レキオ島唄アッチャー

奥間鍛冶屋の伝承をめぐって(4)、金満按司

 奥間鍛冶屋の始祖、金満按司
 次に、按司時代の国頭村、国頭按司について、『国頭村史』から見ておきたい。
  <国頭按司の始祖及び発生期は不明である。部落間における統一の過程を経て、ある部落の根人が現在の大宜味村を含む地域の支配者になったのであろうが、物語の上では尚円王の15世紀後半になっている。
  本村奥間の鍛冶屋すなわち東(あが)りは、奥間最古の家で約700年前の成立といわれている。同家は浦添間切謝名村で鍛冶をしていたと伝えられる奥間大親(うひやー)の二男に始まっている。長男の察度は1349年王統を樹立するが、二男の金万(かねまん)は国頭間切奥間に下り、ここで鍛冶屋業を行なった。これが奥間鍛冶屋の祖である。後に金丸(尚円王)が伊平屋から宜名真(ぎなま)に遁れ、さらに与那覇嶽麓の屋取(やどり)に隠遁したとき、食糧を運んで援けたのはこの子孫であった。その功により同家の二男系が国頭総地頭に任ぜられ(長男は固辞して鍛冶職を世襲)、ついでその4代目が国頭按司に任ぜられた。これが馬姓国頭家であり、王族以外の者で、明治時代まで残った唯一の按司といわれている。…
かなりの粉飾があるようであるが、一方では物語を成立させる要素も豊富である。>
                 宜名真
                    金丸が遁れたとの伝承がある国頭村宜名真
 『国頭村史』は、時代背景と奥間鍛冶屋・国頭按司について次のようにまとめている(要旨)。
 第一に、察度は日本商船のもたらした鉄塊を買い取り、これで農具を製造して百姓たちに与えた人であるから、その父奥間大親と鍛冶の物語は、この辺から創作された可能性がある。事実、そのころは、沖縄の鉄器輸入期であった。
 第二に、奥間大親と国頭間切奥間との呼称の一致である。奥間のまく名は「かねまん」で、そこの根所となった祖名の金万と一致している。金万がまく名「金万」を負ったとみられる。
何故金万が奥間に下ったか、その理由も不明である。兄の察度が天下を支配するのであるから、鍛冶業は軍事的・政治的・経済的方面から重要度が増大したに相違ない。
 第三に、国頭按司の最初は馬似竜(国頭正教)である。16世紀半ばころに、国頭按司の出現をみたことになる。 
              053.jpg
               奥間鍛冶屋。中に昔の鍛冶屋の情景を描いた絵がある
 第四に、国頭按司のことは馬似竜以前にもみえている。国頭按司は北山が統一される過程において、北山王に服従を余儀なくされた。それが尚巴志の北山攻略に際しては巴志に内応して、北山を滅亡に導いた。これが馬姓国頭按司と同系のものであるかそれは不明である。
  おそらく国頭按司は按司発生期のころからの国頭の領主であり、それが馬似竜に至って身分上の公的按司に任命されたのであろう。

 ここで「まく名」と言っているのは、『国頭村史』によると、昔は部落のことをマクと称した。国頭村は旧部落のマク名は、浜は「ゆあげまく」、辺土名は「いちぶくのまく」、奥間は「かねまんまく」と呼んだという。つまり、奥間で金満按司が鍛冶屋を始め代々受け継がれてきたことが、このまく名の由来となっているのだろう。
  『国頭村史』は、「浦添間切謝名村で鍛冶をしていたと伝えられる奥間大親(うひやー)」と記しており、奥間大親自身が先に謝名村で鍛冶屋をしていたと説明しているのは、興味深い。

スポンサーサイト
沖縄の歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

高い所に登るのが大好きなヤギ

 那覇市内の大石公園にまた立ち寄ってみた。この公園は、ヤギの放し飼いで知られている。
                  IMG_1867.jpg
 ヤギ小屋があり、その背後に金網を張り巡らせてヤギを放し飼いにしている。小屋の隣に大岩がある。数匹のヤギが危ない岩山に登っている。なぜか、ヤギは崖が好きだ。というか高いところが好きでもある。
                   IMG_1868.jpg
 「オイ、そこは危ないよ!」と声をかけたくなる。だが、わき目もふらずに岩山の上を歩き回っている。
                     IMG_1869.jpg
 一番高いところに登ったヤギは、首を伸ばして木の葉を食べようとしている。岩山が好き、高いところが好き、というのも結局はエサを求めての行動に過ぎないようだ。
 ヤギ小屋をのぞくと、パンダ模様の子ヤギがいた。ヤギではあまり見たことがない模様だ。
                  IMG_1870.jpg

 
 大石公園では、16,17日に「ユリ祭り」があった。でもテッポウユリの開花は遅れていてまだ5割も咲いていない。
                   IMG_1863.jpg
 日当たりのよい場所は満開である。陰の部分は蕾のままだ。今月末くらいが見頃だろうか。
  アマリリスはよく咲いていた。
                   IMG_1859.jpg

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「ファムレウタ」の動画をアップ

 先日、アルテミュージックファクトリーで、ツレのピアノとのコラボで演奏した「ファムレウタ」がYouTubeにアップされたので、わがブログでも紹介したい。
              
 これまで三線仲間と合奏することはあったが、ピアノとのコラボは初めてだった。三線のチンダミ(調弦)はしっかりやったはずなのに、動画で見ると少し音が低い感じだ。ピアノとの演奏では、チンダミはピアノの音程に合わせないといけないですね。
  歌いがいのあるよい曲です。
島唄 | コメント:0 | トラックバック:0 |

奥間鍛冶屋の伝承をめぐって(3)、泰期

 中国・大和を往復した弟、泰期
 察度は天女との子とされているが、金満按司はそうではない。謝名村又吉の女との子であり、異母兄弟であることがわかる。
金満按司は、中国・大和を往復した泰期と同一人物とされる。
 1372年に初めて中国(明)の皇帝の使者が皇帝の詔書をもたらしたので、中山王となっていた察度は、弟、泰期を遣わして臣と称し、表貢を奉った。これが琉球と中国の通交の始まりである。泰期はその後、兄察度王の使者として、1382年までに合計5回も中国に往復した。琉球からは主として馬と硫鉱を、中国からは主として多量の陶器と鉄器(鍋・釜等)を持ち帰った。この中国の通交が、琉球の貿易・産業・経済・文化に与えた影響はとても大きかった。

 この泰期・金満按司が国頭奥間村に鍛冶屋を始めた始祖であるという。しかし、その後父の相続のため、国頭奥間村を離れ、宜野湾真志喜村に帰郷したという。このことは、金満按司は奥間で終生、鍛冶屋を営んだのではなく、誰かが後を継いだことになる。だれが奥間鍛冶屋の後を継いだのかは不明である。
  子どもは一男一女をもうけたとあるが、その氏名は記されていない。
                泰期(3)
                         読谷村残波岬にある泰期像
 もう一人の奥間親方・大親
 『琉球祖先宝鑑』からの紹介に戻る。
奥間親方
 母は国頭比地村安佐慶の女子也。其長男奥間大親在所は同奥間根屋東りと言ふ家也其長男国頭親方二男源川大主三男平良大屋子国頭親方は唐大和往復せられて後首里に登る

  この奥間親方も長男は奥間大親と言うが、並里按司の孫、辺士名里主の子である奥間大親とは別人物である。奥間大親が二人いるからややこしくなる。
 しかし、在所が奥間根屋東(あが)りといえば、奥間鍛冶屋である。根屋とは集落の古い本家を意味する。この奥間大親の長男は国頭親方であり、「唐大和往復せられて後首里に登る」となっている。あとから紹介する予定だが、奥間鍛冶屋を元祖とする座安家と国頭家は、長男が鍛冶屋を継ぎ、次男の国頭親方正胤が後に首里王府に取り立てられ首里に上ったことで知られる。長男か次男かの違いを除けば、一致するところがある。はたしてこの奥間親方とその子どもが奥間鍛冶屋に深いかかわりがあるのだろうか。

沖縄の歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

チブガーラで咲いたオクラレルカ

 宜野湾市志真志のチブガーラでオクラレルカが咲いているというので見に出かけた。 
              IMG_1841.jpg

 琉球大学北口を少し高速道路沿いに北に行くというので、車を走らせたが、勘違いばかりで大分迷ってやっと近くまでたどり着いた。でもまだ分からない。年配の女性が歩いていたので尋ねると「高速道路を渡って右折してすぐ左に入れば咲いていますよ」とのこと。
                 IMG_1827.jpg
 チブガーラ(川)にそって、薄紫の可憐な花が咲いている。花はトルコ原産、アヤメ科のアイリスの一種で花言葉は「良い便り」「あなたを大切にします」と紹介する掲示があった。
 花の手入れをしていたおじさんに尋ねてみた。 
                  IMG_1828.jpg

 「これは5年前、大宜味村喜如嘉から20本ほどもらってきて植えたのがこれだけ増えたんですよ。オクラレルカ祭りも今年2回目を先日開いたばかりです」
                  IMG_1837.jpg
「この場所は琉球大学の敷地になるんですが、大学の許可をもらって整備をしているんですよ」
 チブガーラの源流は、花畑の奥にある井泉である。
                  IMG_1834.jpg
 道田井(ドウタガー)というけれど、うっそうとした森になっており、ハブが出るし泥地もあるそうで、閉鎖されて自由に入れない。
                  IMG_1835.jpg

拝所もあったけれど、現在では金網の外に仮拝所を設けている。
              IMG_1833.jpg

 道路沿いには鮮やかな深紅のアマリリスも咲いていた。オクラレルカとは対照的な色彩だ。
                 IMG_1840.jpg
  NPOチブ川保存会、長田区自治会の皆さん方の努力で、遠い山原まで行かなくても近くでオクラレルカが見られるようになりありがたい。 
             
| コメント:0 | トラックバック:0 |

奥間鍛冶屋の伝承をめぐって(2)、羽衣伝説

 天女と結ばれた羽衣伝説
 慶留間知徳著『琉球祖先宝鑑』は、奥間大親の子どもについて次のように記されている。
察度王
 居所は宜野湾謝名村の又吉東並里村当間と云ふ家也又同西原村奴留(ぬる)殿内也
察度王は元浦添按司なりしが西威王崩御に及び世子幼少にして母后政を乱す故国人世子を捨て察度を推し崇めて中山王となす既に即位し玉ひてより弥々徳化厚く士民皆心服し災を消し国家豊穣となる在位五四年寿八十九才也
                  宜野湾の森の川
                   羽衣伝説のある森の川
 金満按司
在所は宜野湾眞志喜村の奥間と言ふ家也。此の按司は唐大和往復せられ金銀多く求めて国頭奥間村に治金術を伝へられたる始めなり子は一男一女出産して後父の相続の為め宜野湾眞志喜村に帰郷せられりと言ふ後室は同村の奴留也
御父は奥間大親
祖父は辺士名里主也
曾祖父は並里按司也
 
                    IMG_1823.jpg
              天女羽衣像(森の川公園)
中山王となった察度
 奥間大親の長男、察度が中山王になったいきさつは興味深い伝承がある。
 <察度王は宜野湾の謝名(現在の字真志喜)の出身だと伝えられている。…
 察度王は浦添間切謝名村の奥間大親(おくまうふや)の子で、母は天女であった。…大人になった天女の子察度は親不孝で怠け者であったが、不遜にも勝連按司の娘へ結婚を申し込む。当然ながら勝連按司に断られたが、その娘は察度の非凡なるを見抜いて按司を説得して二人は結ばれる。察度の草庵に嫁いだ娘は、かまどの灰の中から黄金をみつけ、これが察度の畑に産出することを知った。そこで二人はこの金銀を掘り出し、その地に楼閣(黄金の宮)を建て霊地として崇め奉った。
 さて、金銀を手にした察度は、浦添の牧港にやってきた日本商船の鉄をすべて買い取ったが、察度は慈悲の心深く、この鉄で農具を造り農民に分配し、また貧しき者をよく助けた。こうして人望を集めた察度は浦添按司となった。その頃、非道の政治を行なってきた中山王西威(いりい)が逝去したが、衆人は幼少の世子を廃して浦添按司察度を中山王に推し、ここに中山察度王統が成立した。1349(至正9)年のことである。『宜野湾市史第1巻通史編』> 
察度が王位に就くうえで、大和から買った鉄器が重要な役割を果たしたことがうかがえる。

沖縄の歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

森の川再訪

 森の川再訪
 
 宜野湾市の森の川を再訪した。奥間大親が天女と出会った伝説の井泉である。
 「森の川公園」として整備されている。いまも清水が湧き出ている。石積みが見事な井泉である。
                 IMG_1816.jpg
 飲料の水を汲み、野菜を洗ったり、洗濯をしたのだろう。昔の情景を描いた絵がある。この写真は、数年前に撮影したものである。
                  昔の森の川風景画
 興味を引くのは、その奥に円形に石積みをした場所があることだ。「もしかして、水浴びをしたのか」と思ったが、往時の風景画を見ると、女性が御願(ウガン)をしている。神聖な空間だったのだろう。
                    IMG_1819.jpg

 井泉の北側には、石門があり、その奥は森になっている。西森御嶽(ニシムイウタキ)といわれる。沖縄では、御嶽の前の石門は、拝殿の意味があるらしい。
 「西森の石門の奥には古墓がありますが、これは奥間大親の墓と言われています」(「ヒューマンリレーション」HP「沖縄の神聖スポット」)とのことだ。
ただ、慶留間知徳著『琉球祖先宝鑑』では「死骨は同村の下海の前なる戊亥に向う高墓也」と記されている。
                    西森御嶽石門

 この石門の左奥に古い石碑、「西森碑記」(にしもりひき)がある。説明板がある。
 <尚清王(在位1527年~1555年)の第七子を初代とする向氏(しょうじ)伊江家の人々が、この石碑の前にある石門と森の川の石積み工事を行い、その完成を記念して雍正(ようせい)3年(中国年号・1725年)に建立したものである。
                  IMG_1820.jpg

 碑文には、「森の川で沐浴していた天女と奥間大親(おくまうふや)とが出会い、一男一女が生まれた。男の子は察度と名付けられ、後に中山王に就いた。私たちの元祖尚宗賢伊江王子朝義の母は、宜野湾間切謝名村(ぎのわんまぎりじゃなむら)の野国掟(のぐにうつち)の娘で、名を城(ぐすく)の大按司志良礼(うふあんししられ)といい、尚清王の夫人である。私達子孫は毎年5月、西森および森の川の泉を拝んでいるが、野国掟は奥間大親の末裔であるという伝説があるからであろう。
 これらの事情により、私達は資金を寄せ、石工を集め、石を切り敷きつめ、泉を囲み、門を造った。また、西森の前にも長さ五丈四尺(約16.4m)の石垣を造り、門を開け出入りができるようにした。これらは先祖をしのび尊ぶためである。よって、ここに石碑を建立しその事を記す。
                  IMG_1821.jpg

 大清雍正(ようせい)3年9月吉日、向和憲垣花親方(うぇーかた)朝理・向良顕伊江按司(あじ)朝良、向和声西平親方朝叙」とある。
 碑文の末尾の人物は三司官(さんしかん)の向和声を含めいずれも伊江家の子孫たちである>。
 こんな説明が書かれている。
 伊江島の歴史を学んだとき、尚清王の第7子のことを知った。
 「1,559年(嘉靖38)、始めて伊江島に総地頭が配置された。最初の伊江按司(アジ)には尚清王の第7子尚宗賢が任命された。名乗は伊江朝義と云い、伊江王子と称した。伊江御殿(ウドゥン)創立の祖である」(『伊江村史』)
 母親の尚清王夫人が奥間大親の末裔なら、伊江家は奥間大親の血をひいていることになる。 
 この説明によって、奥間大親と伊江御殿とのつながりを知ることができた。
 
史跡 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アルテで「高那節」「ファムレウタ」を歌う

 毎月恒例の「アルテミュージックファクトリー」が9日夜、開かれた。今回のテーマは「歓」。このファクトリーを見るために、ツレの姉夫婦がわざわざ横浜から来て、最後まで熱心に聞いてくれた。
 最初は南亭こったいの落語。古典落語の「夢金」を話した。聞く人がまだ少ないのが残念。
                   IMG_1762.jpg
 島袋さんは18番の「月の砂漠」。テーマの「かん」が当初、誤って「歓」ではなく「乾」と伝わったそうで、この曲になったとか。伸びやか声で素晴らしい。車関係の仕事をされているので、困った時には助けてくれる。感謝しながら聞いた。
                    IMG_1763.jpg
 徳門さんは、ウクレレを弾きながら、ふーみんさんのリコーダーとのコラボで「365日の紙飛行機」を歌った。いつも前向きに挑戦する姿に感心する。
                    IMG_1766.jpg
 比嘉さんは、ギター弾き語りで「誰ぞこの子に愛の手を」を歌った。大好きな岡林信康の曲だそうで、味わいのある演奏だった。
                      IMG_1769.jpg

 OSTバンドは「なごり雪」、宮国さんはギター弾き語りで「トイレの神様」、島尻さんは歌劇「椿姫」から「プロヴァンスの海と陸」を歌った。残念ながらこれらの演奏は聞けなかった。

 私は歌三線で八重山民謡の「高那節」を歌った。この曲は、解説本でも「意味不明の歌」とされている。その由来はいくつかの説がある。曲中に出てくる「ザンザブロー」が大和の名前のようなので、大和人が遭難して西表島に漂着し、島の女性と結婚。子どもが生まれた。女の子が潮干狩りに出て帰ってこないので心配していたら無事帰って来たので、その喜びを歌った曲という。それでテーマにあっていると思い選曲した。
 もう一つ、八重山でザンとはジュゴンのことで、王府時代に新城島ではジュゴンを捕り、人頭税で皮など納めた。ジュゴンを捕った喜びを歌ったという説もある。歌詞の中に、鶏をつぶし、タコを刻む。味噌や塩、酢で料理する情景らしきことが歌われている。
 歌ってみると、曲調があまり八重山らしくないというか、大和っぽい感じがある。
                   IMG_1771.jpg
 本番になると三線のミスで出てしまったが、難解な歌詞もなんとか歌い切れた。この曲が気に入っていると聞く三線のお仲間Tさんがちょうどお見えになって聞いていただけたのが幸いだった。

 第2部では、カオル&タカが「泡盛の歌」を歌った。ちょうど、泡盛メーカー「まさひろ」のお祭りイベントに招かれて、演奏するので、この曲を作ったそうだ。ノリのより楽しい曲だった。
 二人の演奏が終わると、タカさんが単独で、初めて20年以上前につっくたオリジナル曲を披露した。
                  IMG_1775.jpg
 ツレはタカさんのギターとコラボしてピアノ弾き語りで「風」の曲「お前だけが」を歌った。アルテの常連で彼女と入籍間近のNさんへのお祝いとして歌った。声がよく伸び、ギターもカッコよい演奏だった。
                    IMG_1777.jpg
 私の三線とツレのピアノで「ファムレウタ(子守唄)」 を歌った。パーシャクラブのヒット曲だ。ピアノとの共演は初めてだったが、なんとかいい感じで演奏できた。
                    IMG_1784.jpg
 新田さんはギター弾き語りで、「幸せのラストダンス」を歌った。
                    IMG_1789.jpg
 この日、スウェーデンから空手の勉強で沖縄に来ている中国系の女性がお見えだった。空手演舞を披露してくれた。三線も学びたいとすでに購入していた。スウェーデンでも歌三線を楽しんでほしい。
                    IMG_1793.jpg
 ツレはピアノ独奏で「ワルツレント」を演奏した。「姉夫婦が目の前で見ているととても緊張する」と話していたが、流れもよく癒されるピアノだったのではないだろうか。
                     IMG_1799.jpg
 アルテギターサークルは、ベテラン3人で「真夜中のギター」「瀬戸の花嫁」を合奏。ふーみんさんが歌をのせた。歌謡曲もいいけれど、本来のギター曲をもっと演奏してほしい気がする。
                    IMG_1801.jpg
 越智さんのトランペットとツレのピアノで「魅惑のワルツ」を演奏した。トランペットには向いている選曲だった。
                    IMG_1802.jpg
 清美さんは、宇都宮さんのピアノ伴奏で「ラ・ノビア」を歌った。この日は、お酒をもう飲んでいたが、それを感じさせないいつもながらの歌唱力だった。
                   IMG_1809.jpg

 姉夫婦は、ファクトリーでみんなが音楽を愛し、演奏する楽しさ、ゆったりとして雰囲気がとても気に入ったようだ。夫さんはとても歌が上手なので、飛び入りして歌ってもらえばよかったのに、出ることを勧めなかったのが返す返すも心残りである。



音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

奥間鍛冶屋の伝承をめぐって(1)、奥間大親

 奥間鍛冶屋の由来と系譜

 鎌倉芳太郎著『沖縄文化の遺宝』を読んでいたら、羽衣伝説のある奥間大親と奥間鍛冶屋をめぐって興味深い史料と解説があった。この機会に、奥間鍛冶屋の由来とその系譜について少し学んでみたい。

 琉球の王統や按司など有力家系の祖先についてまとめた慶留間知徳著『琉球祖先宝鑑』から、奥間大親とその先祖、子どもなど関係する人物を抜書きしてみた。同書は戦前、昭和8年(1933)初版、同37年(1962)再版されている。

 奥間大親の系譜
並里按司
 在所は佐敷新里村並里と云ふ家世。御骨は同村の沢川御嶽の内の墓に埋葬せらる
此の按司は五穀の種子植付教習の為国頭、中頭、島尻を巡行せられ功名を挙げられたる人なり
父は御巣人也
祖父は天済大神也
曾祖父は天美人也  

長男辺士名里主
 在所は父と同所其長男は辺士名子又其長男奥間大親二男も奥間大親此の人は宜野湾謝名村より同眞和志に行って住す。在所は奥間と云ふ家なり。又三男は赤嶺大主四男は東江大屋子五男は新城大主なり
                   奥間大親碑
                宜野湾市森の川にある奥間大親と察度王の名が刻まれた碑 
 奥間大親
 在所は宜野湾眞志喜村奥間と言ふ家也。死骨は同村の下海の前なる戊亥に向う高墓也
大親は国頭奥間村に生れ、父辺士名里主の在所は佐敷新里村に至り久しからずして宜野湾謝名村に住居農事を勤め居たり或時天(女)の森川にて沐浴するを見て飛衣を取り深く隠し置きしに天女上天の術を失ひ遂に大親と夫婦と成ってと一男一女を生めり夫れより程経て天女は飛衣の有所を聞き喜び終に取って身に掛け雲空に飛去る大親は又子供養育の為めに同謝名村又吉の元祖の女子を娶りて三男一女を出生すと言ふ
 父は辺士名里主也
 祖父は並里按司也
 曾祖父は御巣人也
  其御祖先は天済大神加那志也。在所は佐敷新里並里と言ふ 


 これを見ると、羽衣伝説をもつ奥間大親の祖先は、琉球開闢伝説につながっている。祖父と父は佐敷新里村を在所としていたという。奥間大親は、国頭奥間村で生まれたとされ、奥間を名乗っている。しかし、なぜか父は佐敷新里村にいたことになっており、父のもとに行き、その後宜野湾謝名村に住み、農業をしていたという。
 伊禮春一著『琉球家紋系図宝鑑』は、謝名村で養子に入ったとする。
「謝名村には百名大主の十二男真志喜大神が興し、二代目を真志喜五郎が継いでいた家があったが、その当時国頭辺土名奥間村の辺土名里主の長男、奥間大親は謝名村にやってきていたが真志喜五郎に跡目がなかったので養子に入って継いだのが奥間屋であるという」
 『琉球祖先宝鑑』でも真志喜五郎は「在所は同村の奥間という家なり。五郎は家には世子なく外子が五名あり」と記す。謝名村は現在、字真志喜とされる。

 謝名村の真志喜五郎についても、同書から紹介する。
  真志喜五郎
 母は宜野湾眞志喜村の奴留(ぬる)也。在所は同村の奥間と云ふ家なり。五郎は内には世子なく外子が五名あり田名大主島尻大屋子津波赤人久高大主中城牛太郎皆離島村々に分住す

沖縄の歴史 | コメント:6 | トラックバック:0 |

テッポウユリも咲き始めた

 近くにある大石公園で散歩した。ここは、春はテッポウユリ、秋はひまわりが咲き誇る。ヤギの放し飼いでも有名だ。
                    IMG_1740.jpg
 ここのユリは、沖永良部島和泊町から贈られたと言われる。まだ殆どは蕾で、まだ少し早い。でも、日当たりの良いところでは、もう純白の花が咲いていた。甘い香りが漂う。4月後半になれば満開になる。毎年、ユリ祭りも開かれる。
                     IMG_1738.jpg
 公園は、識名の高いところにあるのでとても見晴らしがよい。名前を知らない小さな花びらの花木も、いまが旬らしい。
                    IMG_1741.jpg
 近くでは子どもたちが遊んでいる。春休みだから公園に集まっているようだ。7,8人が群れて遊んでいるのがいい。
                   IMG_1743.jpg
 女の子2人が、木に登っていた。沖縄の樹木は、枝が低い位置で横に伸びているので、登りやすい。
                    IMG_1736.jpg
 東京・杉並区に住んでいた当時、近くの公園によくいったが、こんなに子どもが群れて遊ぶ、木に登り遊ぶ光景は見た記憶がない。見ていても微笑ましくなる。
| コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |