レキオ島唄アッチャー

牙をむく米軍

 辺野古新基地建設に反対する住民の運動に対して米軍が牙をむき出した。米軍キャンプシュワブ前で、反対運動の先頭に立つ山城博治氏を、基地に侵入したとして日本人警備員に逮捕させ、基地内に引きずって米軍に引き渡させ手錠までかけたのは、不当な逮捕であり、人権じゅうりんも甚だしい。
 抗議行動をする住民のテントにも、日本政府が撤去を求め、これに応じなければ強制撤去を検討しているという。昨年の知事選、衆議院選挙でも、辺野古への基地建設反対の県民の民意が明確に示されたにもかかわらず、これを一顧だにせず強行しようとする日米両政府の態度は、民主主義を踏みにじる暴挙である。
 新基地建設に反対する住民の行動は、あくまで非暴力の抵抗運動であり、これを敵視する方が民主主義の感覚が問われる。
 東村高江のヘリパット建設問題でも、先だって、反対する住民のテントが夜中に、何者かによって勝手に撤去された。これも反対運動の弾圧であり、窃盗行為でもある。まだ、だれの犯行なのか不明であるが、撤去の後に、米軍がテントに対する警告文を張り出したことを見れば、誰がテントの撤去を望んでいたのかおのずとうかがえる。
 辺野古のテント撤去の背景には、2月上旬、沖縄に来た米国防総省高官が、基地建設の進捗状況など視察した際、「抗議活動など課題がある」としてフェンス沿いのテントを問題視。米軍が日本政府に対し早期撤去を求めていた(「琉球新報」2月28日付)という。
 米軍は広がる反対運動に苛立ち、弾圧に乗り出したのだ。そこには、戦後の米軍統治時代と変わらない占領者意識がある。時代錯誤も甚だしい。
 
 政府はテント撤去を求め、北部国道事務所に24時間態勢で監視させている。沖縄総合事務局開発建設労働組合は、「『道路管理者』としての対応を超えた過剰な警戒対応」として24時間監視対応の解除を当局に申し入れた。申し入れでは「開発建設部の多くの職員を動員し、県民同士の対立をあおるような行為は、県民の安全・安心を守る役割を担う行政機関として異常な事態だ」と批判した。これは、まったく正当な申し入れである。
 基地従業員で組織する全駐労も、日本人警備員に住民を逮捕させたことに抗議し事実関係を究明するよう沖縄防衛局に申し入れた。 
 弾圧は抵抗を呼び、抵抗は友を呼ぶ。かつて瀬長亀次郎氏はこういったという。名言である。
 沖縄県民の民意を無視し、住民の運動に弾圧を加えるなら、いっそう県民感情を逆なでして、辺野古新基地建設反対の世論を県内外に広げていくことになるだけだ。
 
スポンサーサイト
政治 | コメント:0 | トラックバック:0 |

デジカメは使い捨てなのか

 ブログに写真をアップするのに活躍していたデジタルカメラ「キヤノンIXY」が突然「レンズエラーを検知しました」の文字が出て、レンズが出たまま動かなくなった。
 説明書を読むと、「レンズエラー」と出るのは、砂やほこりが付いた場合があるとのこと。そう言えば、前に使っていたソニーのデジカメも故障して、ソニーに送って見てもらうと「砂が入っていました」と言われ、修理をしたことがあった。
 そういえば、ブログにアップした巨人の練習試合を見に行った時、試合開始前にグランド整備でものすごい砂ぼこりが舞い上がっていたことを思い出した。
                    IMG_7902.jpg
 試合の始まる前のこの写真など撮った際、砂ぼこりがレンズの周囲に付着したのだろうか。写真を撮るたびに、レンズが出たり入ったりする。その際、砂をかみ込んだのだろう。それしか思いつかない。
 キヤノンに問い合わせると、「レンズエラーが出て、電源を入れ直しても戻らないのなら、砂やほこりが入った可能性があります。修理をする場合の金額を予めお知らせすると、レンズユニットの交換が必要なので、8300円くらいとなります」と言う。送料を含めれば1万円になる。確か買った値段が1万円くらいだから修理するのもばかばかしい。応対した人も、暗に「御買い換えください」と言わんばかりだ。
 念のため、市内のカメラ店に問い合わせると、「修理は福岡に送ることになりますが、1万円を超えると思います。コンパクトデジカメはまあ使い捨てとは言いませんが、結局買い替える方がお安いことになりますね」という返事。「デジカメは消耗品」とあっさりと言う方もいる。
 いくら安くなってきたといっても、1万円で消耗品はないだろう。ちょっと砂ぼこりが舞っただけでもう使えないとは、あまりにも脆弱ではないか。
 その昔、初めて一眼レフカメラを買った。アナログ時代は、いじくりながら二十年くらい使った。デジカメは便利なようで、なにか大事なものを失っているような気がする。次に買うとしても、やっぱりコンパクトデジカメ。今度は、ほこりが舞っている場所や、海辺で使う際は、そのあと丁寧に拭くなど自衛手段をとるしかない。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

製糖工場がフル操業

 週に1回、用があって翔南製糖(豊見城市長堂)のそばを散歩する。年明けから、サトウキビを刈り取る「ウージトーシ」が盛んになり、サトウキビを山のように積み込んだ大型トラックが南部各地から集まってくる。ひっきりなしに、工場にトラックが入っていく。 
                  IMG_7928.jpg
 工場の内部まで入らないが、川べりのフェンス越しに、山積みされたサトウキビと車両などが忙しく動く様子が見える。
                  IMG_7934.jpg
 搬入されたサトウキビは、トラックに山積みしたままで重さを計る。
 計量の次は、大型ドリルのようなものをトラックのサトウキビの山に突き刺してサンプリングして糖度を測定する。キビの値段は、糖度と重量によって決まるからだ。 
                  IMG_7936.jpg
 工場は24時間稼働するので、夜中に処理する分のサトウキビを日中に集めてストックする。
                    IMG_7947.jpg
 計量、サンプルを終えたトラックが、山積みしたサトウキビを降ろす。すぐにブルドーザーが寄せる。山積みされたサトウキビは、クレーンから降りる巨大な手のような機械が鷲掴みにして、工場内に運び入れる。 
                    IMG_7931.jpg
 この後の作業は、外からは見ることができない。会社の案内によると、次のような工程になる。
 運ばれたキビは、枯れ葉を取り除く。糖分を効率よくとるためキビを細かくする。細かくしたキビに熱湯をかけて糖分を抽出する。糖汁を加熱しながら消石灰を加え中和すると、不純物が固まり沈殿しやすくなる。上澄液をさらに煮詰めて濃い糖液にする。さらに煮詰めて結晶を造り原料糖と糖蜜に分ける。
                    IMG_7950.jpg
 運び込まれるサトウキビの様子を眺めていると、意外なものがいた。白鷺である。前にも白鷺がいるのを見たことがある。偶然なのかと思ったが、今回もまたいるのは偶然ではない。見ていると、何かをついばんでいる。トラックやブルドーザーが動く周りで、逃げないでウロウロしている。「オイ、そこは危ないよ」と声をかけたくなるほど。そのうち、もう1羽飛んできて2羽になった。 
                   IMG_7948.jpg
 近くで作業していた人に聞くと、「バッタを食べているんだよ」と言う。サトウキビにバッタが付いている。道路にもバッタが落ちているのだろう。だから車が走っても、人がいても離れようとしない。
 
  翔南製糖は、2015年1月15日から今期の操業を開始した。工場周辺は2万5千台余りのトラックが行き交うという。今期のサトウキビの原料生産量は前期比6・1%増の約9万トン。1日に約1300トン、トラックで270台分となる。製糖日数は70日で3月25日終了予定。24時間体制で製糖作業を行うそうだ。 
                        IMG_7942.jpg
 工場のスミには、巨大な歯車が横たわっていた。
 この写真は、前に撮ったものだが、ブログへのアップが遅くなった。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今年もJA真和志農協祭り

毎年2月開かれるJA真和志の第35回農協祭りが開かれた。これまで2日間開催だったのが、1日だけに短縮された。
                  IMG_7911.jpg
 まずは野菜売り場でレタス、キューリ、セロリの大株、ミニトマトを買った。心なしか、例年より品物が少ない感じがする。

                   IMG_7918.jpg
 お花売り場はこれまで以上に充実しているようだ。花屋さんで買うよりお買い得の感じ。ツレは、花かごを買った 。
                    IMG_7912.jpg
 2階では、女性部の料理、食べ物、手作りの帽子、衣服など展示がされている。見ていると、前に民謡三線サークルに来ていてKさんを見かけた。「久しぶりです。お元気ですか」と互に声を掛け合う。現在は自治会で三線をしているそうだ。
 祭りのステージでは、子どもたちのエイサーや踊りの発表が続いた。
                    IMG_7920.jpg
 舞台のそばには、次の出番を待つ子どもたちが待機している。みんな色とりどりの衣裳で、とても可愛い。
                 IMG_7915.jpg
 全部見ている余裕はないので、残念ながら見れなかった。
                 IMG_7922.jpg
 沖縄も寒さがやっと緩んできたようだ。祭りにはよい天気だった。 


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

巨人が韓国サムスンと練習試合

 巨人軍が2月16日から那覇でキャンプを始めた。18日は韓国のサムスン・ライオンズと那覇セルラースタジアムで練習試合を行ったので、見てきた。 
           
 巨人は初の練習試合だし、糸満高校出身の宮国投手が先発予定。それにオープン戦と違って無料だ。内野スタンドは、たくさんの野球ファンが詰めかけていた。
                     IMG_7902.jpg

 宮国選手が先発で登板すると、一塁側から「宮国、頑張れ―!」の声援がなんども飛ぶ。なぜか幼稚園児2,30人が観戦に来ていて、やはり「宮国選手、頑張れ―」と声を張り上げていた。
                  IMG_7906.jpg
 でも球はあまり走っていない。フォークボールも決まらない。3回投げてホームランを含め6安打打たれて3失点。さんざんな出来だった。これでは、一軍枠に入るのも厳しいのではないか。そんな心配が頭をよぎった。
 
 選手名鑑を見ていた改めて驚いた。中日にいた堂上剛裕が戦力外通告になり、巨人で育成選手枠に入っている。014の背番号で、なんと打順5番に入っていた。かつては期待されていたはずだが、育成枠とは!
 でも、まだ若い。サムスンの投手を相手にいい打球を飛ばしていた。なぜか、元中日組の井端がDHで入っていた。
  
                      IMG_7907.jpg
 横浜にいた金城龍彦も巨人入り。元横浜の相川捕手もヤクルトから巨人入りしたので、元横浜組も2人いる。巨人は選手層が厚いのに、なぜか他球団からの移籍組が結構いる。捕手だった阿部は内野手で登録になり、正捕手争いがし烈だ。この試合では鬼屋敷が捕手に入っていた。 
                IMG_7908.jpg
 試合は4回までしか見なかった。巨人は4番に大田が座り、原監督の期待のほどがうかがわれた。
 サムスンは体格ががっちりした選手と左バッターが多かった。4回までに7本ヒットを打った。パワフルな感じがする。
 それに比べて巨人は、さほど球威があるとは思えないサムスンの投手を打ちあぐねていた。
 試合は最後まで見なかったのでわからない。
 後でニュースを見ると、堂上はホームランを含め2安打3打点と活躍し、一番光っていたそうだ。
 結局、後半に巨人の打撃がふるって9対3でサムスンに勝ったそうだ。投手リレーもうまくいったのだろう。

 沖縄の野球ファンにとっては、キャンプはプロ野球選手を間近で見ることができる年1回の機会だ。練習試合、オープン戦も直接、プロの試合が見られる絶好のチャンスだ。それに、県外からも、たくさんの野球ファンと取材陣など関係者が沖縄を訪れるので、経済効果もとても大きい。 
 2月一杯は、プロ野球の話題でもちきりだ。
スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

アルテで「上り口説」を歌う

  毎月恒例の「アルテミュージックファクトリー」がバレンタインデーの14日夜開かれた。1月は休んでので、今年になって初めてだった。2月のテーマは干支にちなんだ「未」である。ウォーバホールに1カ月余り来なかったら、舞台が作られ少し変化していた。
 19組がエントリーした。歌三線では、玉那覇さんが「安波節」を演奏した。いつもの情け歌とはまた違ったよく響く歌声と三線の音色がマッチして、とても聞かせる歌だった。 
                  IMG_7830.jpg

 まみさんと高校生の息子、友だちはそれぞれ歌声を披露した。半年ぶりくらいの出演で楽しませてくれた。
 私は、「上り口説」(ヌブイクドゥチ)を歌った。王府時代に薩摩に旅する情景を歌っている。なぜこの曲なのかというと、かつては方角を干支で表した。「午」が南、「未」が南南西を示す。船が出航するとき「風は真ともに午未(ウマヒチジ)」(風は順風で南、南南西だ)という歌詞が出て来る。 
                   IMG_7835.jpg
 歌はなんとか声が出ていたが、三線が音が抜ける。演奏中に少しずり落ちてきて、やっぱり上手く弾けていない。
 一部と二部の間に、南亭こったいさんが落語を披露した。体調悪くて大分休んでいたので久しぶりだ。バレンタインデ―はあまりよい思い出がないので思いっきり暗い演目にしたという。「たちきり」という演題だったが、落語にもこんな悲劇があるのか、と驚いた。笑えたのは初めだけ、話が進行するに従て、悲恋物語にしんみりと聞き入った。 
                IMG_7844.jpg
 カオルさんはいつもの自作の曲「僕はここにいる」を演奏、奥田さんがリコーダーでサポートした。オリジナルをいつも作ってくる努力に感心する。 
                  IMG_7845.jpg

 アルテギターサークルはメンバーが今回は少ない。「遠くへ行きたい」「翼をください」の懐かしい2曲を演奏した。 
                   IMG_7846.jpg
 新田さんは、中島みゆきのNHK朝ドラの主題歌「麦の歌」をギターの弾き語りで披露した。まさしく中島みゆきワールドである。 
                    IMG_7850.jpg
 伊波さんはいつもの仲村さんとのコンビでギター弾き語りをした。病み上がりだけれど、アルテで元気な姿を見せていただけると嬉しい。 
              IMG_7851.jpg

 ツレは、ファクトリーに出るのを迷っていたが、当日になり出ることを決めた。クラシックピアノを初めて1年。昨年は、ショパンを弾いていたが、バロックの基礎からやろうということでバッハを練習中。今回は、バッハの「メヌエットト長調」を弾いた。 
                  IMG_7856.jpg
 アルテのピアノはバロックには向いているようで、ミスはあったが、音色がよいので、心地よく聴けた。出ればそれだけ、次に向けて得るものがあっただろう。
 ベテランも素人も、上手な人も下手な人も、音楽が好きな一点で集って、お互いに演奏し、歌い合って楽しむアルテのこの場は、とてもありがたいと改めて思った。





島唄 | コメント:0 | トラックバック:0 |

過去最多のバレンタインチョコいただきました

 2月14日のバレンタインデーを前に、糸満市の「風は南から」のSSカンパニーのライブに出かけると、なんとライブ仲間の女性から、バレンタインチョコレートをいただいた。14日には、ツレからもいただいた。八重山民謡のサークルでも、女性会員から男性みんながチョコをいただいたので、あわせて6人からもらったことになる。
 これまでツレ以外にはチョコをもらった記憶がない。過去最多のバレンタインチョコである。 
                     IMG_7824.jpg  
 ライブが始まる前から、ライブの休憩中にも相次いで思いがけなくチョコをいただいた。チョコの形は様々だが、それぞれにみなさんの胆心(チムグクル)がこもっている。ただ、毎月のライブでご一緒するだけで、しかも年齢も相当離れているにもかかわらず、暖かい心遣いに感謝の気持ちでいっぱいである。
                  IMG_7810.jpg

 ライブは、SSカンパニーのドラマー、まっちゃんが誕生日を迎えるので、一部の演奏が終わったあとに、みんなで「happybirthdaytoyou」を歌い、ライブ仲間のお姉さんたちがケーキやプレゼントを贈った。 
                IMG_7814.jpg

 ライブは、いつものGSナンバーで盛りあがった。ラジオのリスナーで初めて来た2人連れの女性もいて、ダンスもいっしょに楽しんでいた。 
                    IMG_7816.jpg
 SSのリーダー、真ちゃんはバンドをやりながら、サトウキビなど作っているハルサー(畑人)でもある。この時期は、キビを刈り取る「ウージトーシ」(サトウキビ倒し)でもっとも忙しい時期だ。他のメンバーもみんな仕事を持ちながらの演奏活動である。忙しい中でも練習を重ね、この日もSSカンパニーは、新しい曲を2曲も演奏した。つねに進化を続けている。 
                    IMG_7818.jpg

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

与儀公園で桜まつり

 那覇市の中央部にある与儀公園でも桜まつりが始まった。やっと寒さがゆるみ、青空も出たので、子ども連れや障害のある人たちのグループなど来ていた。 
                  IMG_7786.jpg
 那覇市のカンヒザクラは、高い場所だともう満開を過ぎているが、この公園は、6,7分咲きというところか。 
                     IMG_7790.jpg
 花が咲いている木も、なぜか花びらが少ない気がする。まだほとんど蕾の木もある。公園は、川沿いに桜並木があるのが特徴だ。  
                  IMG_7792.jpg
 やはりメジロが集まってくる。桜の季節は、メジロにとっては 嬉しい季節なのだろう。盛んに、花弁にくちばしを入れている。
                     IMG_7795.jpg
 あちらこちらで、ブルーシートを敷いて、家族や友だちグループが 楽しんでいる。でも、沖縄は花を見ながら、飲んだり食ったりする花見文化はない。花は散策しながら見るだけ。公園で座ってなにか食べたりしているのは、桜とは関係なく、ただ休日だから公園に遊びにきているだけだ。勿論、お酒など飲まない。
 「花見」と称して、まともに桜も見ないで飲んで騒ぐ方が異常なのかもしれない。
              IMG_7799.jpg
 与儀公園の桜まつりは、祭りといっても確か植木組合が毎年、祭りと銘打ってやっているだけなので、植木販売や的屋が店を出している。
 
| コメント:0 | トラックバック:0 |

メジロが集まる漫湖のカンヒザクラ

 那覇市内でもカンヒザクラが咲いている。漫湖公園では、14,15両日、「那覇美らさくらまつり」が開かれる。
                     IMG_7783.jpg
 昨年までは「漫湖桜まつり」の名称だったのに、今年から「漫湖」の名前が消えた。なぜなのだろうか。
 漫湖は年々、桜の植樹が増えてきた。散歩コース沿いの桜並木は、大分桜の木が大きくなってきたようだ。
                      IMG_7781.jpg
 沖縄もこの冬一番の寒さで、雨もぱらついており、傘をさして散歩する姿も見かけた。
 桜は青空が一番、色合いが映える。今日の天気はいまいちだが、花の美しさは変わらない。 
                    IMG_7756.jpg
 桜にはメジロがよく飛んできている。盛んに蜜を吸っている。 
                     IMG_7779.jpg 
 メジロだけでなく、メジロの数倍はある大きな野鳥も、桜の木に止まっている。図体が大きいからか、メジロより動作がスローだ。でも、やはり花弁にくちばしを入れている。この野鳥は、多分、ヒヨドリではないか。漫湖は野鳥がとても多い。  
                     IMG_7774.jpg

 この時期、桜と共にいつも、アヤメのような紫色の花が咲きだす。前から、これは何の花だろうか。アヤメかショウブかカキツバタか。どれでもないのか。よくわからないままだった。 
                     IMG_7762.jpg
  ちょうど、手入れをしているボランティアの女性がいた。「この花はアヤメではないですよね。何の花ですか?」と聞いてみた。「これはアヤメ科のイチハツです。この時期に咲くんですよ」と教えてくれた。
 「イチハツ」と聞いても、知らない名前だ。帰って調べてみると、確かにアヤメ科にイチハツという花があった。多年草の帰化植物。アヤメ類の中では一番早く咲くという。「一初」と書くのはそのためらしい。中国原産で室町時代に日本に入ってきた。昔は茅葺屋根の棟に植える風習があったとか。漫湖以外ではあまり見たことがない。
                IMG_7764.jpg
  
 
| コメント:2 | トラックバック:0 |

お年寄りも子孫も揃い踊る福祉まつり

 民謡三線サークルで通っている老人福祉センターの地域福祉まつりが開かれた。センターに通うお年寄りが日頃の練習の成果を発表するだけでなく、地域の保育園、学校、福祉団体なども参加して、芸能を披露する場となっている。
 2日間にわたる50近い舞台の芸能をほとんど見た。改めて感じるのは、歌や踊り、演奏などがお年寄りから子孫まで、みんなが揃って楽しんでいることだ。生き甲斐にもなっている。
 センターに通う人で、90歳以上の方は、16人いて、高齢者表彰を受けた。その方々は、みんなセンターの活動に参加する現役である。腰をかがめて舞台に上がるのも「よいしょ」という感じだが、レク体操や民踊をしっかりと演じる。踊る姿を見ていると、「このお年になって元気で踊れるのはスゴイ!是非あやかりたい」と思った。
 90うん歳のAおばあちゃんは、初日の表彰には風邪をひいて出れなかった。でも、2日目に自分の出番があると、やってきた。「身体の調子が悪いから、椅子で休ませてくれ」と舞台の控えで休んでいたのに、出番が来るとみんなと舞台に上がりしゃきっとして踊った。
 この地域の保育園、幼稚園、学童の子どもたちも、琉舞、エイサー、お遊戯などを披露した。お遊戯といっても、「赤田首里殿内」など、民謡・島唄ポップスなどを踊る芸能である。祭りのオープニングでも、幼児・保育園児が、獅子舞、エイサーを踊った。
                   2013 識名福祉まつり、2
                      写真は2013年の祭りから
 どれもとっても可愛い。中には、中指に包帯を巻いている子もいた。「大丈夫か」と尋ねると「うん。骨折だから」と軽く答えた。骨折していても踊るのか、驚いた。小さい子は3,4歳児。小さい頃から獅子舞やエイサー、琉舞など伝統芸能に親しめば、大人に成長しても、身体に芸能のDNAが染み込んでいくだろう。他県では、幼保の子どもたちが、遊戯をするのに、地元の民謡など伝統芸能を使うことは少ないだろう。伝統芸能は古いものだという感覚がある。でも、沖縄では、エイサーや獅子舞などもカッコイイものと映る。
 幼いながら力一杯、沖縄ならではの演目を演じるのを見ると、 伝統芸能がしっかりと世代を超えて受け継がれていっていること改めて感じた。
                 識名
                     2015年の民謡三線の演奏
  もう一つ、紹介したいのは、「スーパーおばあちゃん」の存在である。Оさんは、初日、幕開けの琉舞から始まって、日舞、大正琴、ハワイアンフラダンス、太極拳、太鼓、古典音楽、民謡三線、社交ダンスとなんと9つの芸能など演目に出演した。すべて日頃、センターの教室や同好会に入って活動してるのだ。出るたびに衣裳が異なるので、着替えも忙しい。「着せ替え人形みたいだね」と言ったら笑っていた。「衣裳の用意が大変でしょう」と聞くと、「私は自分で持っている衣裳が使えるものしかやらない、出ないから」と言うが、これだけ出るのだから、衣裳もたくさん持っているのだろう。
  更に、テニスもしていて、70代ダブルスで優勝して表彰された。ダイビングもするそうだ。
  それに、祭りの前日の設営の時から、朝7時からセンターに来て、炊き出しで頑張っていた。
  芸能もスポーツも料理も上手。まさしく「スーパーおばあちゃん」である。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>