を受け、すでに大きな鍾乳洞の自然壕の中に移っていた。10月末まで、中頭地方事務所を県庁の仮事務所として執務した。
 「臆病な知事は怖くて壕の中に隠れたまま出て来ない」という非難の声が職員の間からも出た。
 泉知事の行動をかばう人もいる。「泉さんは合理的な人で、空襲の怖さというものをよく知っていた。…知っているからこそ、泉さんは壕に隠れたんです」(野里洋著『汚名 第26代沖縄県知事泉守紀』)。
 空襲の怖さを知っているからこその合理的な選択だったという。

 住民の北部疎開に反対
 第32軍と県は、戦争が始まった場合、一般住民を軍の保護の下に入れると決めていたが、大本営の作戦変更や皇土警備要領など、情勢が変化して打ち合わせ通りにいかなくなったため、第32軍は住民対策として南西諸島警備要領を策定した。
 県と第32軍が協議する総動員警備協議会が12月14日開かれた。牛島司令官は、泉知事に対して、激戦が予想される本島中南部(中頭、島尻両郡)の老人や女性、子どもを1945年3月末までに北部の国頭郡に疎開させ、戦闘能力のある者は防衛隊として戦闘に参加させるよう要求した((琉球新報社発行「沖縄戦新聞」1944年12月14日))。
 
 この疎開について、本島北部は、米軍が上陸した場合、いち早く米軍の手に落ちる見込みが強い。北部一帯が山岳地帯で耕地がわずかしかない。疎開した数十万の住民が生活するだけの食糧が確保できるか、これらの点を挙げて泉知事は軍の案に反対してきた。(野里洋著『汚名 第26代沖縄県知事泉守紀』)
 「彼(長勇参謀長)は県に対して、われわれは作戦に従い戦をするが、島民は邪魔なので、全部山岳地方に退去すべし、そして軍で面倒をみれないので、自活すべしと広言している。島の大半は南に人口集まり、退去を命じられた地方は未開の地で、自活不可能」(野里洋著『汚名 第26代沖縄県知事泉守紀』)。
 軍の姿勢に対してこのように反発した。
 軍との会議終了後、泉知事は、県幹部に対して「中央政府では、日本の本土に比べたら沖縄など小の虫である。大の虫のために小の虫は殺すのが原則だ。だから今、どうすればいいのか。私の悩みはここにある」と漏らした。(琉球新報社発行「沖縄戦新聞」1944年12月14日)
 <武器を持たぬ民間人を軍人とともに玉砕させることは不合理というものだ>
 行政の責任者として、軍の要求は不合理に過ぎ、納得しかねた(野里洋著『汚名 第26代沖縄県知事泉守紀』)。

 泉知事が1月12日、転出となり、後任の島田叡知事のもとで、10万人の北部疎開が進められた。
 
 泉知事は本当に本土に逃亡したのか
 泉知事は「本土出張=本土逃亡」したということが沖縄では定説のようになっている。
 任地を勝手に逃げ出すようなことを果してするのだろうか。任地を勝手に逃げ出した者が他の県の知事になることなどあり得るのか。
 「許せない知事」を調べていた野里氏は、「泉知事の足跡を追ううちに、知事が当時、現地軍とことごとく対立し、決戦を前に抜き差しならぬ事態にまでなっていたことを突きとめた。そして、現地軍と内務省はこのような軍とトラブルを起こす知事では決戦は戦えないと判断、知事を更迭した経過もつかめた」(野里洋著『汚名 第26代沖縄県知事泉守紀』)。
 泉知事について書かれた記録や証言は、昭和19年10月10日の大空襲の際の知事の行動や職員らに対する接し方、言動、あるいは軍とトラブルを起こす非常時に好ましくない知事、といった表面的な印象をもとに、「卑怯な知事」が決戦を前に戦争が怖くなって「本土に逃げた」という見方になって定着したものであろう。(同書)。
 
 当時の内務省官僚だった古井喜実・内務省警保局長や林敬三・内務省行政課長も、「任地を逃げ出した知事が他県の知事に異動することなど、内務省は絶対にしない、あり得ないと打ち消した」という。
 <泉知事が本土への転任運動を密かに続けていたのは事実であったが、任務を放り出して本土に逃げたというのは周囲の噂や憶測から出た話のようだ。…
 沖縄現地では「知事は本土に逃げた」というのが定説になっているが、泉知事を知る人の中に「知事は逃げてはいない。軍にたてついた勇気ある知事だった」と逆に高く買っている人たちもいる。
 「内務省や陸軍省が泉守紀更迭を最終的に決めたのは、住民の沖縄本島北部疎開をめぐって県当局と現地軍が対立、同問題を泉知事が東京に持ち込み、内務省、陸軍省などと協議の席上でも軍に非協力的な態度をとるのを見て、これでは沖縄戦は戦えないと判断したためとみられる」(野里洋著『汚名 第26代沖縄県知事泉守紀』)。

 後任の知事には大阪府内政部長の島田叡(あきら)に内命があり、承諾した。昭和20年1月12日、内務省から正式に発令された。島田知事が赴任してから、それまで対立していた県と軍との関係も急速に回復し、両者の間の不信感、対立はほぼ完全に解消した。
 6月19日『毎日新聞』の野村支局長は摩文仁の司令部壕で島田知事に別れの挨拶をした。その後、島田知事は消息を絶ったとされる。
 泉守紀氏は、島田知事について、日記でつぎのような感想をのべていた。
 <誠に断腸の思い…島田君は、まるで我輩の身代わりとして死にに行ってくれたようなもの。誠に国家の為とはいえ、気の毒なことだ。>
 沖縄戦を境にして生と死を分け、「戦争が怖くて本土に逃げた」と非難される者と、赴任後わずか5カ月で殉職し、「島守之神」と称えられる者と、二人の知事は対照的な道を歩んだ。
 
 そして、二人の知事の妻たちもまた、それぞれの運命を背負った戦後であった。とくに、島田知事夫人の美喜子さんは、野里氏の取材に対して、「どなた様にもお断りしております」
 「いろいろ言われたりしたこともありますので…。お前のところだけが死んだのではないとか」。そういって話すのを拒んだという
 「沖縄戦で夫を奪われ、そして戦後も、心ない人のいわれなき非難にさらされて辛い思いを続けている島田知事夫人」(同書)
 島田知事は、沖縄戦のなかで、県民の食糧確保や疎開に尽力したと称えられている。その一方で遺族は戦後、辛い思いを続けて生きてきた。ここにも沖縄戦の悲劇がある。
  終わり




沖縄戦 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「琉球民謡の変容、その続編」。かにくばたと高離節

いくつもある「かにくばた」の異名同曲

 琉球放送(RBC)の人気長寿番組「民謡で今日拝なびら」で年末の2017年12月27日、興味深い放送がされた。番組に「にんぐるまーと」という曲のリクエストがあった。上原直彦氏は、これをきっかけに、この曲が宮古島と沖縄本島で歌われる3曲の旋律がとても似ているといって、3曲を比較して流してくれた。本島の「高離節」「にんぐるまーと」と宮古民謡の「かにくばた」である。

 

 にんぐる」は、『沖縄語辞典』では「懇(ねんご)ろ 情人」、「琉球語音声データベース」でも「情婦または情夫」と説明している。やはり日本語の「ねんごろ(懇ろ)」からきていると思われる。沖縄では「情夫、情婦、愛人」という意味で使われるようだ。

 にんぐる」は、沖縄民謡の「帽子くまー」では「サーニングル小(グヮ)どぅすんなあ」(さー愛人になるかい)と歌う。伊江島の歌「ましゅんく節」でも「なにんぐるにんぐるにんぐるにんぐる 抱ちょて」(めいめいの愛人、恋仲同士が向き合って)と歌う。

 与那国島の名曲「ドゥナンスンカニ」でも、「なんたはままでぃんや とぅじにうくらりてぃ やてぃくあがりざき にんぐるぬ たまち」(波多浜まではに送られて 屋手久(地名)東崎は彼女の持ち分だ)と歌われている(「与那国島の自然と伝統文化」HPから)。「にんぐる」の言葉は、沖縄本島から、伊江島、宮古島、与那国まで使われたことが分かる。

 「にんぐるまーと」は、沖縄本島で歌われる「遊び歌」で、歌詞は即興で歌うのをよしとするので、歌う人によって歌詞が異なり、決まったものはないという。
      

 上原氏は、宮古民謡の「かにくばた」と「にんぐるまーと」を流した。メロディーは本当によく似ている。曲の旋律が似ているだけではなく、決定的なのは、軽快で特色ある「うたもち」(前奏)がソックリであること。さらに、「にんぐるまーと」の題名が入った特異な長い囃子がほぼ同じである。これは、まさしく異名同曲というべき存在である。

 上原氏は、「どちらが先なのか詮議できないが、メロディーは沖縄的(沖縄本島的)、琉球旋法(注・琉球音階)である」と言う。民謡のはやり歌は、宮古と沖縄本島は交流があるから「ごっちゃになったのだろう」とものべていた。 

 

 「かにくばた」に似た「高離節」

 「高離節(たかはなり)」は琉球古典音楽である。初めて聞いたとき、宮古民謡の「かにくばた」にそっくりなのでビックリした。この曲は民謡としても歌われており、こちらは歌詞が6番くらいまである。『野村流工工四拾遺』から歌詞を紹介する。

 
 「高離節」

♪高離島や物知せ所 にや物知やべたん 渡ちたばうれ

♪かすみ立つ山や 梅の花盛り 風にさそはれる匂のしほらしや

歌意

高離島(現在の宮城島)はものを教えてくれるところ もう十分解りましたから島を渡らせてください

霞がたつ山は梅の花が満開である 風に誘われて花の匂いが香しい

 工工四では、歌の間に「シタリヌヨゥ ンゾゥ」「ハーイヤ マタ シタリヌヨゥ ンゾゥ」といった囃子が入る。これについて、「此の囃子は原本にはないが俗間に流布されているもので参考のために記す」と注記されている。

    

 歌の舞台は与勝半島沖に浮かぶ宮城島である。いまは海中道路と橋で4つの島がつながっているが、昔は離島だった。宮城島の眺めのよい場所に歌碑が建立されている
 この歌は、18世紀に薩摩に首里王府を告発する投書をしたことで、政治犯として処刑された悲劇の文学者、平敷屋朝敏である真亀(マガミ)が、士族から百姓に落とされ、流刑にされた宮城島で詠んだ琉歌である。
 夫が悲憤の死を遂げ、島流しにあう辛さ、寂しさに耐えながら、故郷への思いを募らせ、「生まれ育った地に命あるうちに帰りつけますように」という真亀の心情が込められている。
 朝敏が
安謝港で処刑されたのは1734年である。真亀がこの琉歌を読んだのはその何年か後だろう。「高離節」は18世紀に創られたとすれば、それほど古い時代の古謡ではない。

 沖縄の歴史と民謡に詳しいTさんは「高離節は、朝敏のが詠んだ悲しい歌であるにもかかわらず、テンポのよい曲ですよね」と指摘する。
 確かに、島流しにされた辛さ、故郷への切ない思いなど込められている歌なのに、曲の前奏、旋律とも明るくテンポがよいのでなんかミスマッチの感じがしないでもない。軽快な曲調だからなのか、エイサーでも使われている。
 宮古民謡の「かにくばた」と前奏と旋律はほぼ同じである。ただし、曲のテンポは「かにくばた」の方が早くてノリがよい。大きな違いは、囃子が「かにくばた」で歌われる「サーハラユイサー クラユイサーッサ ウショーニショーヌ ニングルマートゥ マトゥヨー」という面白い囃子とはまったく異なることだ。この囃子は、「高離節」の歌の内容にも合わないから当然のことだろう。
 


沖縄の民謡 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「琉球民謡の変容、その続編」。でんさ節に似た御船の主

「でんさ節」に似た宮古の「御船の主」
 RBCラジオ番組を聞いていると宮古民謡が流れてきた。「この曲は初めて聞くけれど、なんか他の有名な曲に似ているなあ」と思って聞いていた。「そうだ。デンサー節とそっくりだ。それも八重山民謡のでんさ節に似ている」と気づいた。
 RBCラジオホームページで、番組中に流された曲を調べてみると、宮古民謡唱者の仲宗根豊さんが歌う「ウーニぬ主」という曲であることが分かった。
 平良重信著『解説付(改訂版)宮古民謡集 宮古方言の手引き』のを見ると「御船の主」(ウーニヌシュウ)として掲載されていた。
 この曲の歌詞とその由来について紹介する。

 「御船の主」
1、赤ばに髪(カラズ)ぬ頃(パダ)んから みまゆつぬ頃んから
   イラカナス ウーニヌ主ユ ※ハヤシは2番以降省略
  (髪が赤い幼児の頃から 前髪が目眉まで伸びている頃から) 
2、貴方(ウワ)ゆていど思ふたず かなしやゆていど見んたず
  (貴女を嫁にと思っていた 愛しい人をと見込んでいた)
3、人(ピト)がたきなたりや どうむつだきなたりや
  (一並みになったので 世帯を持てほどになったので)
4、夫婦(ミウト)なしうば どぐうならしうきばど
  (夫婦にしておいたが 一緒にしておいたけど)
5、行三月なぱな 肝(キム)ぬ染(スウ)んばなんなよ
  (<嫁に>行き三月になる頃に 胆心が染まる頃には)
6、今日(キュウ)なりば かわがあ 明日(アツア)なりばぬぬぎ(ママ)
  (今日になれば又気が変わり 明日になれば離ればなれ)
7、ぶんすきがまぬどいかんぬよ だいなみがまぬどいかんぬよ
  (ぶんすきがまが良くないのか だいなみがまが良くないのか)
8、ぶんすきがままいゆうどすよ だいなみがままいゆうどすよ
  (ぶんすきがまも夜の友よ だいなみがまも夜の友よ)
     
※ハヤシの「イラカナス」は「とても愛しい御船の主よ」という意味である。
 平良氏の曲目解説によると、次のような伝承がある。表現が現在ではふさわしくない言葉があるので、少し変えた。

 新里村(現在の宮古島市上野の新里地区)に住んでいた御船の親という方がおりまして船頭として琉球(沖縄本島から船に乗って)からの帰りに逆風に遭い南の島あふらという島に漂着して、現地の人間に捕まえられ殺害された。その妻ブナクイは夫亡き後この歌を歌い夫を偲んだと伝えられている。
 宮古民謡集では「御船ぬ親あやぐ」としても掲載されているが、歌詞は同一である。

 仲宗根幸市編著『琉球列島島うた紀行 八重山諸島 宮古諸島』は、さらに次のことを付記している。
「彼女はわずか3カ月で夫と死別して、実家に帰っても毎日泣き暮らしていたと伝えられている。また、彼女は再婚したが、あまりに前夫への思いが強く、夫はブナクイを殺し自らも自害したという凄惨な伝承もあるようだ。この歌、宮古民謡の中でも情感が深く、美しい旋律は胸をうつ」
 この曲の歌詞は7,8番がとても難解である。宮古民謡の唱者、砂川国夫氏はブログで平良氏の著作を参考にしながら解説しているが、そこでは「7番8番のぶんすきがまとだいすきがまは人の名前だと考えられます」と述べている。 8番の歌詞は平良氏とは異なる解釈をして「ぶんすきがまは見事だった だいなみがまも豪華だった」と訳している。

 仲宗根幸市氏は、両者とはまったく別の解釈をしている。7,8番の歌詞と訳文を仲宗根幸市編著作から紹介する。
7、盆敷(ぶんすき)がまぬどぅ いかんぬよ だいなみがまぬどぅ いかんぬよ
  (膳立てが悪かったのか、食事の用意が悪かったのか)
8、盆敷がままい ゆうどぅすよ だいなみがままい ゆうどぅすよ
 (膳立てがよくやった。食事の用意もよくやったよ)
 どの解釈が正当なのか私には判断できない。

 御船の親の御嶽
 宮古島市上野(旧上野村)字新里に「御船の親の御嶽」(ウウニヌシュウヌウタキ)という拝所がある。御嶽の由来を説明板から紹介する。
 <「宮古島旧記」に「野崎真佐利南の島より連れ帰りし事」と題する記事がある。御船の親は船頭として琉球へ上がり、帰途逆風にあって南のアフラ島に漂着した。水主、野崎真佐利は島の女に取合って夫婦の契を結び、島の風俗を女から教えられたが、御船の親は殺された。真佐利は女の協力によって島を脱出し、御船の親の首を新里まで持ち帰ることができた。
 この御嶽は持ち帰った首を納めたミヤーカ墓の跡である。>
 
 台湾の東に浮かぶ島
 アフラ島とは、台湾の東の洋上に浮かぶ小さな「緑島(火焼島)」を指すとのことだが、緑島には同様な伝承はないという。
 緑島を地図で見てみると、確かに台湾から東に少し離れた洋上に小さな孤島がある。宮古島、八重山から船が流されると、漂着するような位置関係にあるので、そんな伝承があるのもうなずける。
 さて、「御船ぬ親」の工工四(楽譜)を見て三線で弾いてみると、たしかに「でんさ節」と曲調と似ている。といっても、前半部分とは似ているが、後半部分はちょっと違うようだ。
それに「でんさ節」は八重山民謡でももっとも典型的な教訓歌である。でも、この「御船の親」は教訓歌ではない。古い伝承によると亡き夫を偲ぶ歌詞である。
 あまりにも歌詞が違うので、似て非なる曲ということかもしれない。民謡が島から島へ、村から村へ、人から人へ伝わる場合、旋律と歌詞が少しずつ変化をとげてゆくが、多少は似た部分が残るのが普通である。
 もし仮に、「御船の主」と「でんさ節」が同じ元歌から出ているとすれば、宮古島の「御船の主」は歌の由来となる伝承があるので、この曲が替え歌とは考えにくい。
 
 「でんさ節」
 「でんさ節」は、西表島上原村の与人を勤めていた宮良親雲上里賢が当時、村の風俗が乱れていたため教訓歌をつくり流行らせたという(仲宗根幸市著『琉球列島島うた紀行』から)。
 歌詞と歌意は次の通り。

「でんさ節」
1、島持つと家持つ 船のるとゆぬむぬでん 船頭船子親子揃にばならぬ
2、親子かいしゃ子から兄弟かいしゃ弟から きない持つかいしゃ嫁の子から
3、人の大胴やかなさねぬ 肝心どかなさーる 肝心良持つばど世間や渡らり
4、むにいざば慎み 口の外出すなよ 出だしから又も飲みぬならぬ
5、車や三寸の楔しど 千里の道も走りみぐる 人や三寸の舌しど大胴や食いして
        
1、島(村)を治めることと家庭を営むことは 船を操ることと同じである 船頭と
 船子、親と子(村長と村びと)が 揃わなければ(心が一つでなければ)ならない
2、親子の仲がよいのは子の心掛け次第 兄弟姉妹の仲がよいのは年下の心掛け次第 
 家庭の営みが円満であるのは 嫁の心掛け次第
3、人の大きな身体は愛らしくない 胆心こそ愛らしい 胆心をよく持ってこそ 世間を渡られる 
4、ものを言う時は慎めよ 口の外に出すな 一度出したら二度も飲むことはできない
5、車は三寸のクサビで千里の道も走り回る 人は三寸の舌で人生を台無しにする

 これらは古くから八重山の島々に生きる人々が、大切にしてきた人生の道しるべがうかがわれる教訓歌である。 
 ただし、士族が教訓歌を作る場合、旋律から新たに創作するよりも、教訓を詠んだ琉歌をすでに知っている歌の旋律にのせて歌うことが手っ取り早い。
 民謡のなかで、民衆の日々の暮らしや労働のなかで心の中から湧き出る思いを歌った曲や実際にあった出来事をテーマとする叙事的な曲は、歌詞と旋律は密接なつながりをもつけれど、教訓歌の場合は、歌詞と旋律は一体性がなくてよい。好きな旋律にのせればよいだけだ。

 そう考えれば、八重山の「でんさ節」も、すでにあった旋律をもとにアレンジを加えて作詞・編曲して作ったこともありうることではある。
 はたして「でんさ節」は「御船の主」の元歌としているのか、それとも曲調が似ているのは偶然の産物なのか、真相はよくわからない。
 幸い、YouTubeに両曲ともアップされているので、それを紹介しておきたい。それぞれの歌の内容や魅力を味わうことにしたい。


沖縄の民謡 | コメント:0 | トラックバック:0 |

王府時代の親廻りとは。「琉球民謡の変容、その続編」追記

  王府時代の親廻りとは

 「琉球民謡の変容、その続編」で「親廻節」を紹介したが、喜舎場永珣著『八重山民謡誌』
で、「親廻節」の詳しい解説が書かれているので、琉球王府時代の親廻りがどのようなものであったのかを知るために、紹介しておきたい。民謡の背景や歌の意味を知れば、歌うときにもその情景を思い浮かべながら歌うことができる。
<親とは、在番、頭をはじめ、惣横目、与人などの高官に対する尊敬語である。親廻は、その高官のほかに目差一人、蔵筆者一人、若文子、仮若文子などの諸役人の一行が毎年春秋の2回、出張巡視すること。
 今年の春、石垣島の各村を巡視したら、秋には離島の島々を巡視し、来年はその反対であった。その目的は各村ならびに島々の政治行政、納税や御用布の状態、農事の興廃と風俗の改善、人口の繁栄策などをいちいち監督指導し、また調査研究された。在番頭職などは各々駕籠に乗って、その他は馬で巡視した。

 駕籠舁(カ)きは、その村の屈強の若者を選出したが、それに選ばれた者は、村の青年の羨望の的であり、名誉であった。この「カゴカキ」には、俗に「四人控え」と称して、4人の人夫を附与される特権があり、4人の人夫は自分の田畑で使用していた。
 駕籠の重さは、180斤から、200斤もあったと伝えられる。
 親廻の一行に対する歓迎は、その村の村役人をはじめ、村中の者たち総動員となり、料理係、材料収集係、余興係、炊事係、給仕係、お伽係に、全生命を堵して他村他島に負けないように村を挙げて歓待した。
 たとえば、黒島の「マツコン」の吸い物、西表の猪の石焼料理、野底村のガサメ肉のカマボコなどが珍味されたと、頭職や与人の古老が実話を話しておられた。中でも在番頭職などのお伽に選ばれた女性は名誉で村の婦人女子の羨望の的であった。
 注・「マツコンの吸い物」とは何か。黒島出身のサークル仲間に尋ねたところ、「まっこん」とはヤシガニのことだという。
         060_2020082722294171e.jpg
               川平湾
    
   親廻一行が村に差しかかる時、村中の男は村の入口に「袖結(スディユイ)」と称して、両袖から手拭いを通して後首のところに結んで土下座、婦女子は同じく土下座して両手を合唱して、頭を垂れて迎えたものである。
 親廻は、現今の沖縄における「政府役人の大名行列」のような趣旨であるが、親廻は封建時代における村を挙げての大騒動の歓迎と監督指導を行う点が異なっている。
 この歌は、名蔵村を皮切りに崎枝村、川平、桴海、野底、伊原間、平久保、安良、伊原間、桃里、白保、宮良、大浜、平得という順序で親廻を実施したという歌である。「駕籠かき」の「ヒョーホー」の掛声は、遠方から聞こえ、村民は道路に集まって歓迎したのである。>
 
 ここで喜舎場氏は、在番頭職などのお伽に選ばれた女性は「名誉」で村の女性の「羨望の的であった」と記している。この喜舎場氏の見解は、一面的であると思う。
喜舎場氏は、役人が単身赴任して来る時、村の美女を賄女(現地妻)にすることについても、同様に「羨望の的」と解説していることに強い批判が出されている。それは、役人が目を付けた美女を、権力を利用して半ば強制的に現地妻とする。その上、任期を終えて帰る時は、家族として過ごした妻や子どもを一方的に捨てて帰っていく。女性を犠牲にする理不尽な習慣だったからである。
 詳しくは、わがブログで「愛と哀しみの島唄」などで書いたことがある。関心があればそちらを読んでほしい。
 親廻りは、あまりに過度な出迎えやご馳走をすることは不要だと王府からも注意が出されていたことをすでに書いた(『与世山親方八重山島規模帳』)。
 それでも、他村他島に負けないようにと「歓待した」のが実際だろう。同時にそれは、村の人々にとって、大きな負担になったことがうかがえる。



沖縄の民謡 | コメント:0 | トラックバック:0 |

昆布をめぐる富山の薬売りと薩摩藩の深い関係

昆布をめぐる富山の薬売りと薩摩藩の深い関係

 

 NHKテレビで、「歴史ヒストリアーー富山の薬売り 知恵とまごころの商売」(20205.27)を見た。番組後半で、富山の薬売りと薩摩藩の昆布をめぐり深く関わりがあったことを探っていて興味深かった。

 わがブログでも、これまで薩摩藩が北海道などの昆布を手に入れ、琉球を経由して中国に輸出し、中国から輸入した唐薬種が富山に流れていたことを取り上げたことがある。今回の、番組は、とくに薩摩藩が昆布を入手するうえで、富山の薬売りが重要な役割を果たしていたことを明らかにしていた。薬売りの介在については知らなかった。それで、この部分にかかわるところの要旨を私流の理解で紹介する。

 富山の薬売りで、9代続いた金盛家は、家宝として、幕末に薩摩藩の国父・島津久光公から拝領した太刀がある。

 富山の薬売りは、「先用後利」で常備薬の入った薬箱を各家に置いてもらい、定期的に巡回して使った分だけ代金をもらう置き薬の販売方式をつくりだした。

薬売りは、全国22組に分かれて各地を回り活動していた。薩摩組もその一つだった。

ところが、悩ましいことに薩摩藩が富山の薬売りを差留(営業停止処分)するという知らせが内々にあった。薩摩の差留は5度目。全国でも特に差留が多かった。

薩摩は、火山が多く米作りに適さない土地。さらに将軍家に島津家の女性を嫁がせたためその費用が財政を圧迫。藩内の富を渡すまいと薬売りを厳しく制限した。薬売りたちは、差留を回避できないか薩摩藩町年寄、木村与兵衛に相談した。

木村が、その方策としてあげたのが昆布だった。

 「薩摩藩は財政改革をするため中国貿易を活発にしなければならない。その最大の輸出品が昆布だった」(志學館大学教授の原口泉さん)。

中国・清では昆布が食材として珍重された。薩摩藩は蝦夷の昆布を手に入れ、琉球を中継して中国に輸出しようと考えた。ところが、昆布の輸出は幕府しかできない決まりだった。

幕府に知られなく昆布を入手できないか、薩摩藩が注目したのが富山の薬売りだった。

富山は当時、蝦夷と大坂を結ぶ海運の中継地点。昆布の入手は比較的容易だった。

だが、薩摩藩との関係が公になれば幕府に追及され、罪に問われかねない。しかし、薬売りは決断した。

富山の薬売りと薩摩藩との間の昆布取り引きに関する史料がある。薬売りたちが薩摩藩からお金を借りた。その額は500両。現在の価格で6000万円余りとなる。この頃、別の史料では富山から薩摩藩に昆布が届けられたと記されている。
      薩摩から500両、NHK
             薩摩藩から500両借りた史料(NHKの画面から)

500両は大変な額ですから、昆布の買い付けを依託したお金としか解釈できませんよね」(原口)

巧みに幕府の目を逃れる取り引きだった。薬売りたちの差留は回避された。

「ようやく薩摩のお客さんへ薬を届けることができるようになりました」いう薬売りたち。

一方、薩摩藩は財政を再建、軍備の西洋化など明治維新につながる実力をつちかっていく。「昆布の取り引きで得た資金がそこに投入されたと見るべきでしょう。昆布によって薩摩藩は財政破綻から脱出して日本一最強の藩によみがえったといっても過言ではありませんよね」(原口)

 

薩摩藩と富山の薬売りたちの関係はこれだけにとどまらない。その後も続いた。

1862(文久2)年、薩摩藩の軍勢が京へ出発した。軍勢を率いたのは島津久光だった。

史料では、久光がこの時、富山の薬売りを同行させたことがうかがわれる。驚くべきことを命じていた。「密命を申し付けた」(願書留)。

命令された一人があの刀をもらった金盛五兵衛。その命令とは、なんと隠密、スパイだった。薬売りの仕事は、比較的どこにも出入り自由である。それを利用して情報を得たと思われる。さらに自分達のネットワーク(薬売りの)を生かして全国から情報を集めた。

「久光というのは45歳で始めて中央政界、京都へ行ったわけです。これはなんのツテもありませんから、長年の信頼、取り引きの信頼に基づいた関係ですから、久光にとっては頼もしかったでしょうね。」(原口)

これらの情報は、暴走した藩士たちの、いわゆる「寺田屋事件」を静めるさい役立ったといわれる。

五兵衛はまた、病になった薩摩藩の樺山資紀(後の海軍大将)を看病した。こうした働きの礼として島津久光が贈ったのが金盛家の太刀だった。

あらましこのような内容だった。

 

この番組は富山の薬売りと昆布の入手だけに焦点をあてていたが、薩摩藩と昆布、富山の薬との関係はこれだけにとどまらない。中国に輸出された昆布が薩摩・琉球への運ばれる密売ルートがあり、さらに中国から輸入した品物のなかに唐薬種があり、富山の薬屋に流されていたという。 

昆布の密売ルート

    富山薬売りと昆布、NHK 
                昆布は中国で珍重された。NHKテレビから

ここで、最近、昆布について書いたブログから、再掲しておきたい。

中国から買い取る品物のなかに唐薬種がある。これと琉球が販売する昆布とは密接な関係があった。

<昆布が採れない沖縄の昆布消費量が全国上位を占める背景に、薩摩支配下の琉球と清国との交易関係がからみ、蝦夷地(北海道)で採れる昆布が薩摩・琉球へと運ばれる密売ルートがあった。漢方薬の原料「唐粗材薬」を必要とする富山の売薬人側と大量の昆布が魅力の薩摩藩との利害が一致した。北前船に積まれた昆布を日本海沿岸のどこかの湊で積み替え、薩摩に直行。長崎以外で輸入は禁制の唐薬種を売薬人が密かに購入するという取引方法が行われていたのではないか。琉球に運ばれた昆布は那覇湊にあった「昆布座」(注・在番奉行所の隣)に納め、中国へ輸出された。薩摩は進貢貿易を利用し莫大な蓄財をなし,「『昆布』は、討幕へと富国強兵を勧める牽引力ともなっていった」(竹内經氏著「幕末の琉球を探るーー琉球へ運ばれた昆布の道」)。>

 

薩摩船が来ていた新潟湊

では、どこの港で積み替えが行われていたのだろうか。

上原兼善氏は「薩摩船が唐薬種類を新潟湊で松前産の俵物・諸色の類と換えていた」と指摘している(『近世琉球貿易史の研究』、「薩摩船による北国筋における抜荷」)。

俵物(たわらもの)とは、俵に詰めて輸出された煎海鼠(いりなまこ)・乾鮑(ほしあわび)・鱶鰭(ふかひれ)の海産物のこと。諸色(しょしき)は、昆布、テングサ、スルメなど。

薩摩湊浦の八太郎の持ち船が183510月、長浜藩領村村松浜に漂着、積荷物として唐薬種・毛織物・犀角等の御禁制品を多く積み込んでいた。これが発覚して、関係者が処罰された。村松浜遭難薩摩船事件と呼ばれる。

幕府の命を受けて探索にあたった川村修就が報告書「北越秘説」のなかで、次のように報告している(要旨)。

<新潟町で琉球廻りの唐物抜荷を密かに探索したところ、事件が発覚する6ヶ年ほど前までは毎年6艘ぐらいずつ薩摩船の入津があり、春は薩摩芋、夏は白砂糖・氷砂糖などをもたらし、船の下積みとして唐薬種・光明朱(色鮮やかな上等な朱)などを多量に積み込んできて公然と交易していたこと、領主もそれを了解し、薩州船よりは特別な運上を取り立てていたこと、そして不正の唐物は奥羽をはじめ、北国筋にも出回っていたことなどを情報として摑んでいたのである。>

事件は「同湊が琉球唐物抜荷の北国の拠点であったことを象徴的に示していた」。

幕府は、松前・蝦夷地より、煎海鼠・干鮑・昆布が薩摩・越後辺りへ抜け散っているとの風聞を指摘して、長崎会所以外への販売を禁じる抜荷取締り令を発していた。(『近世琉球貿易史の研究』)

 

「新潟湊には春秋2度にわたって薩摩船が入船し(春船・秋船)、唐薬種・砂糖・鰹節・芋などの類をもたらしていたが、事件は唐薬種の類が新潟から、またさらに越中富山・信州・上州にまで抜け散っていたことを示していた」「薩摩船が九州へ下るにあたっての積荷は、松前産の俵物・諸色の類が主力をなしていたであろう」(同書)

このようにして、松前産の昆布などが薩摩に大量に運ばれ、それが琉球を経て中国に輸出されていたのである。

この項は、ブログ「レキオ島唄アッチャー」の「『冠船付評価方日記』を読む」から。

 


日本の歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「琉球民謡の変容、その続編」。しゅうら節とカイサレー

 「カイサレー」の元歌は「しゅうら節」

 沖縄民謡の名曲に「かいされー」がある。早いテンポとゆっくりしたテンポの二通りある。この曲は、もともと八重山民謡の「しゅうら節」だという話を最近聞いた。

  新崎善仁著「沖縄の民謡『かいされー』とその素性を探る」という論文によると、「かいされー」のメロディーが、どこか八重山民謡の「赤馬節」のチラシに登場してくる「しゅうら節」によく似ているという(『八重山民謡の考察』)。

 「赤馬節」は、八重山では祝儀歌、舞踊曲として、最初に演奏する習慣がある。曲名の由来としてその昔、赤毛の名馬がいてその噂が首里王府にまで聞こえ、国王に献上することになり、別れの時に作られたというエピソードがある。でもいまは別の歌詞で歌われる。
 私が通っている八重山民謡サークルでも、毎回、最初に「赤馬節・しゅうら節」とセットで演奏するので、馴染んでいる曲である。

 「赤馬節」の(ちらし)として使う場合、次の歌詞で歌う。
     
     「赤馬~しゅうら節」

 「しゅうら節」

  1、今日ぬ日ば 黄金日ば 本ばし ヤゥ エイ シュラ ジャ ンナヤゥ(以下ハヤシ省略)
  〔今日の吉き日を、黄金のような日をもとにして〕
 2、夜ぬ七日 昼ぬ百日祝いす
   〔夜の七日間お祝いし、昼の数日間も続けてお祝いする〕

 この曲は別の歌詞があるけれども、「赤馬節」に続けて「ちらし」として歌う場合は、この祝いの歌になる。八重山では嫁をめとる際の教訓的な歌として祝宴の座開きのおめでたい歌「赤馬節」とセットして弾かれることが多い。お祝いといっても、夜は7日、昼も百日祝いと歌うので、半端ないお祝いである。
 
 明るい感じで演奏するので、情歌で「かいされー」と似ているとは、まったく想像しなかった。「しゅうら節」は本調子、「かいされー」は情け歌でよく使う三下げの調弦で歌うので余計、印象が異なっているのかもしれない。でも、実際は深い関連がある。

 「カイサレー節」は、早弾きとゆっくり弾きある。「しゅうら節」と似ているのはゆっくり歌う方である。その場合、歌詞はいろんな歌詞で歌うので、決まったものはない。ここでは、私が通うサークルの由絃会の工工四(楽譜)から紹介する。

 「カイサレー節」

1、夢に里お側 並べたる枕 吹ちゆうじゅますな 恋の嵐

 (夢に彼と枕を並べる幸せな一時を、目を覚ませてくれるな、切なくなる)

2、今日やぬやがゆら 面影の勝て とかく今時分 我沙汰みせら

 (今日は何故か彼の面影が勝って見える 多分今時分は私の噂をしているだろう)

3、忘らていすれば 志情けや深く 思切ゆんすれば 思どましゅる

 (忘れようとすれば情けは深く、思いきろうとすれば思いは増すばかり)

4、情ある露ど 花の上や降ゆる 真実の思のあだになゆみ

(情ある露が花に下りて花を咲かすように、真実の愛情が無駄になる事はないだろう)
 歌意は『由絃会教本の解説』によるが、少し簡略にした。
 他の歌詞を見ても、「風や北吹ちゃ小 歌小流ちゃしが 風ぬ持ち流し 無蔵が聴ちゅみ」(風は北風 それに歌を流したが 風が持って流して 彼女は聴くまい)というように恋歌が多い。ゆったり歌う三下げ「カイサレー」は、しっとりした味わいがあり、情歌、恋歌にぴったりあうのだろう。

      
          「カイサレー節」
    
 
「美しい」から「かいされー」へ
 「しゅうら節」と「かいされー」との関係については、すでに普久原恒勇編の『沖縄の民謡』の中で指摘し、解説されているという。新崎氏の引用から紹介する。

<『その歌(注・「かいされー」)は一名「じんとよー節小」といって、沖縄本島では昔から「遊び唄」として広くみんなから親しまれてきた歌である。歌詞は一定のものではなく、その時、その場に応じて即興で歌うことを建て前とし、正しくは「かいしゃ」という八重山の方言の「美しい」という意味であるが、いつのまにか沖縄方言になまって「かいされー」と呼ぶようになったということである。…この歌のよさは即興で歌われるだけに風刺に富んだところにあるといわれている。

 その曲そのものは八重山民謡「赤馬節」の「チラシ」に出てくる「しゅうら節」であるが、そのメロディーが、いつのまにか沖縄本島に持ち込まれアレンジされて「遊び唄」の代表的な歌として定着し、今では、強いて八重山民謡だ!とはきめつけられない程、沖縄化し、本島での遊び唄になっている。』(新崎善仁著『八重山民謡の考察』)>

 
 ちょっと聞くと、「しゅうら節」と「かいされー」はまるで似ている感じはしない。
 だがゆっくりしたテンポで三線で演奏してみると、なるほど、メロディーラインはよく似ている。かつて、若者らが野原に集い遊んだという「毛遊び(もーあしび)」では、歌三線に欠かせない曲だったという。

 「かいされー大会」も毎年、南城市の大里城址公園で開かれている。南城市を詠んだ琉歌を「かいされー」の曲調にのせて歌三線を奏で競う大会である。でも、元歌は八重山民謡だと知る人は少ないのではないだろうか。

 

 八重山の「しゅうら節」にも、「遊びしゅうら節」(竹富島)という曲があるという。新崎氏は次のようにのべている。

 <竹富島の喜宝院の住職上勢頭同子氏の話によれば、竹富島ではその昔、教訓歌「しゅうら節」のメロディーがあまりにも叙情的であったためか当時の若者等はその哀調帯びた旋律に魅せられ、いつしかそのメロディーが若者の偲いを秘めた替え唄(遊び唄)として定着し、大正の頃までさかんに謡われていたという。島ではその歌を「遊びしゅうら節」と呼んでいたという。>

 新崎善仁氏は、私見と断った上で<遊びしゅうら節」がひょっとしたら沖縄本島に「遊び歌」として、持ち込まれた情歌「かいされー」歌へと発展したのではないかとも考えられる>とのべている(新崎善仁著『八重山民謡の考察』)。

 沖縄民謡にも「シューラー節」という曲がある。「ヤッチャー小(グヮ)」のチラシとして速弾きで続けて演奏される。八重山民謡の「しゅうら節」とは、まったく旋律も歌詞も異なり、同名異曲であるらしい。

 新崎氏は、八重山民謡が沖縄本島に持ち込まれ沖縄化した事例を次のように挙げている。西表島の「真山節」が歌劇「伊江島ハンドゥー小」の主題曲「ハンドゥー小節」に、竹富島の「まざかい節」が沖縄の雑踊り貫花「武富節」(たきどぅん節)へ、「バナレーマぬ前ぬ渡」が琉球古典の「遊びションカネー」へ、石垣島白保の「しんだすり節」が喜歌劇「馬山川」と等々と数え挙げればきりがないとのべている。

 

 なぜ八重山民謡が採り入れられたのか

 それにしても、沖縄芝居・歌劇の役者たちがこぞって、八重山民謡を採り入れアレンジしたのはなぜだろうか。新崎氏はその理由を次のようにのべている。

 <その一つは八重山民謡の中には、当時世にも悪税といわれていた人頭税の厳しい環境の中で耐え忍びながら生きてきた庶民の生きざまを謡ったものが多く、しかも物語り風の歌が作者等の心を捉えたのだろう。また、今一つは八重山民謡には多彩な謡法と幅広い音階を兼ね備えたものが多く、しかも、変化に富んだメロディーが多い、恐らく、作者はそれに魅かれたのであろうと考えられる。言えることは、これら採り挙げられた題材はすべて当時の庶民生活に相応しい身近なものばかりで新鮮味に富んだ題材が多かったからであろうと考えられる。それにしても、当時の芝居役者等の感覚と発想の素晴らしさには只々頭が下がる思いがする。(新崎善仁著『八重山民謡の考察』)>
 
 八重山民謡は、古典民謡と言われるように、王府時代の厳しい生活と労働の中から生み出された歌であり多彩で変化にも富んでいる。沖縄本島の役者らにとっても、とても新鮮な刺激と感銘を受け、沖縄芝居・歌劇に相応しい題材として、採り入れられたことがわかる。



沖縄の民謡 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「琉球民謡の変容、その続編」。真山節と伊江島ハンドー小

 「真山節」と「伊江島ハンドゥー小」
 西表島の真山村を舞台にした民謡に「真山節」(まやまぶし)がある。これは、人気のある名作歌劇「伊江島ハンドゥー小(グァー)」の主題曲「ハンドゥー小節」と似ている。
 「真山節」の歌詞と歌意を紹介する。
      
 「真山節」
1 真山村加那ぶざ 出水ぬまびぎりゃー 妻やねーぬ加那ぶざ 
    マンカヤネーヌマビギリャー  マンカーヤゥヌ ハイトーヤ
 (真山村の加那おじさん 出水のお兄さん 妻はいない加那おじさん
  女房はいないお兄さん)
2 妻やねーぬでうら知んな まんかやねーぬでうら知んな すいちゃーまばまんか 
  があさーまば女童  マンカーヤゥヌ ハイトーヤ
 (妻はいないとあなたは思っているのか 女房はいないとあなたは思っているのか
  スイチャーマは私の女房だよ ガアサーマは私の恋女だよ)
3 すいちゃーまん孕ません があさーまん包ません すいちゃ子や男な子(びふなふぁ)
 があさー子や女な子(みどぅなふぁ)  マンカーヤゥヌ ハイトーヤ
 (スイチャーマも孕ませてあるよ ガアサーマも身ごもらせてあるよ スイチャーマの 子は男の子に違いない ガアサーマの子はきっと女の子だよ)
       
 歌はこの後も続く。4番は、まだ生まれていない二人の子供につける名前も決めている、5,6番は、子供たちへの財産分与を決めている、7,8番はその子守り二人への財産分与まで用意している。
妻はない独身かと思った加那おじさん。実は妻もいる、恋人がいて、妊娠している、男女二人の子どもの名前を決め、家や田畑の財産分与を決めてあり、子守りの財産分与まで決めてある。
 とても面白い歌である。

 そんな曲が、沖縄三大悲劇の一つである「伊江島ハンドー小」の主題曲として使われているというのは、ちょっと意外な感じがある.

      
016_202005121345403ba.jpg 
      伊江島タッチュー(城山)
 
 「伊江島ハンドー小」は、真境名由康の傑作。1924年(大正13年)の初演である。これは明らかに八重山の「真山節」より新しいので、歌劇にそった内容の歌詞を「真山節」の旋律にのせて歌ったのだろう。
 この歌はいま、YouTubeでもアップされて聞くことができる。だが歌詞は手元にない。

 その代わりにこの歌劇のあらすじを紹介して置く。
 本島北部の国頭村辺土名にハンドー小という娘さんがいた。伊江島の島村家の男・加那が乗る船が遭難し辺土名に着く。加那をハンド―小が世話するうち恋仲となる。実は伊江島に妻子を残してきた加那は、ある日突然ハンドー小に何も告げず、伊江島に帰ってしまう。恋人の真心を信じるハンドー小は、親切な船頭主の計らいで、加那を追い伊江島に渡る。しかし加那や島の人たちに冷たくされ、加那の父に暴力を振るわれる。ハンドー小は城山で命を絶ってしまう。そんな悲しい物語である。
 この歌劇には、「与那国ションカネー」なども使われている。
 もともと沖縄芝居・歌劇は、沖縄古典音楽から沖縄民謡、八重山民謡とたくさんの名曲を使い、それに歌劇の内容にそった歌詞をのせて歌うのが通例である。この場合は元歌と替え歌の区別がはっきりとしている。

 

沖縄の民謡 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |