レキオ島唄アッチャー

無料で国内最長の伊良部大橋が開通

 宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋が1月31日開通した。本橋部の3540㍍は無料で渡れる橋としては国内でも最長だ。海中道路の部分が600㍍ある。離島の宮古島のまた離島として、「離島苦(しまちゃび)」を味わってきた島民が、1974年に架橋を要請してから40年越しの悲願の実現である。 
             伊良部大橋
 伊良部島はまだ行ったことがない。ただ、宮古民謡の名曲「伊良部トーガニー」を歌っていると、一度行ってみたいと思っていた。
 想いを寄せる彼女が伊良部島にいて、宮古島から逢うために通って行く情景を歌った抒情歌である。
 歌詞は、伊良部島は遠いので、島に渡る瀬があればいいのに、途中で休める瀬があればいいのに。夕方になり、愛しい彼女の家に忍び込むのに、開けると板戸の音が高いので、親に知られる。鳴らない戸、ムシロの戸を下げて待っててください。こんな歌意である。
 大橋の開通で、抒情ある民謡の世界は、遠い昔の記憶となるだろう。
 伊良部島は、1308年に宮古島久松の野崎村、久貝から住民が移り住んだのが起源といわれる。島の北側にある佐良浜は、1700年代に池間島の漁民が分村して起こした集落である。佐良浜は、池間添、前里添という2つの字がある。
 伊良部島といっても、島の北側、佐良浜は漁業が盛んだが、南側はサトウキビなど農業を営む。「島民の気性や体系も異なるといわれるほど、北と南で風土が大きく分かれている」という(「琉球新報」1月30日付)。
 伊良部島は、美男美女が多いそうだ。女優の仲間由紀恵さん、国仲涼子さん、プロ野球の巨人軍の宮国椋丞選手は、生れは沖縄本島だが、親が伊良部の出身だとか。宮国君もなかなかのイケメンである。両女優は大活躍だが、宮国君も今年は飛躍してほしい。
 橋の開通は、島民にとって医療や教育、買い物などの面で朗報だろう。ただ、橋が開通すると外から人が来る半面、島から出て行く人が多くなるという話もよく聞く。住民の暮らしの向上に役立ってほしい。

スポンサーサイト
宮古島 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |