レキオ島唄アッチャー

万次郎が琉球初上陸したのは伊平屋島、その3

 「ウランダー・マンジラー」の伝承がある久米島 
フランクリン号の捕鯨航海が終了し、フェアヘブンに戻った万次郎は帰国計画の実行を決意する。上陸用の小型ボート、航海用具(コンパス、六分儀)、図書類を購入し、サラボイド号に搭載し琉球に向かう。
 万次郎は1851年正月、琉球の摩文仁小渡浜海岸に上陸した。
                     IMG_9829 (2)

 薩摩「在琉使番上申書」で万次郎は「ここは親切なところと聞いているので、必ず役人がいるはずである」と言っている。筆者は次のように解釈したい。
 万次郎は欧米でベストセラーになった「ライラ号大琉球島航海記」を読んでいる。「ここは親切なところ」とのべているのは、ライラ号航海記の琉球の人々との親切な交流とブロートン航海記(英国を1794年、ブロビデンス号で出航し琉球にも立ち寄った)の引用部を前提にしていると思っている。
ま た、「必ず御役人がいるはず」と述べているのは、ライラ号航海記の「通事、役人」が小舟で艦を訪れた事例を前提にしている。さらに先にフランクリン号で上陸したマンピゴミレ(伊平屋島)と島名不詳(久米島)の島での島役人も頭にある。 
                  IMG_8225.jpg
                   万次郎が上陸した小渡浜
 波乱万丈のジョン万次郎を日本へ帰国させた心優しき琉球の人々と高安家の皆様を思い、筆者はグレート・ルーチューに生まれた事を誇りにしている。
 万次郎は偉大なる航海士であり、英語を普及させ、幾多の教育者に励みを与え、幕末と明治の若者達に希望を与えた。万次郎の生涯は歴史の偉大なる断面史である。
 要約は以上で終わる。
 
 當眞氏の「船乗りと海からの視点」と航海記の分析によって、長く疑問となっていた「マンピゴミレとはどこの島なのか」という謎が、解明された。
 ただし、その解明によって新たな謎も浮かんでいる。というのは、當眞氏ものべている通り、「マンピゴミレ」は伊平屋島であることは確かであるとしても、万次郎が上陸した際の状況と王府側の記録「球陽」の伊平屋島への異国船の来航と上陸の記述に相違があることである。上陸した人数や島で提供を受けた物資の種類などである。この違いを當眞氏は、久米島の伝承から、久米島にも上陸したと解釈している。
 「ウランダ・マンジラー」という万次郎を想起させる久米島の伝承は、とても興味深い。万次郎の名前を思わせる伝承があるのは、久米島だけではないだろうか。万次郎が上陸した可能性は確かにあるように思う。
 ただし、問題は万次郎側の資料には、琉球の二つの島に上陸したという記録がないことである。當眞氏が指摘するように、参考にしたと思われるバジル・ホールの海図に久米島の表記がないから書けなかったという理解もありうる。それでも、二つの島に上陸したことが事実なら、隠す必要はないので、二島に上陸したことを記録することが自然ではないだろうか。なお興味は尽きない。
 
 私的には、もう一つとても興味があったのは、万次郎が上陸地として琉球を選んだのは、琉球についてかなり的確な知識を持っていたからであるが、アメリカでそのような情報をどのようにして入手したのかということだった。
 當眞さんの研究で、バジル・ホールの航海記などを読んで情報を得ていたことを論証されたので、とても納得ができた。日本に帰ることを準備していた万次郎にとって、この航海記は重要な情報源となっただろう。
 また、「マンピミレ」島に上陸した目的は事前調査だったという指摘も、うなずける。「航海記」などから得た情報だけではなく、実際に上陸して自分の目と耳で確かめることが必要だと考えたのだろう。
 こうした情報と実際の上陸体験をもとに選択した琉球上陸が、その後の万次郎がたどった経過と結果からみて、とても正しい判断だったことがわかる。ここでも、万次郎の聡明さ、判断の的確さがうかがえる。そんなことを感じた次第である。
        終わり          文責・沢村昭洋

スポンサーサイト
歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

万次郎が琉球初上陸したのは伊平屋島、その2

 中浜万次郎は、ホイットフィールド船長の友人、アイラ・デービス船長の誘いで捕鯨船フランクリン号に乗船する。職種は「スチュワード」で、この職を「給仕」と当てたのは語訳である。「船長補佐」又は「見習航海士」として乗船させたと思われる。
(フランクリン号で航海中、1847年4月末に琉球のマンピゴミレ島に上陸し牛2頭をもらったとされる)
 フランクリン号で訪れた「マンピゴミレ島」は、結論は伊平屋島である。
 「マンピゴミレ」についてこれまで異説まちまちである。バジル・ホールが図1に示す伊平屋島を含む近接5島をМontgomery列島と命名していることから、この列島の一つに該当するものと考えた。 
                      バジルホール艦長(外国人来琉記)
              バジル・ホール艦長(山口栄鉄編訳・解説『外国人来琉記』から)
 当時、琉球王府の記録で有名な史書「球陽」に様々な出来事が記載されている。尚泰王即位元年戊申(1848年)3月25日(旧暦)欄に次の記載がある。
 「伊平屋島野甫・島尻両村の西方洋面に夷船1隻の到来する有り。夷人28名、杉板(サンパン)4隻に分かれて浜に上陸した。牛、ヤギ、豚、鶏、ネギ、麦等を比勢(ゼスチャー)し、所望した。これを送給したところ、島人固辞するも遠見鏡と剃刀をもって儀礼と致し、浜に置いた。船形・風貌・阿蘭陀入船の図と似たり」(大意)となっている。
 ここで阿蘭陀人はオランダのことではなく、当時、西洋異国人を形容して「うらんだー」としていた。万次郎を含むフランクリン号28名の総員上陸であった。琉球も鎖国体制下の薩摩の一部として恐怖心を抱き、日本人・万次郎の身柄拘束、緩急あれば立ち向かう為の乗組員の支援体制と考える。

 さらに「球陽」には7日後、「4月初4日、久米島仲里郡儀間村の洋面に夷船1隻到来する有り。夷人7名杉板で上陸した。ヤギ、草料(野菜)を所望したのでこれを給す。船形、風貌、阿蘭陀入船の図に似たり」と記している。7名で交換の物品を出していないのが異なる点である。
 「球陽」をみると、久米島には頻繁に異国船が近づき食料を調達している。この記録はおとなしく、前後の記録にはかなり荒っぽい振まいが記述されている。上陸人数、調達数量、交換の物品等が合わず、上陸した小島は伊平屋島と久米島の2島あったと想定した。

  平成24年、沖縄ジョン万会の大城光盛会長は重要な史実を久米島で発掘した。島の古老達が「ウランダー・マンジラー」なる若者が上陸した伝承があると言う。「球陽」には上陸者の個人名は記述しないのが普通である。伝承として個人名が残った事実から、万次郎と島の人の間に何らの会話が成立し、特に王府か送られたら島役人は「土佐」という国名も承知していても不思議ではない。ヤギや野菜の調達はごく少量で島人の激励の「おみやげ」と考える。
 万次郎の目的な事前調査である。ライラ号の記述と同様に心暖かい人々であると確認したであろう。事前上陸が2島あった事が島名特定に各説まちまちの理由の一つと考える。さらにライラ号で作った海図には久米島がない。島名がないので言い様がないのである。(事前調査によって)万次郎の帰国上陸地点は「琉球」で決まりであろう。なお、「マンピコシン」の表記は毛筆写本の運筆上、「ミレ」を「シン」とする単純な転写ミスと考える。

歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

万次郎の琉球初上陸は伊平屋島、その1

 万次郎の琉球初上陸は伊平屋島

 中浜万次郎が10年ぶりにアメリカから帰国するにあたり、琉球に上陸する前に、一度捕鯨船フランクリン号で琉球付近を航行し、マンピゴミレという島を訪れたといわれるが、その島はどこなのか定説がなかった。この問題で、沖縄電力元会長で万次郎研究者の當眞嗣吉(とうまつぎよし)さんが、注目される研究成果を発表された。
 このブログでも、第4回ジョン万サミットin沖縄&第10回ジョン万次郎講演会の模様を伝える中で紹介した。この問題で、私も勝手な推測をブログに書いたが、當眞さんの研究は新しい視野でこの問題を解明したもので、重要な提起だと思うので、詳しく紹介しておきたい。
 當眞さんの論考は、高知県の郷土史研究の雑誌『土佐史談』の「中濱万次郎特集」で掲載されたものである。筆者は、小学生時代に一度「万次郎病」にかかったそうで、学生時代に若干の海上生活と造船所生活の体験があり、船乗りと海からの視点も加えて研究されている。 
                   IMG_9831.jpg
                        講演すr當眞氏
 當眞さんは、万次郎の帰国計画は相当に練られている、として、琉球王国の事情、民情、使用海図について「ライラ号大琉球島航海記」を著したバジル・ホール艦長の見た琉球像に求めたことを中心に見解を示している。島の名もこれまで「マンビコシン」と呼ばれていたが、當眞氏は毛筆写本の運筆上、「ミレ」を「シン」とする単純な転写ミスと考えている。
 以下その要約である。
 
 19世紀の初頭(1816年)、英国海軍の2隻の帆船が琉球・那覇港に来航した。両艦は渤海・黄海および朝鮮半島の測量を進めながら琉球に向かう。測量によって位置や形状を確定し、島々に英国風の名称をつけている。両艦は英国での航海日程の計画時に明確に琉球島と付属する島々の調査・測量を意図していた事が伺える。両艦それぞれの航海記が帰国後に直ちに出版されている。
 「ライラ号航海記」の著者は27歳の若き艦長のバジル・ホール海軍大佐である。同航海記は初版発刊後、ベストセラーとなり、米国フィラデルフィアでも発刊された。この航海では朝鮮西岸、琉球の多数の島々が西欧風に命名されている。 
                     マンビコミレ
              図1バジル・ホールの海図にある大琉球島
 航海記にはいくつかの海図が添付されている。同書の琉球島の海図(図1)には「マンピコミレ」(万次郎が上陸したとされる島名)と一字違いの「マントゴミレ(Мontgomery)」が出てくる。英訳「漂巽紀畧」(ひょうそんきりゃく、土佐藩の画家・河田小龍が万次郎の語る異国の話しに驚愕し書き上げた著作)の万次郎のルーチュー島(琉球)の海図を示す(図2)。島の形が良く似ている。拡大してバジル・ホールの海図と合わせてみるとピッタリ重なる。 
                     マンビコミレ (2)
                      図2 万次郎のリュウチュー図
 バジル・ホール海図の英文表題にも注目している。大琉球島はグレート・ルーチュー(GREAT LOOCHOO)の英文スペルである。万次郎は後にホイットフィールド船長宛の英文の手紙でルーチューという地名を2箇所で使っている。最初のスペルは(Great Loo Choo)である。万次郎はフェアヘブンでの勉学中にライラ号航海記を読んでいると思わざるをえない。
 アルセステ号は深刻な水漏れをおこして、両艦は那覇に停泊する。艦隊側の琉球側の印象は次の内容で代表される。
 英国水兵の傲慢な優越感は「琉球では、地上で最も平和的人々の温和な態度と親切な行為によって、完全に静まり柔げられた…日一日と友情と誠実が増して行った」


歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

イオンライカムデビュー

 沖縄最大のショッピングモール「イオンモールライカム」が北中城村にオープンして半年が過ぎた。オープン当初は、人出が多く駐車場に入るのにも渋滞するので敬遠していた。シルバーウィークの1日、初めて行って見た。
                    IMG_0009.jpg
 入るのは駐車場の空きがあってよかったが、帰りは戸惑った。駐車車の位置は目印を見つけておいたが、店内から出るのに、何処から出れば目当ての駐車場に行けるのかがさっぱりわからない。グルグル回っていた。駐車場は2階から出ることがやっとわかって車に帰れた。 
                        IMG_0015.jpg
 店内は大きい割に、中央が大きな吹き抜けになり、1~5階までドーナツ状に店が配置されているので比較的わかりやすい。1階には大きな水槽があり、ナポレオンフィッシュなど泳ぎまわっていて、人気がある。
 各階を回ってみた。有名ブランドのショップが並んでいるが、同じようなファッション関係の店が多い。街の市場を見るような楽しさ、意外性はない。「グルメワールド」は驚くほどの広さがあるが、この日は残念ながら食事の機会がなかった。
 イオンライカムは、ステージが1,3,5階にそれぞれあって、ライブ、イベントが連日行われている。
 この日は、毎月、ライブに行っている沖縄随一のGSバンド、SSカンパニーのライブがあった。ライカムデビューである。2日間にわたりステージに立ったという。
                    IMG_0010.jpg
 この日午後1回目は、5階の野外ステージだった。屋上から与勝半島と中城湾が一望にできる。空は澄み渡り、青い海が広がり、絶景のロケーションである。 
                        IMG_0017.jpg
 こんな絶景をバックにしたライブはめったにないだろう。「秘密を合言葉」をはじめGSナンバーを続けた。
 まだ暑い日差しでが照る時間。テントも椅子もない野外なので、みんな建物の影に寄り添うように立って聞いていた。 
                        IMG_0031.jpg
 すぐに踊り出す熱烈SSファン。団扇に「SS」の文字が書かれた応援グッズをもって踊る。つられるように、ヨチヨチ歩きの子どもたちもステージ前に出て来て、リズムに合わせて身体を揺らす。思わず、SSメンバーも微笑む。 
                       IMG_0022.jpg
 リーダーの真ちゃんは、ライカムデビューで、GSの由来などを熱く語る。
 マッキーのリードギターをかきたてる。短い時間だが、楽しいライブだった。
                    IMG_0035.jpg
  

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

粟国島のヤガン折目、その8

 粟国島のヤガン折目と他の離島の祭祀との関係
 粟国島のヤガン折目と、沖縄の他の離島の祭祀との関係について紹介する。
 狩俣恵一沖縄国際大学副学長は、「荒ぶる神」(注・人に害を与える乱暴な神)について、八重山諸島の赤マタを含めて次のように述べている。
 ヤガンウユミ(折目)は、荒ぶるヤガンの神が、豊作と島びとの健康や幸せを祝福するお祭りである。荒ぶるヤガンの神の素性はわからないが、「粟国島の神」「粟国島に漂着した人の死後の霊」「粟国島の北の海から出現した神」などの言い伝えがある。
 また、ヤガンの神は、島びとの目玉をえぐり、鼻を削ぎ、妊婦を流産させ、害虫を大発生させて作物を枯らせるというから、本当に怖い神である。ヤガンの神は収穫感謝祭に現れるが、同様に収穫感謝祭に出現する八重山諸島の赤マタ神も荒ぶる神である。かつて、赤マタ神が暴れ出すと人々は逃げまどったが、それは赤マタ神のムチを受けた者は必ず死ぬと言われていたからである。
 ちなみに、ヤガンの神の姿は見えないが、赤マタ神は有形の神である。赤マタ神は、全身を蔓草で覆い、鬼・天狗のような怖しい仮面神である。また、日本神話の荒ぶる神の代表はスサノヲであり、今では、受験の神様の天神様(菅原道真)も、かつては荒ぶる雷神として怖れられていた(「粟国島のヤガン折目―荒ぶる神を祀る人々の精神性―」から)。

 武藤美也子氏(神戸女子短大教授)は、伊江島の大折目(ウプウィミ)との関連をのべている。
 粟国島の「ヤガン折目」は、伊江島の大折目と共通する要素がある。 
                   img030.jpg
                  伊江島の大折目(『目で見る大折目』から)

 沖縄の民話の研究者である遠藤庄治氏は、粟国島の「ヤガン折目」が、「伊江島の大折目行事によって伝えられた豊穣神である龍への生贄伝説とほぼ同じ性格を伝えていた」(『伊江島の民話』)と類似性を指摘している。
 粟国島の祭祀は「荒ぶる神を鎮めるためという由来伝承がある。しかし、調査した限りでの祭祀の目的は『島の繁栄祈願と村人の健康祈願・子孫繁栄』であった。ただ偉大な力持った外来神から島の豊穣をもらうという形は伊江島大折目と似ている」と指摘している。(「伊江島の大折目(ウプウイミ)―報告と分析―」)
    
 現在行われているヤガン折目は、荒ぶる神を鎮める要素は見えなくなり、「島の繁栄祈願と村人の健康祈願・子孫繁栄」となっているという。いつの頃からか、由来伝承の要素がなくなり、祭祀が変容をとげたのだろう。といっても、安里盛昭氏によれば、すでに紹介してきたとおり、ヤガン折目は「健康祈願、豊作、豊漁の祭りとして行われていたものが、中山(王府)の介入で別の祭りに作り替えられてしまった」と解釈している。それが史実と合致しているのであれば、荒ぶる神が見えない現在のヤガン折目も、古来の祭祀の目的と伝統の延長線上にあるということだろうか。興味は尽きない。
  終わり

沖縄の祭祀 | コメント:0 | トラックバック:0 |

琉球民謡音楽協会芸能祭を楽しむ

 琉球民謡音楽協会の第14回芸能祭が那覇市民会館であり、チケットをいただいたので見てきた。沖縄民謡にはいくつもの流派、団体があるけれど、こちらは2001年に結成された。仲西光雄会長、名誉会長に大工哲弘、顧問に上江洲由孝、山里勇吉など著名な各氏が名を連ねる団体である。
 芸能祭は、6月に実施された民謡コンクール受賞者の芸能の発表の場である。ちなみに、新人賞は受験者62名で合格者50名、優秀賞は受験65名で合格は42名、最高賞は受験39名で合格は22名、大賞は受験15名で合格は4名だった。 
                   IMG_9975.jpg
 歌三線に親しんでもう10年になるが、この種の芸能祭を見るのは初めてだ。会場で空席を探していると、なんと八重山古典民謡サークルのメンバーのIさんの姿を見掛けた。隣で一緒に聞かせていただいた。
 「かぎやで風」で幕開けした。最前列には小中学生がたくさん並んで、若くて華やかである。
 舞踊は、八重山を代表する古典民謡の「鷲ぬ鳥節」を踊る。アコウの大樹から親鷲が若鷲を連れたって元日の朝、東天をめざして飛び立つ姿が歌い、踊られる。 
                   IMG_9980.jpg
 舞台はこの後、新人賞、優秀賞の受賞者の合唱、新人賞、優秀賞、最高賞の上位受賞者の独唱が披露された。県外からの参加で受賞した人もいる。コンクールで審査員の前で演奏するのはとても緊張するらしい。最高賞には高校生もいらっしゃった。堂々と合格されたみなさんには、心からおめでとうと言いたい。
 このあと、宮古民謡、八重山民謡が披露された。八重山民謡の「くいぬぱな節」の合唱には、アルテでご一緒する杉田園さんの姿も見える。 
                    IMG_9983.jpg
 舞踊では「貫花之踊り」が踊られた。貫花をかざして踊りはとてもあでやかだ。 
                    IMG_9987.jpg
 続いて「鳩間節」が踊られた。ゆったりとしてとても優雅な舞いである。 
                    IMG_9991.jpg
 大賞の受賞者につづいて、師範の独唱として、石垣島で漁師と島唄居酒屋を営む安里勇さんが登場。杉田園さんの囃子で八重山の名曲「トゥバラーマ」を歌った。 
                      スクリーンショット (2)
 安里さんは数年前にCDを聞いてその歌声に感動し、一度生で聞いてみたいと思っていた。その願いがやっと実現した。歌詞は初めて聞く内容で、3番まで歌った。高い声を生かした味わいのある歌い方で、魅了された。
                    スクリーンショット 5
 園さんの囃子は、声はよくのびて、安里さんの歌をとても引き立てていた。素晴らしいトゥバラーマを聞かせていただき、感謝感謝である。
 フィナーレの「みるく節」では、出演者がみんなそろって舞台いっぱいに舞い踊り閉幕となった。 
                       IMG_9995.jpg

島唄 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サンセットクルージングを楽しむ

 那覇港をクルージングしながらディナーをいただく遊覧船「モビーディック号」にある方の好意で乗船することができた。 
                     IMG_9884.jpg
 乗船メンバーはなぜか若い人たちが多い。船は、那覇港を出港すると、 2時間近くかけてゆっくりと回ってくる。
 クルージングしていると、太陽が沈み始めた。 
                     IMG_9900.jpg
 まだ青空が残るなかで、落陽が輝いている。 
                      IMG_9906.jpg
 真っ赤に燃えた太陽は水平線に落ちていく。
                    IMG_9908.jpg
 コース料理が運ばれてくる。なぜか、料理を運ぶ人たちは、日本語は片言のアジア系の人たちが多い。
                     IMG_9885.jpg
 せっかくなので飲み放題を選ぶと、オリオンビールが運ばれてくる。県外の観光客らしい人が、別の銘柄はないのかと質問していたが、沖縄に来ればオリオンを飲んでほしい。 
                     IMG_9895.jpg
 料理はサラダは自由に取る。他に前菜、魚のムニエル、牛ステーキと運ばれてきた。夕陽を見ながら、ビールも料理も美味しくいただいた。
                     IMG_9894.jpg
 ライブが始まった。宮城まりさんがキーボードの伴奏で歌った。初めて聞くミュージシャンだけれど、ライブハウスモッズでもよくライブをしているそうだ。
 大満足のサンセットクルージングだった。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アルテで「二見情話」を歌う

 毎月恒例のアルテミュージックファクトリーが12日夜開かれた。エントリーは少なかったけれど、みなさんとっても力と心のこもったよい演奏で充実したファクトリーだった。今回もテーマは海の関連で「浜」。
 トップバッターはいつもの島袋さんのギター弾き語り。加山雄三の「海・その愛」を歌ったが、伸びのある声で聴かせ、島袋さんに打ってつけの曲だった。
                    IMG_9832.jpg

 主宰者の越智さんは島袋さんと組む「R・BOYS」で、石原裕次郎の「錆びたナイフ」を演奏。いつもギター演奏だけの越智さんがなんと歌ったのでビックリ。「初めてかも知れませんね」と自分でも認める。越智さんも絶えざる挑戦者である。
                    IMG_9834.jpg
 「きぬえ・ふーみん」は「浜辺の歌」。きぬえさんは初めはピアノを弾き、後半はリコーダーの伴奏で歌った。何にでも挑戦するきぬえさんもまた素晴らしいチャレンジャーである。 
                      IMG_9835.jpg
 私は「小浜節」を歌いたかったけれど、まだいまいち自信がないので、ツレとデュエットで「二見情話」を歌った。この曲は、沖縄戦の後、収容所に入れられた照屋朝敏さんが、二見の美しさや人々の優しさを思って作った曲だ。私たちが10年前、沖縄に移住して最初に聞きおぼえた民謡だった。 幸い、好評だった。
                     IMG_9845.jpg
 南亭こったいさんの「アルテ寄席」は、「ちりとてちん」という演目を話した。とても面白い落語で大受けだった。  
                      IMG_9861.jpg
 いつもオリジナルを披露するカオルさんは、今回はギターのサポートをえて「カオル&タカ」で「浜辺で海でも」を歌った。いつもテーマに合った曲を創ってくる努力に脱帽である。  
                     IMG_9862.jpg

 ツレはピアノ弾き語りで「航海日誌」を歌った。直前にピアノフェスティバルがあり、その課題曲に集中していたので、実質1週間くらいしか練習できなかった。でも、落ち着いて、いい雰囲気で聴かせる弾き語りだった。
                      IMG_9869.jpg
 アルテギターサークルは「黒いひとみの」を合奏。ボーカルが入って「いつでも夢を」を演奏した。
                     IMG_9874.jpg
 この後、ギター独奏が続いた。越智さんは「浜辺の歌」。赤嶺さんは「アルハンブラの思い出」。ミーシャさんは「雨だれ」をそれぞれ演奏した。赤嶺さんは、アルテ赤田でよく練習をしている姿を見る。ギターに向き合う真剣な姿勢が演奏にも出ていた。  
                      IMG_9875.jpg
 ミーシャさんは、久しぶり。いつ聞いても音色がとっても優しく、心を打つ演奏だ。
                       IMG_9878.jpg
 新田さんは長渕剛の「ろくなもんじゃねえ」をギター弾き語りで歌った。サングラス姿がカッコイイ。 
                      IMG_9880.jpg

 Y先生は今回、絵本を紹介した。 普段は演奏中も雑音が入るのに、このときはみんながシーンと見入っていた。
                    IMG_9881.jpg
 清美さんは、宇都宮さんのピアノ伴奏でジャズの「all of me」を歌った。ピアノと歌がとてもうまくかみ合ってプロ級の演奏だった。
                  IMG_9883.jpg
 来月のテーマは「人」。さて何を歌おうかな。

 
音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジョン万次郎講演会とサミット開く

 第4回ジョン万サミットin沖縄&第10回沖縄ジョン万次郎会講演会が9月12日、豊見城市中央公民館で開かれた。新聞、テレビでお知らせしたこともあり、会場いっぱいの参加者で関心の高さを示した。
                  IMG_9819.jpg
 歓迎アトラクションでフォレスト混声合唱団が「芭蕉布」などを披露した。団長は前夜祭でカチャーシーを演奏した高安勝利さんだった。「鼓衆しんか」は創作エイサーを勇壮に舞った。
            IMG_9818.jpg

 講演会では、大城会長あいさつ(代読)、宜保豊見城市長の祝辞、万次郎直系、5代目の中浜京さん、土佐清水市の泥谷(ひじや)市長の来賓あいさつがあった。
                 IMG_9824.jpg
 京さんは、万次郎がアメリカ文化とデモクラシーをもって帰って来たことにふれ、「お互いに思いやる心があれば国家を超えた友情を持ち続けることができると思います」とのべた。
 
 講演は、高知県で発行されている『土佐史談』の中浜万次郎特集号に沖縄から執筆したお二人が演壇に立った。とっても聞きごたえのある充実した講演だった。
 糸満市教育委員会総務部長で万次郎研究者の神谷良昌氏は「ジョン万次郎・琉球上陸の真実」と題して話した。
                  IMG_9827.jpg
 神谷氏は、万次郎が捕鯨船に救助された当時の捕鯨の実態やアメリカでの留学と帰国の準備にも触れながら、琉球に上陸した万次郎をなぜ那覇に入れず豊見城間切翁長村に滞在させたのかを詳述した。当時、英宣教師ベッテルハイムが那覇に滞在してることは幕府に秘密にしており、彼と会せることが危険と考え、遠い翁長村に戻したこと。王府の通事で万次郎の取り調べにあたった牧志朝忠が『ジョージ・ワシントン伝記』を借りて読み、大統領制度と民主国家の仕組みを理解した。2年後に琉球に来たペリー提督が那覇に石炭貯蔵庫を作りたいと申し出た際、「海岸に貯蔵庫をつくることはできない」と「ノー」と断った。万次郎の教えのおかげだと指摘した。琉球人が米軍に歴史上最初に「ノー」と言い切った瞬間だったとのべた。

 沖縄電力元会長の當眞嗣吉(とうまつぎよし)さんは「『バジル・ホール館長の琉球』とジョン万次郎」と題して話した。有力企業の経営者がなぜ万次郎なのか。當眞さんは、小学生で万次郎に魅かれ、この数年前から「万次郎病」が再発して研究してきたという。
                  IMG_9831.jpg
 万次郎が琉球上陸する前に、捕鯨船フランクリン号で訪れた琉球のマンビゴミレとはどこの小島だったのかをテーマに解明した。19世紀初頭に琉球に来航した英国海軍のアルセステ号、ライラ号の航海記録と海図を分析して、琉球島の海図には「マンビコミレ」とは一字違いの「マントゴミレ」が出ていること。当時ベストセラーとなったライラ号の航海記を万次郎は読んでいると思われることなどから、マンビゴミレは伊平屋島であると結論づけた。ただ、琉球側の記録とは異なる面があり、久米島に「ウランダー・マンジラー」(ウランダーは外国人の総称)なる若者が上陸した伝承があり、上陸した小島は伊平屋島と久米島の2島と想定した。上陸目的は事前調査であり、心暖かい人々であると確認したであろう。万次郎は、ライラ号など航海記を読み、マンビコミレ、久米島にも上陸してみて、「琉球に上陸して大丈夫だと考えて上陸したに違いない」とのべた。 
                        IMG_9820.jpg

 このあと第4回ジョン万サミットin沖縄で土佐ジョン万会をはじめ各地で活動する団体から活動報告。その後大交流会があったようだが、残念ながら別の用務と重なり参加できなかった。
 
歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジョン万次郎サミット前夜祭開く

 第4回ジョン万サミットin沖縄前夜祭が9月11日夜、豊見城市のJAおきなわホールで、高知県をはじめ県外からも大数参加して、盛大に開かれた。
 会場には万次郎の出身地、土佐清水市の泥谷光信市長、土佐ジョン万会の内田泰史会長はじめ、高知からたくさんの方々が来ていた。懐かしい土佐弁が飛び交っていた。若い女性もたくさん参加していたのは頼もしい。 
                     IMG_9770.jpg

 沖縄ジョン万次郎会の与那覇正文副会長の歓迎あいさつ、地元の宜保晴毅市長、泥谷光信土佐清水市長があいさつした。NHK大河ドラマに万次郎の採用をめざそうという両市長のあいさつに参加者も大きな拍手で応えていた。
 土佐ジョン万会の内田会長の音頭で乾杯した。  
                  IMG_9773.jpg
 万次郎が半年間滞在した豊見城市翁長の高安家5代目当主、高安亀平さん、万次郎の子孫、5代目中浜京さん、高安6代目の方々も揃って記念撮影。 
                   IMG_9801.jpg
 余興に入ると「あぁ万次郎」「とみぐすく万次郎音頭」など披露された。私にも歌三線で出てほしいというお誘いをいただいていた。未熟者だが、高知県出身で沖縄に移住し、沖縄ジョン万会のお仲間にさせていただき三線も楽しんでいるということで、厚かましいけれど出させていただいた。 
                    IMG_9810.jpg
 「安里屋ユンタ」は妻の囃子で歌った。「二見情話」は夫婦のデュエット。最後に「トゥパラーマ」を歌った。三線の音は抜けるし、歌詞を間違えるし、練習通りにはいかない。幸い、高知からいらっしゃった88歳のおばあさんが、地元で「安里屋ユンタ」で踊っているといってとても喜んでくれた。
 参加者がみんなで立ち上がり「わったーうちなーけんさんぴん」「つるるんてん」を踊る。 
                    IMG_9781.jpg
 最後のカチャーシーは高安勝利さんの三線。「一緒にやろう」と声をかけていただき、とてもついていけないがせっかくなので舞台に上がった。「三村踊り」「唐船ドーイ」と2曲演奏。高安さんはとても三線が上手だ。会場は一つになって舞い踊った。 
                       IMG_9793.jpg
12日は、第10回沖縄ジョン万次郎会講演会、第4回ジョン万サミットin沖縄で各団体の活動報告。最後はサミット大交流会。13日は、ジョン万次郎宿道を辿るバスツアーが開かれる。天候に恵まれ、ラッキーだった。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>