レキオ島唄アッチャー

「開国に導いた男、ジョン万次郎シンポジウム」開く

 「開国に導いた男、ジョン万次郎シンポジウム」と題した講演会が11月20日、糸満市の農村環境改善センターで開かれた。主催は、NPO法人ジョン万次郎上陸之地記念碑建立期成会。
                      IMG_3744.jpg

 万次郎は1851年、アメリカから帰るにあたって、琉球国大渡浜(旧摩文仁間切小渡浜)に上陸した。その上陸地に記念碑を建設しようと活動する同期成会は、会長の上原昭氏が今年6月の糸満市長選挙で当選し、記念碑建設の機運が盛り上がっている。
 講演会では、市長である上原会長が主催者あいさつした。
 第1部の基調講演では、高知県出身の万次郎研究者、北代淳二氏が「万次郎と咸臨丸―秘められた歴史貢献」と題して講演した。
                    IMG_3733.jpg

 北代氏は、咸臨丸は1860年(万延元年)、最初の遣米使節団が乗った米軍艦ポーハタン号の随行船として太平洋を渡った。万次郎は、勝海舟や福沢諭吉らとともに通弁主務として乗船したこと。しかし、ホワイトハウスでの日米修好通商条約の批准書の交換式には万次郎は出ていない。それは、万次郎が帰国し幕府に呼び出されたが、水戸の徳川斉昭が万次郎はアメリカに恩義があり通訳につけるとアメリカのためにならないことは言わないのでは、と主張し、ペリーとの交渉の際、出席させなかった。万次郎の情報や知識は尊重しながら、要注意人物と見られたことが最後までつきまとったとのべた。
                    IMG_3731.jpg

 咸臨丸は「日本開闢以来初の大事業」とされ、勝や福沢は、外国人の手を借りずアメリカに行ったのは「日本の軍艦が、外国へ航海した初めだ」(勝著『氷川清話』)とのべているが事実ではないと指摘した。
 咸臨丸には、99人の日本人と米海軍の命令でジョン・ブルック大尉と10人のアメリカ人乗員が航路案内役として乗船した。1960年に「ブルック大尉の日記」が公になり、咸臨丸の真実が明らかになった。そこでは「万次郎はこれまで会った中で最も素晴らしい男の一人だ。彼が日本の開国にほかの誰よりも大きく関心を持っていた」とのべている。
 北代氏は、咸臨丸の船上は、「日米異文化交流の実験場で、命を懸けた共同作業だった。日米双方のコミュニケーションが万次郎の重要な役割だった。日米の理解が深まった」とのべた。
                   IMG_3730.jpg
 その後、勝は江戸城無血開城、福沢は啓蒙学者として名をなしたが、「万次郎は通訳という黒子の仕事をして、帰国後も歴史の表舞台に出ることなく、自分の果たした役割を語ることなく歴史の舞台から去って行った」とのべた。
                   IMG_3738.jpg

 第2部では、北代氏のコーディネーターのもと、パネリストとしてジョン万次郎研究家の當眞嗣吉氏、糸満市教育委員会総務部長の神谷良昌氏、万次郎研究家の長田亮一氏、糸満市長の上原昭氏が報告した。

スポンサーサイト
歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

万次郎が琉球初上陸したのは伊平屋島、その3

 「ウランダー・マンジラー」の伝承がある久米島 
フランクリン号の捕鯨航海が終了し、フェアヘブンに戻った万次郎は帰国計画の実行を決意する。上陸用の小型ボート、航海用具(コンパス、六分儀)、図書類を購入し、サラボイド号に搭載し琉球に向かう。
 万次郎は1851年正月、琉球の摩文仁小渡浜海岸に上陸した。
                     IMG_9829 (2)

 薩摩「在琉使番上申書」で万次郎は「ここは親切なところと聞いているので、必ず役人がいるはずである」と言っている。筆者は次のように解釈したい。
 万次郎は欧米でベストセラーになった「ライラ号大琉球島航海記」を読んでいる。「ここは親切なところ」とのべているのは、ライラ号航海記の琉球の人々との親切な交流とブロートン航海記(英国を1794年、ブロビデンス号で出航し琉球にも立ち寄った)の引用部を前提にしていると思っている。
ま た、「必ず御役人がいるはず」と述べているのは、ライラ号航海記の「通事、役人」が小舟で艦を訪れた事例を前提にしている。さらに先にフランクリン号で上陸したマンピゴミレ(伊平屋島)と島名不詳(久米島)の島での島役人も頭にある。 
                  IMG_8225.jpg
                   万次郎が上陸した小渡浜
 波乱万丈のジョン万次郎を日本へ帰国させた心優しき琉球の人々と高安家の皆様を思い、筆者はグレート・ルーチューに生まれた事を誇りにしている。
 万次郎は偉大なる航海士であり、英語を普及させ、幾多の教育者に励みを与え、幕末と明治の若者達に希望を与えた。万次郎の生涯は歴史の偉大なる断面史である。
 要約は以上で終わる。
 
 當眞氏の「船乗りと海からの視点」と航海記の分析によって、長く疑問となっていた「マンピゴミレとはどこの島なのか」という謎が、解明された。
 ただし、その解明によって新たな謎も浮かんでいる。というのは、當眞氏ものべている通り、「マンピゴミレ」は伊平屋島であることは確かであるとしても、万次郎が上陸した際の状況と王府側の記録「球陽」の伊平屋島への異国船の来航と上陸の記述に相違があることである。上陸した人数や島で提供を受けた物資の種類などである。この違いを當眞氏は、久米島の伝承から、久米島にも上陸したと解釈している。
 「ウランダ・マンジラー」という万次郎を想起させる久米島の伝承は、とても興味深い。万次郎の名前を思わせる伝承があるのは、久米島だけではないだろうか。万次郎が上陸した可能性は確かにあるように思う。
 ただし、問題は万次郎側の資料には、琉球の二つの島に上陸したという記録がないことである。當眞氏が指摘するように、参考にしたと思われるバジル・ホールの海図に久米島の表記がないから書けなかったという理解もありうる。それでも、二つの島に上陸したことが事実なら、隠す必要はないので、二島に上陸したことを記録することが自然ではないだろうか。なお興味は尽きない。
 
 私的には、もう一つとても興味があったのは、万次郎が上陸地として琉球を選んだのは、琉球についてかなり的確な知識を持っていたからであるが、アメリカでそのような情報をどのようにして入手したのかということだった。
 當眞さんの研究で、バジル・ホールの航海記などを読んで情報を得ていたことを論証されたので、とても納得ができた。日本に帰ることを準備していた万次郎にとって、この航海記は重要な情報源となっただろう。
 また、「マンピミレ」島に上陸した目的は事前調査だったという指摘も、うなずける。「航海記」などから得た情報だけではなく、実際に上陸して自分の目と耳で確かめることが必要だと考えたのだろう。
 こうした情報と実際の上陸体験をもとに選択した琉球上陸が、その後の万次郎がたどった経過と結果からみて、とても正しい判断だったことがわかる。ここでも、万次郎の聡明さ、判断の的確さがうかがえる。そんなことを感じた次第である。
        終わり          文責・沢村昭洋

歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

万次郎が琉球初上陸したのは伊平屋島、その2

 中浜万次郎は、ホイットフィールド船長の友人、アイラ・デービス船長の誘いで捕鯨船フランクリン号に乗船する。職種は「スチュワード」で、この職を「給仕」と当てたのは語訳である。「船長補佐」又は「見習航海士」として乗船させたと思われる。
(フランクリン号で航海中、1847年4月末に琉球のマンピゴミレ島に上陸し牛2頭をもらったとされる)
 フランクリン号で訪れた「マンピゴミレ島」は、結論は伊平屋島である。
 「マンピゴミレ」についてこれまで異説まちまちである。バジル・ホールが図1に示す伊平屋島を含む近接5島をМontgomery列島と命名していることから、この列島の一つに該当するものと考えた。 
                      バジルホール艦長(外国人来琉記)
              バジル・ホール艦長(山口栄鉄編訳・解説『外国人来琉記』から)
 当時、琉球王府の記録で有名な史書「球陽」に様々な出来事が記載されている。尚泰王即位元年戊申(1848年)3月25日(旧暦)欄に次の記載がある。
 「伊平屋島野甫・島尻両村の西方洋面に夷船1隻の到来する有り。夷人28名、杉板(サンパン)4隻に分かれて浜に上陸した。牛、ヤギ、豚、鶏、ネギ、麦等を比勢(ゼスチャー)し、所望した。これを送給したところ、島人固辞するも遠見鏡と剃刀をもって儀礼と致し、浜に置いた。船形・風貌・阿蘭陀入船の図と似たり」(大意)となっている。
 ここで阿蘭陀人はオランダのことではなく、当時、西洋異国人を形容して「うらんだー」としていた。万次郎を含むフランクリン号28名の総員上陸であった。琉球も鎖国体制下の薩摩の一部として恐怖心を抱き、日本人・万次郎の身柄拘束、緩急あれば立ち向かう為の乗組員の支援体制と考える。

 さらに「球陽」には7日後、「4月初4日、久米島仲里郡儀間村の洋面に夷船1隻到来する有り。夷人7名杉板で上陸した。ヤギ、草料(野菜)を所望したのでこれを給す。船形、風貌、阿蘭陀入船の図に似たり」と記している。7名で交換の物品を出していないのが異なる点である。
 「球陽」をみると、久米島には頻繁に異国船が近づき食料を調達している。この記録はおとなしく、前後の記録にはかなり荒っぽい振まいが記述されている。上陸人数、調達数量、交換の物品等が合わず、上陸した小島は伊平屋島と久米島の2島あったと想定した。

  平成24年、沖縄ジョン万会の大城光盛会長は重要な史実を久米島で発掘した。島の古老達が「ウランダー・マンジラー」なる若者が上陸した伝承があると言う。「球陽」には上陸者の個人名は記述しないのが普通である。伝承として個人名が残った事実から、万次郎と島の人の間に何らの会話が成立し、特に王府か送られたら島役人は「土佐」という国名も承知していても不思議ではない。ヤギや野菜の調達はごく少量で島人の激励の「おみやげ」と考える。
 万次郎の目的な事前調査である。ライラ号の記述と同様に心暖かい人々であると確認したであろう。事前上陸が2島あった事が島名特定に各説まちまちの理由の一つと考える。さらにライラ号で作った海図には久米島がない。島名がないので言い様がないのである。(事前調査によって)万次郎の帰国上陸地点は「琉球」で決まりであろう。なお、「マンピコシン」の表記は毛筆写本の運筆上、「ミレ」を「シン」とする単純な転写ミスと考える。

歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

万次郎の琉球初上陸は伊平屋島、その1

 万次郎の琉球初上陸は伊平屋島

 中浜万次郎が10年ぶりにアメリカから帰国するにあたり、琉球に上陸する前に、一度捕鯨船フランクリン号で琉球付近を航行し、マンピゴミレという島を訪れたといわれるが、その島はどこなのか定説がなかった。この問題で、沖縄電力元会長で万次郎研究者の當眞嗣吉(とうまつぎよし)さんが、注目される研究成果を発表された。
 このブログでも、第4回ジョン万サミットin沖縄&第10回ジョン万次郎講演会の模様を伝える中で紹介した。この問題で、私も勝手な推測をブログに書いたが、當眞さんの研究は新しい視野でこの問題を解明したもので、重要な提起だと思うので、詳しく紹介しておきたい。
 當眞さんの論考は、高知県の郷土史研究の雑誌『土佐史談』の「中濱万次郎特集」で掲載されたものである。筆者は、小学生時代に一度「万次郎病」にかかったそうで、学生時代に若干の海上生活と造船所生活の体験があり、船乗りと海からの視点も加えて研究されている。 
                   IMG_9831.jpg
                        講演すr當眞氏
 當眞さんは、万次郎の帰国計画は相当に練られている、として、琉球王国の事情、民情、使用海図について「ライラ号大琉球島航海記」を著したバジル・ホール艦長の見た琉球像に求めたことを中心に見解を示している。島の名もこれまで「マンビコシン」と呼ばれていたが、當眞氏は毛筆写本の運筆上、「ミレ」を「シン」とする単純な転写ミスと考えている。
 以下その要約である。
 
 19世紀の初頭(1816年)、英国海軍の2隻の帆船が琉球・那覇港に来航した。両艦は渤海・黄海および朝鮮半島の測量を進めながら琉球に向かう。測量によって位置や形状を確定し、島々に英国風の名称をつけている。両艦は英国での航海日程の計画時に明確に琉球島と付属する島々の調査・測量を意図していた事が伺える。両艦それぞれの航海記が帰国後に直ちに出版されている。
 「ライラ号航海記」の著者は27歳の若き艦長のバジル・ホール海軍大佐である。同航海記は初版発刊後、ベストセラーとなり、米国フィラデルフィアでも発刊された。この航海では朝鮮西岸、琉球の多数の島々が西欧風に命名されている。 
                     マンビコミレ
              図1バジル・ホールの海図にある大琉球島
 航海記にはいくつかの海図が添付されている。同書の琉球島の海図(図1)には「マンピコミレ」(万次郎が上陸したとされる島名)と一字違いの「マントゴミレ(Мontgomery)」が出てくる。英訳「漂巽紀畧」(ひょうそんきりゃく、土佐藩の画家・河田小龍が万次郎の語る異国の話しに驚愕し書き上げた著作)の万次郎のルーチュー島(琉球)の海図を示す(図2)。島の形が良く似ている。拡大してバジル・ホールの海図と合わせてみるとピッタリ重なる。 
                     マンビコミレ (2)
                      図2 万次郎のリュウチュー図
 バジル・ホール海図の英文表題にも注目している。大琉球島はグレート・ルーチュー(GREAT LOOCHOO)の英文スペルである。万次郎は後にホイットフィールド船長宛の英文の手紙でルーチューという地名を2箇所で使っている。最初のスペルは(Great Loo Choo)である。万次郎はフェアヘブンでの勉学中にライラ号航海記を読んでいると思わざるをえない。
 アルセステ号は深刻な水漏れをおこして、両艦は那覇に停泊する。艦隊側の琉球側の印象は次の内容で代表される。
 英国水兵の傲慢な優越感は「琉球では、地上で最も平和的人々の温和な態度と親切な行為によって、完全に静まり柔げられた…日一日と友情と誠実が増して行った」


歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジョン万次郎講演会とサミット開く

 第4回ジョン万サミットin沖縄&第10回沖縄ジョン万次郎会講演会が9月12日、豊見城市中央公民館で開かれた。新聞、テレビでお知らせしたこともあり、会場いっぱいの参加者で関心の高さを示した。
                  IMG_9819.jpg
 歓迎アトラクションでフォレスト混声合唱団が「芭蕉布」などを披露した。団長は前夜祭でカチャーシーを演奏した高安勝利さんだった。「鼓衆しんか」は創作エイサーを勇壮に舞った。
            IMG_9818.jpg

 講演会では、大城会長あいさつ(代読)、宜保豊見城市長の祝辞、万次郎直系、5代目の中浜京さん、土佐清水市の泥谷(ひじや)市長の来賓あいさつがあった。
                 IMG_9824.jpg
 京さんは、万次郎がアメリカ文化とデモクラシーをもって帰って来たことにふれ、「お互いに思いやる心があれば国家を超えた友情を持ち続けることができると思います」とのべた。
 
 講演は、高知県で発行されている『土佐史談』の中浜万次郎特集号に沖縄から執筆したお二人が演壇に立った。とっても聞きごたえのある充実した講演だった。
 糸満市教育委員会総務部長で万次郎研究者の神谷良昌氏は「ジョン万次郎・琉球上陸の真実」と題して話した。
                  IMG_9827.jpg
 神谷氏は、万次郎が捕鯨船に救助された当時の捕鯨の実態やアメリカでの留学と帰国の準備にも触れながら、琉球に上陸した万次郎をなぜ那覇に入れず豊見城間切翁長村に滞在させたのかを詳述した。当時、英宣教師ベッテルハイムが那覇に滞在してることは幕府に秘密にしており、彼と会せることが危険と考え、遠い翁長村に戻したこと。王府の通事で万次郎の取り調べにあたった牧志朝忠が『ジョージ・ワシントン伝記』を借りて読み、大統領制度と民主国家の仕組みを理解した。2年後に琉球に来たペリー提督が那覇に石炭貯蔵庫を作りたいと申し出た際、「海岸に貯蔵庫をつくることはできない」と「ノー」と断った。万次郎の教えのおかげだと指摘した。琉球人が米軍に歴史上最初に「ノー」と言い切った瞬間だったとのべた。

 沖縄電力元会長の當眞嗣吉(とうまつぎよし)さんは「『バジル・ホール館長の琉球』とジョン万次郎」と題して話した。有力企業の経営者がなぜ万次郎なのか。當眞さんは、小学生で万次郎に魅かれ、この数年前から「万次郎病」が再発して研究してきたという。
                  IMG_9831.jpg
 万次郎が琉球上陸する前に、捕鯨船フランクリン号で訪れた琉球のマンビゴミレとはどこの小島だったのかをテーマに解明した。19世紀初頭に琉球に来航した英国海軍のアルセステ号、ライラ号の航海記録と海図を分析して、琉球島の海図には「マンビコミレ」とは一字違いの「マントゴミレ」が出ていること。当時ベストセラーとなったライラ号の航海記を万次郎は読んでいると思われることなどから、マンビゴミレは伊平屋島であると結論づけた。ただ、琉球側の記録とは異なる面があり、久米島に「ウランダー・マンジラー」(ウランダーは外国人の総称)なる若者が上陸した伝承があり、上陸した小島は伊平屋島と久米島の2島と想定した。上陸目的は事前調査であり、心暖かい人々であると確認したであろう。万次郎は、ライラ号など航海記を読み、マンビコミレ、久米島にも上陸してみて、「琉球に上陸して大丈夫だと考えて上陸したに違いない」とのべた。 
                        IMG_9820.jpg

 このあと第4回ジョン万サミットin沖縄で土佐ジョン万会をはじめ各地で活動する団体から活動報告。その後大交流会があったようだが、残念ながら別の用務と重なり参加できなかった。
 
歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「ジョン万次郎物語」、21年ぶりに船長と対面

  ホイットフィールド船長と21年ぶりに対面
中浜万次郎は1870年8月、普仏戦争視察団の一員に選出された。薩摩の大山弥助、長州の品川弥次郎、土佐の板垣退助など、そうそうたる顔ぶれで編成された。視察団は太平洋を横断し、大陸横断鉄道でニューヨークに到着した。
 万次郎は30日朝、ホイットフィールド船長宅を訪問するため汽車でフェアヘブンを訪れた。21年ぶりの対面に胸がつまりしばらく言葉も出なかった。家族全員が揃い、夜明けまで思い出の話し合いが続いた。翌朝、近所の人たちが集まり、万次郎を暖かく歓迎してくれた。地元の新聞が取材し、「一人の捕鯨船長の漂流少年に対する愛情は、少年をフェアヘブンの公立学校で教育を受けさせた。その結果、彼は今日本の捕鯨産業の振興と開国のために活躍し、米国と日本の交友関係の絆を結ばせている」と報道した。 
                     ホイットフィールド船長万次郎と
                 渡米した万次郎とホイットフィールド船長との再会とみられる写真      
 晩年の万次郎は鎌倉の別邸で悠々自適の生活を送っていた。若いころには、閉ざされた日本に海外修好への扉を開かせるために尽力し、幕末から明治初期にかけては日本の政財界に活躍した多くの人材育成に貢献した。しかし、政治にかかわりある職務に就く機会は少なかった。本人もそれを望んでいなかったようである。
 
 晩年に至っても政治の権力に反発するかのように、身辺の生活困窮者に対しては細かな配慮をして援助の手を差し延べていた。
 明治初期に活躍した洋画家高橋由一が、衣食に乏しく生活に困窮していたころ、見兼ねた万次郎は、知人に呼びかけて彼の生活や修業を手助けしたこともあった。後に日本の美術界の名を成した。
 1898年(明治31)11月12日、息子の手を握って永い眠りにつき、71歳の生涯を閉じた。
                     img054.jpg
              151年越し子孫の対面を報じた「琉球新報」2002年5月12日付
 「ジョン万次郎物語」を著した島袋良徳さんは、35年前に万次郎ゆかりの地である大渡海岸に記念碑を建立することや万次郎の子孫と万次郎が滞在した豊見城市翁長の高安家の子孫との対面の準備を進めていたという。
 2002年5月11日に、万次郎直系の4代目、中浜博氏が豊見城市翁長の高安家を訪れ、5代目当主、高安亀平氏と151年越しの対面が実現した。その後も交流は進んでいる。
 記念碑は、「ジョン万次郎上陸之地記念建立期成会」がつくられ、建立計画が進められている。
 これまで紹介した島袋良徳著「ジョン万次郎物語」は、米須在住で、期成会メンバーとして熱心に活動する和田達雄さん(高知県出身。別名、和田・ジョン・たつお)の手で、手製の冊子にまとめられた。それによって読むことができた。感謝である。
 

歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「ジョン万次郎物語」、小笠原の国土守る

 小笠原の国土を守った万次郎
 1861年、万次郎は外国奉行水野忠徳通訳として、再び咸臨丸で小笠原諸島に出向くように命ぜられた。小笠原諸島は1593年、幕府が探検させてあったが、開拓政策もなく長らく放置し、無人島だった。1830年にはハワイ諸島から集団移民が入って来て定住した。ペリーは、アメリカ海軍の補給基地に最適と判断していた。

  幕府は領土保全のため開拓調査隊を派遣。父島に上ると住民代表のアメリカ人と会い、父島は日本国の領土だと万次郎が説き聞かせた。母島に渡り、島に住む14人の外国人にも同じく説明して廻った。両島の住民は小笠原諸島が日本国領土であることを認め、日本国の掟にも従うことを誓約した。
  万次郎はアメリカで修得した測量の技術を駆使して両島の測量を終え図面を作成して帰った。調査の成果は、外国の植民地化されつつあった日本の国土を守り、測量によって作られた図面は、その後の同諸島開発のあたっての不可欠の資料に値したと思う。万次郎ならでは果し得なかった大任であった。
  1862年、越後(新潟県)に住む富豪地主の平野廉蔵が捕鯨業を始めたと指導協力を求めてきた。親しい幕府の役人らに捕鯨業の必要性を説き、協力を求め、許可が下りた。準備をまかされた万次郎は、西洋の帆船を買い入れ、必要な機具や設備を整え、船長として乗り込んだ。鯨の群れの発見があれば、大声で乗組員を指示し、追わせた。獲れた鯨を解体して皮脂肪を切り取り、鯨油を取るまでの過程を皆に教えた。 
                    ジョン万次郎

 激動の時を開成教育に尽くす
 1864年、開国に前向きな薩摩藩から迎えられ万次郎は藩の開成所教授に、命ぜられた。航海・造船・測量・英語などを教えた。教壇に立つかたわら、藩命により藩士に同行して長崎に行き、外国商人と交渉して汽船を買い求めるなど藩政に積極的に貢献した。
 母の見舞いで中ノ浜に滞在中、土佐藩主山内容堂に呼ばれ、藩校「開誠館」設立に協力した。教壇にも立って教えた。館名の開成は、人知を開発して目的を達成することを意味する。
 1866年7月、藩の汽船購入に長崎に行く後藤象二郎に同行するよう藩命が下った。外国商人との交渉にあたって汽船・銃砲・弾丸などを購入し、上海にもわたり、汽船と帆船を買って長崎に帰った。67年4月初め1年余りあけていた鹿児島開成所の教授に復した。11月には、幕府と薩摩藩に交わされた出向の契約期間が切れ、万次郎は江戸へ帰った。
 明治維新の世変わりの時期、新政府は有能な人材を集め、徴士と呼び各分野の役職につけた。万次郎も69年3月に開成学校2等教授、70年2月には中博士を拝命し日本の最高学府の教壇に立った。現在の東京大学の前身で、大・中・小博士、大・中・小教授、大・中・小得業士の教授人である。

歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「ジョン万次郎物語」、日米交渉の陰に置かれる

  日米交渉の陰に置かれた万次郎
 「ジョン万次郎物語」の続きである。
  1854年1月、ペリーが再び来航し、米船が石炭、薪、水、食糧などを補給する基地として下田、函館2港の開港を幕府と取り決め、3月に日米和親条約を締結した。万次郎が訴えてきた日本の補給基地開港がやっと実現した。しかし、交渉の場にも幕府は万次郎を使わなかった。
 「万次郎を通訳に使えば、永年世話になったアメリカへの恩義を思いアメリカのために心が動くであろう」と疑う意見や「スパイの疑いはないが、アメリカの不利になることは好ましくないであろう。米国人と会わすことは避けるべきだ」などの警告もあり、幕府重臣の多くは疑念を抱いていた。
 勘定吟味役の江川太郎左衛門が、万次郎を幕府直参に登用した。万次郎は「大型造船を許可して捕鯨漁を興すことが国益になる」と説いた。江川を通して、熱意が幕府に通じ、大船建造禁止令が解かれ、各藩で西洋形造船に関心が高まり、幕府は万次郎にアメリカ航海術書の翻訳を命じた。日本最初の『アメリカ合衆国航海学書』が出版された。 
                img050.jpg
          冊子「ジョン万次郎物語」の裏表紙 

 1857年4月、江戸の開設された講武所の軍艦教授所の教授に任命され、航海術の指導に当たった。10月、捕鯨事業を興すため函館で捕鯨技術の伝授を任命され、捕鯨基地の調査や漁業者に捕鯨の有望さを説き回った。59年2月、幕府から「捕鯨の御用」に任命され、小笠原近海で西洋型帆船を使っての西洋式捕鯨実習で海洋に出た。
 
 荒波にもまれ太平洋を行く咸臨丸
                  咸臨丸復元模型
                              咸臨丸の復元模型
幕府は日米修好通商条約の批准のため、使節団をボーハタン号で米国に派遣し、護衛艦として咸臨丸を送ることにした。司令官に軍艦奉行の木村喜穀、艦長に勝海舟、通弁主務(通訳)に中浜万次郎が任命され、総勢96人が船出した。便乗していたジョン・ブルック海軍大尉が残した航海日誌で艦内の動向が明らかにされている。
暴風雨にあったとき「常に艦主にたっていたのは万次郎のみ。ほとんど徹夜で艦長の役目を果たしていた」。あとで勝海舟は、航海中の指揮命令のすべてを万次郎に一任した。陰の名艦長であった。
 咸臨丸が浦賀に寄港して間もなく、万次郎は軍艦操練所教授を免職された。理由は、上司の許可を得ないで横浜港に停泊中の外国船に出向いたことだった。
 万次郎は混迷する幕府の政治や外交にたずさわる幕臣たちに開国のもたらす国益の大きさを機会あるごとに説明していた。これが理解されず、逆にアメリカの利を計る言動であると誤解され、万次郎は常に政治や外交の影の場において活動させられてきた。このような偏見や差別にもめげず、一途に日本の開国による文明開化の招来に尽くす万次郎の決意は一層に高まるばかりであった。

歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「ジョン万次郎物語」、薩摩へ送られる

 薩摩へ送られる
 取り調べに当たった薩摩役人たちは、万次郎があまりにも外国の事情に詳しいことに驚いた。在番奉行は、万次郎は日本の開国に臨んで最も必要とする人材になると予察し、野元一郎を急便として薩摩に帰藩せしめ、藩主島津斉彬に調査始末を報告させた。
 早期開国を望んでいた斉彬は、万次郎から外国情報の得られることを期待して急ぎ鹿児島に召還することを決め、5月に護送するよう命じた。梅雨に入り、風雨の強い日が続き5、6月中に送還できなかった。
 万次郎は、片言の沖縄言葉を覚え、村の環境にもなじんでいた。高安家に滞在中の話が伝わっている。
 月夜の晩、万次郎が満月を仰いで泣いていた。わけを尋ねると「お母さんの夢を見た。元気でいればいいが心配でならない。早くお母さんに会いたい」と言い、その心の優しさに、高安家の主人も心を打たれたと言う。 
                      200px-NakahamaJohnManjiro.jpg
                           中浜万次郎
 旧暦7月11日、薩摩役人が来た。本国へ送還するから出発の準備を命じた。翌朝、多くの村人が集まり、涙を流して別れを惜しむと、万次郎は沖縄言葉で「皆も元気で、もし私の手紙が届かなかったら殺されたと思って下さい」と別れを告げ、出発した。
 那覇港から18日、薩摩の官船大聖丸で出航した。12日目に鹿児島の山川港に着いた。斉彬は3人を賓客なみに扱い、人払いをして万次郎からじかに米国事情を聞いた。島津公の熱意に感心した万次郎は、英語まじりの変調な日本語でアメリカ国民の自由・平等や文化の実情を細かに語った。万次郎が与えた海事知識は、後に薩摩藩の海事政策に役立った。
 3人は、幕府の取り調べを受けるため長崎奉行所へ送られた。漂流から帰国までの事情を問いただし、踏絵を終えると牢屋に入れられた。9カ月を過ぎ、1852年6月に奉行所の判決があり、3人は土佐藩から来た役人に引き渡された。

 11年ぶりに母と対面
 土佐藩でも70日余の取り調べが続いた。土佐藩主は特に万次郎からの外国事情の聞き取りが目的であった。藩から解放され、中ノ浜に着いたのは10月5日であった。待ちわびた母との対面は、11年と10カ月ぶりにかなえられた。
親子水入らずの生活もわずか、万次郎は藩主に呼び出された。侍に取り立てられ、高知城下の教授館(学校)の教授に任命された。名字帯刀を許され、故郷の地名をとって中浜万次郎と名乗った。
 教授館に通う若者には、14・5歳の後藤象二郎や三菱財閥の創設者、岩崎弥太郎などがいて、民主主義制度によるアメリカの国情や世界の海を航海した体験談に耳を傾けた。間接ではあったが、坂本龍馬も大きく影響を受けたといわれている。 
 1853年にペリー艦隊が浦賀に来航。幕府は万次郎を呼んでアメリカの国情を聞き早期開国を訴える万次郎を召し上げ、幕府直参の役人に登用した。

歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「ジョン万次郎物語」、翁長村にかくまう

 翁長村にかくまう
 「ジョン万次郎物語」の続きである。
 検者は「3人を那覇に護送するように」と間切長に命じた。番所を出発した一行が豊見城間切、小禄間切を過ぎ、ようやく湖城村(クグシクムラ・現国場川南岸地域)にたどり着き、夜明けまで休もうと腰をおろすいとまもなく、首里王府から急便が来て命令を伝えた。「漂流者の3人を那覇に入れてはならぬ。豊見城間切の翁長村へ連れて行け」。
 那覇の手前までたどり着いた万次郎たちを引換させた理由は、時の琉球国外交官・小禄親雲上(ウルクペーチン)から那覇里主(市長役)に出した文書で明らかである。
 漂流者は那覇に送るべきであるが、万次郎は米国に10年も居て教育を受けて居り、普通の漂流者とは事情が違う。那覇には英国人のベッテルハイムが滞在中であり、彼に万次郎を会わすと都合が悪いとあり、当時薩摩藩から琉球に派遣されていた在番奉行による内々の取り計らいでなされていた。 
                  img053.jpg
              万次郎が滞在した高安家の当時の風景の再現図
 翁長村で薩摩藩から派遣された役人が取り調べにあたった。3人が国外在住したことをとがめることもなく、終始おだやかな顔で取り調べにあたった態度に安どの胸をなでおろした。
 万次郎たちの住まいにあてられた家は、徳門家(徳門は屋号、高安家)の家族が住んで居た茅葺きの家であった。家の人は急いで隣に茅葺きの家を建て、家族8人が移り住むようになった。3人をかくまった家は高い竹の柵で周囲をかこい、近くには宿舎を設けて薩摩の役人5人と琉球の役人2人が交代で詰め、監視にあたった。それでも3人は日常生活には何の不便もなかった。食事は琉球王府から3人の調理人が派遣され、米飯に豚・鶏・魚肉や豆腐・野菜などを使った質の高い琉球料理を揃え、時には王府から贈られた泡盛が添えられるほどのもてなしであった。
                   ジョン万次郎記念碑
                       豊見城市翁長に建立されたジョン万次郎記念碑
  このように、漂流者である3人を特別にもてなすことは、薩摩藩の政策的な配慮にもよるが琉球王府にとっては、漂流者が土佐藩の住民であれば、王府が大事にもてなすべき過去の事情があった。
 1705年7月、琉球の進貢船が福州からの帰りに遭難して土佐清水の港に4か月間滞留した。役人、乗組員82人が世話を受け、死亡した1人は地元蓮光寺境内の墓地に墓碑も建立して丁重にまつられた。進貢船が帰国の際、土佐藩主は狩野探幽画3幅の外に2幅の掛物や尾戸焼陶器などを船に託して琉球王に贈り、船員に対しては多量の食糧品が贈られた。45年前の出来事であった。この度の漂流者は土佐藩に対する返礼の機会でもあった。
 その後、取り調べはなく、万次郎は柵を抜けて積極的に村人たちと交わり、旧暦6月25日の村の綱引にも参加した。

 

歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>