レキオ島唄アッチャー

吉村昭の書いた沖縄の戦争

 吉村昭著『昭和の戦争5 沖縄そして北海道で』(新潮社)を読んだ。吉村氏の小説は、徹底した取材によって事実を細部にこだわって積み上げ、真実に迫るその手法と硬質の文体が割合好きで、『戦艦武蔵』『破獄』などいくつか読んでいた。
 沖縄戦についても『殉国 陸軍二等兵比嘉真一』があることは知っていたが、何となしにまだ気が向かないで手にしていなかった。
 先日、図書館で『昭和の戦争』シリーズで沖縄と北海道についての著作をまとめた本があったので借りて読んでみた。
 吉村氏は、まだ復帰前の昭和42年(1967)、沖縄戦に参加した中学生を主人公にした小説を書くために、沖縄に来た。1カ月半滞在して、90名近い人達に会い、証言を得た。テープを回し、メモをとりながら「何度嗚咽をこらえたか知れない」と記している。

 「殉国」は、14歳で陸軍二等兵となった国吉真一さんをモデルにしている。第5砲兵司令部に配属されてから、級友や将兵が戦死する中で、奇蹟的に生き続け、米軍捕虜となるまで、地獄のような戦場が克明に描かれる。小説というよりも、迫真のルポルタージュを読むようだ。
 「他人の城」は、対馬丸事件をテーマにしている。この悲劇を題材にした小説としてはもっとも早い時期の著作ではないだろうか。

 「剃刀」は、軍司令部にいた一人の理髪師の眼を通して戦争を描いている。「殉国」の中で、首里の司令部壕の外に4人の女性が荒縄で縛られ泥の中を転がっている場面がある。17,8歳の娘が斬り込み隊に志願してきたが、女性を斬り込ませるわけにいかないので説得したが暴れるので縛ったという。これまで沖縄戦について書かれた著作でも聞いたことがなかったので、この部分は真実だろうか、それとも作家の創作か、と詮索した。でも、これは、理髪師が目撃した事実であることが、この作品でわかった。
 「太陽を見たい」は、伊江島に米軍が上陸した際、女子斬込隊として5名が夜間突撃に参加して死亡したが、ほかにも斬込隊に参加して生き残った方がいて、その大城シゲさんを通して描いた短編である。
 「敵前逃亡」は、砲弾落下で意識を失い捕虜となった中学生の鉄血勤王隊員、秀一が主人公。渡嘉敷島に立てこもる日本軍の投降勧告の役を引き受けることを装って、脱走して日本軍に加わり、米軍と戦うつもりで日本軍陣地に入るが、敵前逃亡の罪で処刑される。他の作品は生存者の証言がもとになっているが、これだけは主人公は死ぬ。
 吉村氏は、記録文学ともいえる作品の中で、声高に自分の主張を叫ぶことは避けている。しかし、どの作品をとっても、そこには、戦争の残酷さ、日本軍の残忍さ、中学生や女性まで戦闘に巻き込んで行った悲劇が描かれ、圧倒される。
 吉村氏は、2006年、79歳で亡くなられた。
スポンサーサイト
沖縄戦 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |